あなたがもし、ダイエットに挑戦するつもりであるのならば、なるべく結果の出やすい方法を実践したいと思うのではないでしょうか?

というのも、世の中にはさまざまなダイエット方法があります。そして、このようなダイエット方法の多くは、精神的な苦痛を伴うものです。

さらに、ダイエット方法の中には、効果の出にくいものもあります。そのため、苦労してダイエットした結果、体重がまったく変わらなかったという経験を持つ人は少なくありません。

このような中、「置き換えダイエット」は、数あるダイエット方法の中でも結果が出やすく、ストレスも生じにくい方法です。

そして、青汁は、このような置き換えダイエットの成功を助ける健康飲料です。そのため、青汁を利用して置き換えダイエットを行うと、ダイエットの結果が出やすくなり、ダイエットによる不調も防ぎやすくなります。

そこで、ここでは置き換えダイエットのコツと青汁を利用した置き換えダイエットのやり方について述べていきます。

なぜ置き換えダイエットは効果が出やすいのか?

置き換えダイエットとは、普段の食事を低カロリーである食品に置き換えるダイエットのことをいいます。

一般的に、このような置き換えダイエットは、「置き換えダイエット用の食品」を利用することが多いです。例えば、健康食品を多く取り扱っているDHCは、「プロティンダイエット」という「置き換えダイエット用の商品」を販売しています。

プロティンダイエットは、DHCの大ヒット商品の1つであり、「多くの芸能人がこの商品によって減量に成功している」とされています。

このような情報のプロモーションもあり、DHCのプロティンダイエットは、一時期「置き換えダイエットの代名詞」となるほど流行し、置き換えダイエットブームを引き起こしました。

では、このような置き換えダイエットは、なぜダイエット効果が出やすいのでしょうか?

これは、置き換えダイエットが、「現代人の食生活に適したダイエット方法」といえるためです。

摂取カロリーを減らすことができる

現代の日本は、「飽食の時代」といわれるほど食べ物にあふれています。そのため、わたしたち日本人は、知らず知らずのうちに食事の量が過剰になりがちな環境にあります。

また、日本人は、食事の量だけではなく、1食あたりの摂取カロリーも多くなりがちです。

例えば、伝統的な和食の献立である「さんまの塩焼き」を中心とした定食では、摂取カロリーが600~700kcal程度となります。これに対して、洋食店などによる「ハンバーグセット」では、1食で900~1000kcalを摂取することになります。

このような中、現代の日本では、伝統的な和食よりもハンバーグなどの洋食の方が、人気が高いです。そのため多くの人が、1食あたりの摂取カロリーが多くなっている傾向にあるのです。

そして、このようにして1食あたりの摂取カロリーや食事の量などが多くなると、その分だけ体に余分なエネルギーが溜まって太りやすくなります。このようなことから、痩せて健康的な体になるためには、摂取カロリーを減らす必要があるといえます。

このような中、一般的な置き換えダイエット食品は、1食200kcal未満となっています。そのため、食事をこのようなダイエット食品に置き換えると、1食あたりの摂取カロリーを400~800kcal減らすことができます。

このとき、体脂肪を1kg減らすためには、7200kcal消費する必要があるといわれています。そのため、このような置き換えダイエットを1日1回行っていくと、早い人では10日程度で1kgの体脂肪が減少することになります。

一般的に、「1ヶ月で2kg痩せたら、良好なダイエットペースである」といわれています。このようなことから、置き換えダイエットではかなり早いペースでダイエットを実現できることがわかります。

そのため、置き換えダイエットは、「結果の出やすいダイエット方法である」とされているのです。

ダイエット中のストレスが少ない

ダイエットの基本は、「摂取カロリー<消費カロリー」とすることです。極端なことをいえば、この状態を維持すれば体重は減少していきます。

とはいえ、わたしたちの身体には、生きていくために必要不可欠な機能である「食欲」が備わっています。そして、摂取カロリーが消費カロリーを下回り続けると、このような食欲が旺盛になりやすくなります。

というのも、わたしたち生物にとって「摂取カロリーが消費カロリーを下回り続ける」という状況は、「餓死につながる状態」です。そのため、このような状態が続くと、なんとかして摂取カロリーを増やそうと、食欲が強く現れるようになります。

当然のことながら、このような食欲にまかせて食べ物を摂取すると、ダイエットは成功しません。そのため、ダイエットを成功させるためには、食欲を我慢する必要があります。

ただ、このような「生き物に備わっている本能」に逆らうということは、簡単なことではありません。そのため、食欲を押さえつけて食べるのを我慢し続けると、身体や精神などに強いストレスがかかります。

このようにして強いストレスが長期間続くと、体に不調や病気などが起こりやすくなります。また、ストレスの反動によって過食に走りやすくなり、体重が減るどころかかえって増えることになりかねません。

このようなことから、ダイエットを成功させるためには「摂取カロリー<消費カロリー」を維持する必要があるものの、食べるのを我慢しすぎると逆効果になるということがわかります。

このような中、置き換えダイエットでは、食事を取らないわけではないので、食べるのを我慢する必要がありません。そのため、置き換えダイエットでは、「食事を抜く」という行為よりも、我慢が少なくて済みます。

また、置き換えダイエットでは、置き換えダイエットを行う食事以外では好きなものを食べられます。例えば、夕食に置き換えダイエットを実践する場合、朝や昼などには好きなメニューを食べることができるのです。

このようにして好きなものを食べられると、ストレスが溜まりにくくなります。このようなことから、置き換えダイエットは、摂取カロリーを減らすダイエットの中でも「ストレスが少ないダイエット方法である」といえます。

内臓を休ませることができる

すでに述べたように、現代の日本人は過食傾向にあります。このようにして食べる量や機会などが増えると、その分だけ胃腸に負担がかかりやすくなります。

このようにして胃腸が疲れると、胃腸の代謝が低下して消費エネルギーが減少します。すると、その分だけ痩せづらくなります。

また、胃腸の消費エネルギーが低下すると、その分だけ産生される熱の量が少なくなります。すると、体が冷えやすくなり、血行が悪くなりやすくなります。

このようにして血液の流れが悪くなると、全身のさまざまな組織に酸素や栄養素などが行き届きにくくなります。そうなると、全身の細胞がエネルギーを生み出しにくくなり、全身の消費エネルギーが低下しやすくなります。

このようなことから、胃腸が弱ると、「消費エネルギー低下の悪循環」が起こりやすくなることがわかります。そのため、ダイエットを成功させるためには、胃腸を適度に休ませることが大切です。

このような中、置き換えダイエットでは、食事の代わりに飲み物を摂ることになります。このような「液体」は、食べ物などの「固体」に比べて消化吸収が簡単です。

そのため、置き換えダイエットを行うと、胃腸を休ませやすくなります。その結果、胃腸疲れによる代謝の低下を防ぎやすくなるといえます。

青汁を置き換えダイエットに利用するメリット

すでに述べたように、置き換えダイエットは「置き換えダイエット用の食品」を使用して行われることが多いです。

そして、このようなダイエット食品は、さまざまな方法を用いて「結果が出る商品である」ということをアピールします。そのため、多くの人は、「置き換えダイエットは、ダイエット食品を使用しなければ成功しない」と思い込んでいます。

ただ実際には、置き換えダイエットは「栄養価が高く、ローカロリーな食品」であれば、なんでも利用することができます。そのため、「健康食品の代名詞」ともいえる青汁も、置き換えダイエットとして利用できるといえます。

そして、青汁を置き換えダイエットに使用することには、さまざまなメリットがあります。特に、これから述べるように、「続けやすい」という点は「青汁による置き換えダイエットの最大メリット」だといえます。

続けやすい「価格」と「味」

世の中には、さまざまなタイプの「置き換えダイエット用の食品」が販売されています。そのため、「置き換えダイエットをするのであれば、わざわざ青汁を利用せずとも、専用のダイエット食品を利用するのがベストだ」という人がいます。

ただ、このような「置き換えダイエット用の商品」は、価格が高めの設定となっています。そのため、経済的な理由から、置き換えダイエットを途中で諦めてしまう人は少なくありません。

また、このような商品は、カロリーを低くしながら「美味しい味」を表現するために、調味料や人工甘味料などを多く使用しています。そして、普段加工品を食べない人は、このような「人工的な味」を「美味しくない」と感じやすいです。

このような「美味しくない食品」を毎日定期的に摂ることには、精神的な苦痛を伴います。そのため、ダイエット食品を利用した人の中には、「美味しくないから続けられなかった」というケースも多いです。

このような中、青汁はダイエット食品に比べると価格が安く、自然な美味しさのある飲み物です。

具体的にいうと、ダイエット食品の多くは1杯300円程度です。これに対して、青汁は高品質なものであっても、1杯100円以下で飲めるものがほとんどです。そのため、青汁は経済的に続けやすい飲み物であるといえます。

また、一般的な青汁には、人工甘味料などが添加されていません。そのため、青汁はダイエット食品に比べて「不自然な味」ではないため、飲むことを続けやすいというメリットもあります。

さらに、置き換えダイエットを成功させるためには、身体が必要とする微量栄養素をしっかり摂る必要があります。そして、青汁は、このような栄養補給にも最適な飲料なのです。

置き換えダイエットに必要な栄養素が含まれている

すでに述べたように、置き換えダイエットでは、食事をローカロリーな食品に置き換えることによって摂取カロリーを少なくします。そして、これによって減量効果が得られるというダイエット方法です。

ただこのとき、置き換える食品を「カロリーが低いだけの食品」にすると、身体が必要とする栄養素が足りなくなります。これは、わたしたちの身体が必要としている栄養素は、カロリーだけではないためです。

というのも、摂取したカロリーや体に蓄えている脂肪などを消費するためには、ビタミンB群が必要となります。そのため、このような栄養素が不足すると、ダイエットの効果が現れにくくなります。

また、亜鉛などのミネラルは、細胞の代謝に関与しています。さらに、細胞がカロリーを消費するためには、血液によって酸素や栄養素などが運ばれる必要があります。

そして、血液が作られるためには、さまざまなビタミン・ミネラルを必要とします。そのため、置き換えダイエットによってこれらの栄養素が不足すると、全身の代謝が低下して「体脂肪が減る」という結果が現れにくくなります。

一方で、摂取カロリーを減らしながらこれらの栄養素をしっかり摂っていると、「体に蓄えている余分なエネルギー=体脂肪」が燃えやすくなります。

このような中、青汁は栄養価の高い野菜から作られているため、このような微量栄養素を豊富に含んでいます。そのため、青汁で置き換えダイエットをすると、ダイエット成功のために不可欠な栄養素を補給しながら摂取カロリーを減らすことができるといえます。

ダイエットによる不調が起こりづらくなる

一般的に、ダイエットをすると体調を崩しやすくなります。これは、ダイエットのために食事制限をすることによって、微量栄養素の摂取量が足りなくなるためです。

というのも、すでに述べたように、ダイエットのために「ローカロリーなだけ」の食べ物を摂ると、ビタミンやミネラルなどの摂取量が低下します。

ただ、これらの栄養素は、ダイエット成功のためだけではなく、体調の維持にも不可欠です。そのため、置き換えダイエットによって微量栄養素の摂取量が不足すると、体調を崩しやすくなります。

例えば、ビタミンB群の中には、細胞の代謝や免疫力などに関わっているものがあります。そのため、ダイエットによってビタミンB群が不足すると、肌や爪などに異常が出たり疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったりします。

また、亜鉛や鉄などの栄養素が不足すると、肌荒れや疲労感、貧血などが起こりやすくなります。そして、ビタミンCやビタミンE、ビタミンAなどの栄養素が不足すると、疲労感や免疫力の低下だけではなく、病気が発症するリスクが高まりやすくなります。

このように、微量栄養素の摂取は、ダイエット成功だけではなく不調の防止にも必要不可欠です。

そのため、青汁によってこれら栄養素をしっかり摂っていると、ダイエットが成功しやすくなるだけではなく、ダイエットによって不調が起こるのを防ぎやすくなるといえます。

置き換えダイエットにおける青汁の活用方法

これまでに述べたように、青汁は置き換えダイエットに利用できる栄養価の高い飲料です。そのため、ダイエットを真剣に考えているのであれば、青汁で置き換えダイエットを実践することをおすすめします。

このとき、青汁による置き換えダイエットを成功させるためには、いくつかのポイントを踏まえることが大切です。そのため、青汁で置き換えダイエットをするのであれば、以下のような内容を踏まえた上で実践するようにしましょう。

動物性食品を積極的に食べる

すでに述べたように、青汁には体が必要とする微量栄養素が豊富に含まれています。

とはいえ、青汁では補給しきれない栄養素もいくつかあります。それは、タンパク質とビタミンB12です。

これらのうち、ビタミンB12は、動物性食品にのみ含まれる栄養素です。そのため、青汁では、ビタミンB12を補給することができません。

とはいえ、ビタミンB12は体が必要とする量が少ないため、不足しにくい栄養素です。そのため、青汁に置き換えている献立以外の食事でしっかり動物性食品を食べていれば、ビタミンB12が不足することはありません。

一方で、1日におけるすべての食事で置き換えダイエットを行ったり、青汁以外に野菜やこんにゃくなどの植物性食品しか摂らなかったりすると、ビタミンB12が不足することがあります。

そのため、青汁で置き換えダイエットをする場合は、魚や肉などの動物性食品をしっかり食べるよう意識することが大切です。

また、タンパク質は動物性食品や豆類に多く含まれている一方で、葉野菜にはあまり含まれていません。そのため、青汁だけでは、タンパク質を補給することができません。

このようなタンパク質は、「体を構成する材料」です。そのため、タンパク質の摂取量が不足すると、体に不調が現れやすくなります。

具体的にいうと、タンパク質は、「1日に手のひら1枚分の食肉」に値する量を摂る必要があります。そのため、青汁で置き換えダイエットを実践する際は、この量のタンパク質食品を食べることを意識するようにしましょう。

「オメガスリー」を添加する

青汁のカロリーはほぼ0kcalです。そのため、青汁を置き換えダイエットに使用すると、1日の摂取カロリーを大幅に減らすことができます。

一方で、このような事実からは、「青汁には体の構成成分になるカロリーも含まれていない」ということがわかります。具体的にいうと、青汁にはタンパク質だけではなく、脂質も含まれていないのです。

一般的に、脂質は「肥満の元」思われがちです。ただ実際には、脂質はわたしたちの細胞における膜の材料となっています。

そのため、脂質が不足すると、肌荒れなどの「実感しやすい不調」だけではなく、「イライラ」や「頭痛」などの「一見関係のないような不調」も起こりやすくなります。このようなことから、健康的な身体を保つためには、一定量の脂質を摂る必要があることがわかります。

特に、魚などに含まれている「オメガスリー(オメガ3脂肪酸)」と呼ばれるタイプの脂質は、免疫力・記憶力の向上などの有益な働きが多い栄養素です。

さらに、オメガスリーには、余計な脂肪を燃えやすくするという「ダイエット効果」もあります。そのため、ダイエットを成功させるためにも、オメガスリーは積極的に摂るべき栄養素であるといえます。

このようなオメガスリーは、魚だけではなく、「えごま油」や「亜麻仁油」などにも含まれています。

そのため、青汁置き換えダイエットを行う際は、青汁にこれらの油を少し入れて飲むようにしましょう。そうすることによって、体が必要とする栄養素を補給でき、ダイエットが成功しやすくなります。

牛乳や豆乳などで割る

青汁で置き換えダイエットを行う際、高い壁となるのが「満腹感が得られない」ということです。

というのも、青汁は「カロリーのない液体」です。そのため、青汁を飲んでも、エネルギー源を得ることはできません。

普段食べることに慣れた体は、このようにして「カロリーのないもの」を摂ると、強い空腹感を感じます。そして、すでに述べたように、空腹感は生物としての本能であるため、これを我慢することには精神的な苦痛を伴います。

とはいえ、体が必要とする微量栄養素を摂っていれば、1日のうち1~2食をローカロリー食に置き換えても、体に蓄えているエネルギー源を燃やしてエネルギーを作ります。そして、このようにしてエネルギーが作られれば、空腹感を感じにくくなります。

ただ、このようにして「空腹感を感じにくい状態」になるためには、空腹感が生じてから数十分程度の時間がかかります。そのため、この時間は、空腹感を我慢しなければなりません。

このような中、牛乳や豆乳などの「エネルギーのある液体」で青汁を割って飲むようにすると、空腹感を紛らわすことができます。

また、これらの飲み物を青汁に加えても、コップ1杯で150kcal未満です。そのため、これらで割った青汁を置き換えダイエットに利用すると、よりストレスなくダイエットを行うことができます。

さらに、これら飲み物には、タンパク質が含まれています。そのため、牛乳や豆乳などを置き換えダイエットに使用すると、ダイエット中に不足しやすい栄養素を補うこともできるようになります。

このように、青汁置き換えダイエットは、別の飲み物を足すことによってよりストレスなく行うことができるようになります。

ただ、このとき、「甘い飲み物」は使用しないようにするのが無難です。これは、これから述べるように、「甘味」は空腹感を引き起こすためです。

甘味は空腹感の原因となる

世の中には、「おなかが空いたら甘いものを食べる」という人が少なくありません。実際に、空腹時に甘いものを食べると、すぐに空腹感が和らぎ満足感が得られます。

ただ、甘い食品は、食後から数分~数時間後に再び空腹感をもたらします。これは、甘い食品に含まれる糖質は吸収されやすいためです。

このようにしてすばやく吸収されると、その分だけスムーズにエネルギーに転化できます。そのため、運動をしている人であれば、甘い食品は「効率の良いエネルギー源」となります。

ただ、運動などによってカロリーを消費しない場合、吸収した糖質がすばやく体に備蓄されます。つまり、太るということです。

さらに、このようにしてカロリーが素早く吸収・備蓄されると、一時的に細胞へエネルギー源が供給されにくくなります。すると、この状態を解決するために空腹感が生じます。そのため、甘いものを摂ると、食後に再び空腹感が生じやすくなるのです。

これと同様に、青汁に果汁や砂糖、はちみつなどの「甘味」を足して置き換えダイエットをすると、一時的に空腹感が紛れた後、すぐに再び空腹感が生じます。

そのため、「甘い青汁」を利用した置き換えダイエットは、ダイエットが成功しにくく、空腹感によるストレスを感じやすくなるといえます。このようなことから、青汁で置き換えダイエットをする場合は、甘味を加えた青汁を選ばないようにすることが大切です。

青汁置き換えダイエットはいつ行うのがベスト?

 

ここまでに述べたように、青汁置き換えダイエットは、ストレスが少なく成功しやすいダイエット法です。

そのため、この事実を理解した人であれば、青汁で置き換えダイエットを試してみようと思うことでしょう。そして、「青汁を利用した置き換えダイエットは、いつ行うのがベストなのか?」と思ったのではないでしょうか?

結論からいうと、青汁置き換えダイエットは、自身の生活スタイルに適したタイミングに行うのが最適です。

というのも、ダイエットを成功させるためには、体脂肪1kgあたり7200kcalものカロリーをカットする必要があります。そのため、減量を成功させるためには、置き換えダイエットを継続して行うことが必須であるといえます。

このとき、生活スタイルを無理やり変えると、ストレスが溜まったり置き換えダイエットが継続できなくなったりしやすくなります。そのため、ダイエットを成功させるためには、生活スタイルを大きく変えることなくダイエットに取り組むことが大切であるといえます。

とはいえ、置き換えダイエットには「結果の出やすいタイミング」があるのは事実です。そのため、これから青汁置き換えダイエットに挑戦する人は、以下の内容を理解して、自分に適したタイミングを見つけるようにしましょう。

結果を急ぐのであれば夕食に

通常の生活スタイルでは、夕方から夜にかけては代謝が低下するタイミングであるため、消費カロリーが少なくなりやすいです。そのため本来、夕食で多くのカロリーを摂取する必要はありません。

とはいえ、一般的に、夕食は高カロリーな食事を摂りやすいタイミングです。このようにして夕食で多くのカロリーを摂取すると、その多くが体内に蓄えられることになります。

このとき、夕食を青汁に置き換えると、摂取カロリーを大幅に減らすことができます。また、夕食のカロリーが体に蓄えられるのを防ぎやすくなるため、ダイエット効果が現れやすくなります。

このようなことから、夕食に高カロリー食を食べる機会が多い人や、素早く結果を出したい人は、夕食を青汁に置き換えるようにしましょう。そうすることによって、より早く青汁置き換えダイエットの成果を実感できるようになります。

気軽に続けたいのであれば朝食や昼食などに

一般的に、朝は1日の中でもっとも忙しい時間帯です。そのため、多くの人が朝食を手軽に済ませています。

このとき、青汁は水に溶かすだけで飲むことができるため、忙しい時間帯でも簡単に食事を摂ることができます。そのため、朝食を青汁に置き換えるダイエットは、他の時間帯における置き換えダイエットよりも続けやすいといえます。

また、青汁を昼ごはん代わりに飲むようにすると、お弁当を作る手間や昼食を買いに行く時間などを節約することができます。そのため、昼食にこだわりがない人は、昼食を青汁に置き換えるとダイエットを習慣化しやすくなります。

さらに、このようにして朝食や昼食などに青汁を置き換えると、前述したような「糖質の摂取による空腹感」が起こりにくくなります。すると、仕事や勉強などが空腹感によって邪魔されることなく、集中して取り組みやすくなるというメリットもあります。

置き換えダイエットを成功させるコツ

これまで述べたように、さまざまなダイエット法の中でも、置き換えダイエットは成功しやすいタイプです。

とはいえ、このような置き換えダイエットでも、やり方を間違えると失敗したりかえって逆効果になったりすることがあります。

具体的には、置き換えダイエットを成功するためには、以下のような点に注意する必要があります。

急いでダイエットしない

置き換えダイエットは、成功しやすい一方でリバウンドしやすいダイエット方法でもあります。これは、置き換えダイエットをストイックに行うと、肥満体質になりやすいためです。

というのも、「カロリーが足りない」という状況は、人体にとって生命の危機です。そのため、このような状況がひどくなると、体はエネルギーを溜め込もうとします。

具体的にいうと、ダイエットを急ぐあまり、1日の食事のうち2~3食を置き換えると、体が「飢餓に備えた状態」になります。すると、カロリーを吸収しやすく、エネルギーを燃やしづらい体になります。

このような状態で置き換えダイエットをやめると、体重がダイエット前の状態に戻るどころか、ダイエット前よりも増えてしまいやすくなります。

そのため、置き換えダイエットを成功させるためには、結果を急がず行うようにすることが大切です。具体的には、1ヶ月2~3kgペースでダイエットを進めるようにしましょう。

間食が増えないように気をつける

通常、置き換えダイエットをしていると、1日の摂取カロリーが少なくなります。ただ、「置き換えダイエットをしているから」と安心していると、かえって1日の摂取カロリーが増えてしまうことがあります。

というのも、置き換えダイエットをしている人の中には、「食べていないから大丈夫」という安心感から、おやつの量が増える人がいます。

当然のことながら、このようにして間食の回数や量などが増えると、その分だけ摂取カロリーが多くなります。すると、1日の摂取カロリーが消費カロリーをオーバーし、痩せるどころか太るという結果になりかねません。

そのため、置き換えダイエットを行う際には、間食が増えないように注意するようにしましょう。

身体を動かすよう意識する

通常、摂取カロリーが慢性的に足りない状態になると、脂肪より先に筋肉が燃えていきます。これは、筋肉が「消費エネルギーの多い組織」であるためです。

というのも、摂取カロリーが少ない状況でこのような「燃費の悪い組織」を抱えることは、生命維持の観点から見るとリスクとなります。そのため、摂取カロリーをセーブしているときに使用していない筋肉があると、脂肪よりも優先して燃やされるようになります。

このようにして筋肉の量が減ると、基礎代謝が低下して1日の消費エネルギー量が少なくなります。すると、太りやすく痩せにくい体質となり、ダイエット効果が現れにくくなります。

一方で、定期的に運動して筋肉を使用していると、摂取カロリーが少ない環境下でも筋肉が燃やされにくくなります。そのため、置き換えダイエットをする際は、積極的に体を動かすようにすることが大切です。

このように、青汁置き換えダイエットは結果が出やすいダイエット方法であるものの、成功させるためにはいくつかのコツを踏まえる必要があります。

そのため、青汁置き換えダイエットを行う際は、ここに書いてある内容をしっかり理解して実践するようにしましょう。そうすることによって、ストレスなくダイエットを行い、理想的な体型を手に入れることができるようになります。