生理には「つらい症状を伴うことがある」ということは、広く知られている事実です。実際に、生理には下腹部の痛みを伴うことが多く、中には立っていられないほどの痛みが生じる人もいます。

また、生理を経験している女性や女性と深い付き合いをしたことのある人などは、生理前には「イライラ」や「食欲増加」などの症状が現れることがあるということを知っているのではないでしょうか。

これらはどれも、急激なホルモンバランスの変化によって起こる症状です。そのため、生理前などのホルモンバランスが変化するタイミングでは、イライラや食欲の増加などが起こりやすくなります。

ただ、このような生理に伴う症状には、個人差が大きいです。そのため、生理が来ている女性の中には、生理痛や生理前の不快症状などが起こらないという人がいれば、症状が重く出る人もいます。

このような中、青汁はこのような「生理に伴う症状」を軽くするさまざまな栄養素や成分などが含まれています。

そのため、青汁を習慣的に飲むようにすると、生理に伴うつらい症状から開放されて快適な毎日を送りやすくなります。

そこで、ここでは生理痛や生理前の不快症状などが起こるメカニズムと、青汁がこれら症状を軽くする理由について述べていきます。

生理痛が重くなる原因

前述したように、生理にはさまざまな不調を伴うことがあります。このような不調の中で代表的なものは、「生理痛」です。

とはいえ、生理が来ている人の中には、生理痛が軽度だったりまったくなかったりする人がいます。このような人は、同じ女性であっても「重い生理痛」がある人の状況を理解できないことがあります。

そのため、生理痛がなかったり軽かったりする人には、生理痛によって仕事や学校などを休む人を「ズル休みをしている」と判断するケースもあります。

ただ、生理痛が重症化すると、寝込むほどの痛みが生じたり痛みが膝や腰まで広がって立っていられなくなったりすることがあります。そのため、生理痛が重い人にとっては、生理痛で休むことは「ズル休み」ではなく「病欠」であるといえます。

生理痛はなぜ起こる?

生理は、妊娠しなかったことによって不要となった子宮内膜などを、「経血」として体外へ排出するために起こる現象です。このとき、このような経血は、子宮の収縮によって体外へ排出されます。

具体的にいうと、健康的な生理は「プロスタグランジン」という物質が分泌されることによって起こります。プロスタグランジンには、子宮を収縮させて子宮の内容物を外に排出させる働きがあります。

このような子宮の収縮には、痛みが伴うことがあります。これはちょうど、下痢が起こっているときと同じ性質の痛みです。そのため、プロスタグランジンによって生理が起こると、下腹部に痛みが生じやすくなります。

さらに、プロスタグランジンの中には、痛みを強めるタイプのものがあります。そのため、生理の際にプロスタグランジンが分泌されると、「子宮が収縮する痛み」がプロスタグランジンによって増幅し、強い痛みが生じやすくなります。

このとき、このようなプロスタグランジンは、出産のときにも分泌される物質です。つまり、生理痛は赤ちゃんが生まれるときに生じる「陣痛」と同じメカニズムで生じるということです。

当然のことながら、生理と出産では、膣を通るもののサイズが大きく異なります。そのため、出産では、生理の際よりも子宮が強く収縮するため、その分だけ痛みも強くなります。

とはいえ、これら2つは、痛みの発生メカニズムは同じです。そのため、生理痛は陣痛と同様に、「強い痛みが生じることがある」ということがわかります。

では、なぜ人によって生理痛の度合いが異なるのでしょうか?

これは、後述するように、体質や生活習慣などによって痛みの起こりやすさが異なるためです。

生理痛が重くなるのはなぜ?

前述のように、生理による痛みは、主に「プロスタグランジン」という物質によって引き起こされます。

このようなプロスタグランジンは、経血を排出するために必要不可欠な物質です。そのため、生理の際にプロスタグランジンが分泌されないようにするということは不可能です。

ただ、生理のときに血行が悪くなっていると、このようなプロスタグランジンが子宮周りに留まりやすくなります。すると、その分だけプロスタグランジンの作用が強く出て、痛みが重くなりやすくなります。

また、血行が悪くなっていると、子宮の出口が硬くなりやすくなります。このような状態になると、経血が外に排出されにくくなります。すると、経血をなんとか外へ排出しようと、プロスタグランジンの分泌量が多くなります。

このようにしてプロスタグランジンの分泌量が多くなると、その分だけ痛みが強く現れ、長引きやすくなります。このようなことから、血行が悪くなっていると、生理痛がひどくなることがわかります。

さらに、プロスタグランジンの分泌量が増えたりプロスタグランジンが子宮周りに長く留まったりすると、プロスタグランジンによる痛みが膝や腰などに広がっていくことがあります。

このようにして痛みが広がると、立っていたり座っていたりすることがつらくなりやすくなります。そのため、プロスタグランジンの作用が強く出て生理痛が重くなると、日常生活が困難になるといえます。

そして、このようなプロスタグランジンは、子宮だけではなく、子宮周辺の筋肉も収縮させます。そのため、プロスタグランジンが多く分泌されると、子宮のそばにある腸の筋肉が収縮しやすくなり、下痢が起こりやすくなります。

そして、下痢には下腹部痛が伴うことが多いです。そのため、プロスタグランジンの作用によって生理中に下痢が起こると、下腹部に強い痛みが生じやすくなります。

このように、血液の流れが悪いと、プロスタグランジンの作用が強く現れて痛みが重くなったり下痢になったりしやすくなります。このようなことから、「血行不良は生理痛をひどくする原因になる」ということがわかります。

とはいえ、「血液の流れ」は、目で見ることができません。また、意識を集中しても血流を自覚することは不可能です。そのため、血流が悪化している多くの人が、「自分の体は血行が悪い」という自覚を持っていません。

ただ、もしあなたの手足がいつも冷えていたり、体温が35℃台であったりする場合は、血液の流れが悪くなっているといえます。これは、慢性的な冷えと血行不良は深い関係にあるためです。

というのも、体が冷えると、熱を体外に逃さないために皮膚表面の血管が収縮します。すると、血管が収縮した部分の血液が流れにくくなり、全身の血行が悪化していきます。

一方で、血行が悪くなると、全身の細胞に酸素や栄養素などが運ばれにくくなります。すると、細胞による熱の産生が行われにくくなるため、体が冷えやすくなります。

このように、体が冷えると血行不良が起こり、血行不良が起こると体が冷えやすくなります。

このようなことから、体が慢性的に冷えている人は、血行不良が原因で生理痛が重くなっている可能性が高いということがわかります。そのため、生理痛が強く現れる人は、血液の流れを改善することが大切であるといえます。

ひどすぎる生理痛は病気のせいかも

前項で述べたように、生理の際に分泌されるプロスタグランジンには、痛みを起こしたり増幅したりする作用があります。そのため、生理に痛みを伴うということ自体は、ごく自然なことであるといえます。

ただ、生理のたびに痛みがひどくなっていったり、「悶絶するような痛み」が生じていたりするのであれば、病気を疑う必要があります。というのも、女性器に生じる病気の中には、生理痛をひどくするものがあるためです。

例えば、生理が終わる頃には、妊娠に備えて子宮の内膜が増殖し始めます。このとき、妊娠が成立しなければ、このような子宮内膜は経血として体外へ排出されます。

ただ、このような子宮の内膜組織が「子宮以外の部位」で増殖すると、経血として排出されません。また、このような「子宮以外の内膜組織」は、生理後に子宮の内膜が増殖するのと同様に、生理周期によって増殖を繰り返します。

そのため、子宮以外の部位に子宮内膜組織が根付くと、排出されない子宮内膜組織がどんどん溜まっていくことになります。このような病気を「子宮内膜症」といいます。

このようにして本来存在しない部位に子宮内膜の組織が溜まっていくと、溜まっている部分に炎症が起こりやすくなります。このようにして炎症が起こると、その分だけ痛みが起こることになります。

また、溜まった内膜組織は、体の働きによって「周辺組織をくっつけること(癒着/ゆちゃく)」があります。このようにして癒着が起こると、くっついた部分が引っ張られて痛みを生じることがあります。

例えば、腸が内膜組織によって腹部などと癒着すると、排便の際に腹部が引っ張られて痛みが生じることになります。

このように、子宮内膜症は重い生理痛の原因となります。また、子宮の中に良性の腫瘍ができる「子宮筋腫」も、生理痛を重くする要因となります。

というのも、子宮筋腫ができると、筋腫が周辺組織を圧迫することがあります。すると、生理中ではなくても、下腹部に痛みが生じることがあります。

さらに、子宮筋腫ができる部位によっては、生理の際の子宮収縮が過剰に起こるようになります。このようにして子宮の収縮が強くなると、その分だけ生理痛が重くなりやすくなります。

このように、女性器に起こる病気には、生理痛をひどくするものがあります。そして、これらの病気は、ホルモンバランスの乱れによって生じやすくなります。そのため、重症な生理痛を予防するためには、ホルモンバランスの乱れを防ぐことが大切であるといえます。

そして、以下に述べるように、ホルモンバランスの乱れは、これらの病気だけではなく「月経前症候群」を悪化させる原因にもなります。

現代女性のほとんどに起こっている「PMS」

女性であれば、生理前に「イライラ」や「落ち込み」などの精神的な症状が現れたことがないという人はいないでしょう。

また、男性であっても、「生理前の女性じゃ怒りっぽくなりやすい」ということを経験的に知っている人は少なくありません。

このような「生理前に生じる不快な症状」は、「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。そのため、PMSは、生理を経験したことのある女性であれば誰もが経験する症状であるといえます。

ただ、このようなPMSの症状や重さなどには、個人差があります。これは、これから述べるように、PMSはホルモンバランスの乱れによって起こるためです。

PMSが悪化すると生活に支障が出ることも

PMSの症状は、ホルモンバランスの傾向によってさまざまなタイプがあります。

実際に、PMSの症状は200種類にも及ぶといわれています。そのため、PMSが生じている人の中には、PMSによる不調を「原因不明の不調」と捉えているケースが少なくありません。

とはいえ、このようなPMSの中でももっとも多い症状は、生理前の精神症状です。特に、「生理前のイライラ」は、現代女性のほとんどが経験していることであるといわれています。

このような「生理前のイライラ」は、ホルモンバランスの変動によるものであるため、自身で抑えることが困難です。

また、PMSが重くなっていると、イライラが爆発することが少なくありません。そのため、PMSによってイライラしていると、周囲の人とぶつかりやすくなります。

このとき、相手が理解のある人であれば、人間関係の破綻にはつながらないことがあります。

ただ、PMSによる精神症状は、経験したことがない人には理解されにくいのが実情です。そのため、生理前のイライラが重症化すると、人間関係の破綻につながることがあります。

このようにして人間関係が壊れていくと、人との社会的なつながりが減少したり家族関係が悪化したりすることになります。そのため、PMSによる精神症状が重くなると、仕事や学業などに支障が出ることがあります。

また、このような人間関係の破綻が引き金となってうつ病を発症することもあります。このようなことから、PMSは誰にでも起こることである一方で、社会的なリスクを伴う症状であるということがわかります。

PMSはなぜ起こる?

健康的な女性の体には、生理が約28日周期で起こります。このような「生理が起こる周期」を「月経周期」といいます。

また、女性の体内では、このような月経周期によってホルモンのバランスが大きく変化します。具体的には、生理が始まる頃には卵巣から「エストロゲン」というホルモンが分泌され始めます。

エストロゲンは、子宮を「妊娠に備えた状態」にする働きを持つホルモンです。そのため、エストロゲンの分泌量が増え始めると、子宮内膜が増殖して厚くなっていきます。

また、エストロゲンには、子宮だけではなく、全身の新陳代謝を促進する働きもあります。そのため、エストロゲンの分泌量が増え始めると、肌が綺麗になったりダイエットの効果が現れたりしやすくなります。

このようなエストロゲンの分泌量がピークを迎えると、これが引き金となって排卵が起こります。そして、排卵が起こると、卵巣から「プロゲステロン」というホルモンが分泌され始めます。

プロゲステロンは、「妊娠に備えた体つくり」をする働きのあるホルモンです。そのため、プロゲステロンが分泌され始めると、子宮が妊娠しやすい環境になります。また、体内で子供を育てるために、エネルギーや水分などを体に蓄えやすくなりします。

このとき、排卵後の卵巣からは、エストロゲンも分泌されています。ただ、排卵後のエストロゲン分泌量は、排卵前よりも少ない状態となっています。

そして、排卵後に卵巣から分泌されていたプロゲステロンやエストロゲンなどは、排卵して数日後から分泌量が低下していきます。そして、排卵から約2週間が経つと、卵巣によるこれらホルモンの分泌量が大きく低下して排卵前の水準に戻ります。

このようにしてエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が急低下すると、妊娠するために厚くなっていた子宮内膜が剥がれ落ち、体外へ排出され始めます。これが生理です。

このように、女性の体内では、約1ヶ月周期でホルモンの分泌量が大きく変化します。

そして、このようなホルモンは、生殖に直接的な関係のある組織だけではなく、全身に作用します。そのため、生理周期によってホルモンバランスが変動すると、それに応じてさまざまな症状が現れます。

エストロゲンの分泌量が変化すると不調が生じやすくなる

前項で述べたように、女性の体では生理周期によってエストロゲンやプロゲステロンなどの分泌量が大きく変化します。

これら2つのホルモンは、どちらも「妊娠・出産を滞りなく行うため」に働くホルモンです。そのため、エストロゲンやプロゲステロンなどには、女性の体を「妊娠しやすく、出産に至りやすい体」に整える作用があります。

具体的にいうと、エストロゲンには妊娠するために子宮内膜を厚くしたり、乳腺を発達させたりする働きがあります。これらはどちらも、エストロゲンの「細胞を増殖させる作用」によるものです。

また、エストロゲンによって細胞増殖が促されると、肌などの新陳代謝が向上します。そのため、エストロゲンが分泌されていると、肌がキレイになったり肌荒れが起こりにくくなったりします。

ただ、このようなエストロゲンの働きが過剰になると、異常な細胞増殖が促されることがあります。そのため、エストロゲンが過剰になると、細胞増殖によって発症する病気である「子宮内膜症」や「子宮筋腫」などの発症リスクが高まるとされています。

また、エストロゲンが過剰になると、イライラや不眠などが起こりやすくなるといわれています。そのため、エストロゲンには女性に嬉しい作用があるものの、過剰な分泌は害になるということがわかります。

一方で、エストロゲンの分泌量が少なくなると、気分が落ち込みやすくなったり集中力が低下したりなどの症状が現れやすくなります。これは、エストロゲンには脳内セロトニンの働きを助ける作用があるためです。

セロトニンとは、精神を安定させて前向きな気持ちを作ったり、集中力などを維持したりするのに必要な物質です。そのため、エストロゲンの分泌量減少によってセロトニンの働きが低下すると、気分の落ち込みなどが起こりやすくなります。

また、セロトニンの働きが低下すると、片頭痛などが起こったり免疫力が低下したりしやすくなります。そのため、エストロゲンの分泌量が少なくなる生理前には、頭痛や風邪などの不調が現れやすくなります。

そして、セロトニンは、体の状態を調整する働きのある「自律神経」にも関与しています。そのため、セロトニンが多すぎたり少なすぎたりすると、自律神経の働きが乱れて不眠や慢性的な疲労感、耳鳴りなどの「原因が特定しにくい不調」が生じやすくなります。

このように、生理や妊娠、出産などに深く関与しているエストロゲンには、全身に影響するさまざまな作用があります。そのため、生理周期によってエストロゲンの分泌量が増減すると、それに応じて不調などが生じやすくなります。

プロゲステロンはPMSの主な原因?

プロゲステロンには、エネルギーや水分などを体内に蓄えさせる働きがあるということは前述のとおりです。そのため、プロゲステロンが分泌されると、食欲が増加したりカロリーを吸収しやすくなったり、むくみやすくなったりします。

また、プロゲステロンには、流産を防ぐために「子宮の筋肉を緩ませる」という作用があります。このとき、プロゲステロンは子宮だけではなく、子宮周辺の組織にも作用します。そのため、プロゲステロンの分泌量が増えると、子宮の隣にある腸が緩みやすくなります。

ただ、腸の中の便は、腸が収縮することによって外へ排出されていきます。そのため、プロゲステロンによって腸が緩むと、便が外に排出されにくくなって便秘が起こりやすくなります。

このように、プロゲステロンには「女性に嬉しくない作用」が多くあります。そのため、生理前にプロゲステロンの分泌量が多くなると、プロゲステロンの作用が強く出てむくみや便秘などの症状が現れやすくなります。

このようなことから、プロゲステロンはPMSの主な原因であるといわれていたことがあります。

ただ、プロゲステロンには、エストロゲンの過剰な働きを抑えるという作用もあります。

そのため、プロゲステロンの分泌量がエストロゲンに比べて相対的に少ないと、エストロゲンの働きが過剰になって前述のような病気・症状が現れやすくなります。

このようなことから、プロゲステロンの分泌量は、多くても少なくても不調が生じるということがわかります。

そして、後述するように、現在の日本では生理前のホルモンバランスが「エストロゲン過剰」に傾きやすい環境にあります。実際に、エストロゲン過剰によって起こる「イライラ」は、PMSの代表的な症状の1つです。

そのため、現代日本においては、PMSの原因はプロゲステロンであると言えない状況にあるといえます。

重いPMSの原因となる「環境ホルモン」

前項で述べたように、エストロゲンが過剰になるとイライラなどの症状が現れやすくなります。そして、現代では、エストロゲンが過剰気味になっている人が多いといわれています。

というのも、卵巣によるエストロゲンの分泌量は、夜更かしをすると増えやすくなることがわかっています。

このような中、現在の日本には、仕事や学業、娯楽などによって就寝時間が遅くなっている人が少なくありません。そのため、現代の日本は、夜更かしによるエストロゲン過剰が起こりやすい環境にあるということがわかります。

また、わたしたちが暮らしている環境には、このようなホルモンバランスの乱れを引き起こす物質が多く存在しています。

具体的にいうと、プラスチックや農薬、殺虫剤などの科学的に作られたものの中には、「内分泌かく乱物質」が含まれていることが多いです。

内分泌かく乱物質とは、体内でホルモンのような働きをしたりホルモンの働きを邪魔したりする物質のことをいいます。そのため、このような内分泌かく乱物質は、便宜上「環境ホルモン」と呼ばれています。

このような環境ホルモンの中には、エストロゲンのような作用をもつタイプが多いです。このような「環境エストロゲン」が体内に入ると、体内にエストロゲンが過剰にある状態と同じ状況になります。

このようにしてエストロゲンの量が多すぎると、前述したようなイライラなどが生じやすくなります。そして、このような環境エストロゲンは、人体で分泌されているエストロゲンと違って、自然に体外へ排出されにくいです。

そのため、環境エストロゲンは、本来生理前にエストロゲンの分泌量が低下するはずのタイミングであっても、体にエストロゲンの作用を及ぼします。

このようなことから、現在の日本では、環境エストロゲンの影響によって生理前にイライラなどの精神症状が起こる人が多くなっていると考えられています。

青汁が生理痛やPMSなどを楽にする理由

これまでに述べたように、女性の体には、生理周期によって生理痛やPMSなどの不調が現れることがあります。

ただ、このような不調のたびに、仕事や学業などを休んだりセーブしていたりすると、業績や成績などに悪影響が生じます。

このとき、生理痛であれば、市販の鎮痛薬を使用することによって痛みが緩和しやすくなります。一方で、PMSには、鎮痛薬のような「確実に効く薬」がありません。そのため、多くの女性は、PMSのつらい症状を我慢して日常生活を送っています。

また、生理痛が重くなると、鎮痛薬では痛みを緩和できないケースがあります。このような状況になると、仕事などを休まざるを得なくなります。そのため、重い生理痛には、社会的なリスクが伴うといえます。

このような中、青汁には生理痛やPMSなどの改善に必要な栄養素がたっぷり含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むようにすると、生理痛やPMSなどが軽くなることが期待できます。

実際に、生活リズムが乱れやすく、「生理痛やPMSなどが起こりやすい環境」にあるキャビンアテンダントの人には、青汁愛用者が多いです。このようなことからも、青汁には「女性に起こりやすい不調を防ぎやすくする効果がある」ということが伺えます。

青汁には血行改善に効果のある栄養素が含まれている

すでに述べたように、血液の流れが悪くなっていると、生理痛が重くなり、長引きやすくなります。そのため、生理痛を改善するためには、血行を良くすることが大切です。

このような中、青汁には血行改善に効果的な栄養素がたっぷり含まれています。

具体的にいうと、青汁には、血液の材料となる鉄や銅、葉酸などの栄養素が含まれています。そのため、青汁でこれら栄養素を補給すると、血液の量が増えて血流が改善されやすくなります。

また、これらの材料で血液がしっかり作られるようになると、血液による酸素の運搬能力が向上します。すると、細胞に酸素が送り届けられやすくなるため、細胞による熱の産生がスムーズに行われるようになります。

さらに、このような細胞の活動には、エネルギー源やビタミンB群などの栄養素が必要です。そして、青汁には、ビタミンB群が豊富に含まれています。そのため、青汁を飲むと、細胞による熱の産生が行われやすくなり、体が温まりやすくなります。

そして、このようにして体が温まると、その分だけ血液の流れも改善されやすくなります。そのため、青汁を習慣的に飲むようにすると、血行が良くなって生理痛が改善しやすくなるということがわかります。

青汁には自律神経の正常な働きを促す栄養素や成分などが含まれている

すでに述べたように、エストロゲンは脳内セロトニンの働きに関与しています。

また、セロトニンにおける分泌量の増減は、自律神経の働きに影響を与えます。このようなことから、エストロゲンには、自律神経の働きに影響を与える間接的な作用があるといえます。

そして、エストロゲンの分泌量変化によって自律神経が影響を受けると、さまざまな不調が生じやすくなるということは前述のとおりです。

このようなことから、生理前における自律神経の乱れによる症状を改善するためには、自律神経を整えることが大切であるといえます。

このような自律神経の働きには、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が必要不可欠です。そして、青汁には、このような微量栄養素がたっぷり含まれています。

そのため、青汁によってこれら栄養素を習慣的に補給すると、自律神経の働きが整いやすくなります。このようなことから、青汁には自律神経の乱れによるPMS症状を緩和する効果が期待できるといえます。

青汁に含まれている食物繊維は環境ホルモンを体内に取り込みにくくする

すでに述べたように、体内に入るとエストロゲンのような作用を起こす「環境ホルモン」は、わたしたちの周りにありふれている物質です。そのため、このような物質が体内に入るのを防ぐということは、困難であるのが現実です。

とはいえ、このような環境ホルモンは、「油脂に溶けやすい」という性質があります。そのため、食品中に含まれている環境ホルモンは、多くの場合、油脂に溶けた状態で存在しています。

このような中、食物繊維には脂質の吸収を抑える働きがあります。そのため、食物繊維の多い食事を摂ると、油脂中に含まれる環境ホルモンが体内に取り込まれづらくなります。

そして、青汁にはこのような食物繊維が豊富に含まれています。そのため、青汁を食事と一緒に飲むようにすると、環境ホルモンの影響を軽くできることが期待できます。

このように、青汁には生理に伴うつらい症状を緩和しやすくする栄養素や成分などが豊富に含まれています。そのため、青汁を飲むと、生理痛やPMSなどの症状が改善しやすくなります。

このようなことから、生理痛やPMSなどによってつらい思いをしている人は、青汁を習慣的に飲むことをおすすめします。そうすることによって、生理周期に体調が振り回されることが少なくなり、健康的で前向きな毎日を送りやすくなります。