近年では携帯電話やパソコンなどが普及しており、知りたい情報をすぐに得ることができる環境にあります。また、テレビやラジオなどの大衆メディアでも、健康情報に関する特集が頻繁に組まれています。そのため、現代の日本には、「健康法」に詳しい人が多いです。

特に、「糖質制限食」は、「高いダイエット効果がある」として大きなブームとなった健康法の1つです。そのため、体型や体の健康を気にする人の多くが糖質制限食を取り入れています。実際に、糖質制限をすると、体重面や体の不調などが改善されることがあります。

ただ、当然のことながら、体質や生活習慣などはそれぞれみんな違います。そのため、「自分が効果を実感できた健康法」が他の人にも適しているとは限りません。

そして、これは糖質制限食も例外ではありません。糖質制限食は、効果を実感できる人がいる一方で、「行うべきではない人」もいる健康法です。

特に、子供に糖質制限食を日常的に与えることについては、さまざまなリスクを伴います。そのため、子供の健康を考えるのであれば、糖質制限食を与えるべきではありません。

一方で、青汁を飲む習慣をつけると、さまざまな栄養を補給できるだけではなく、糖質摂取のデメリットを少なくすることができます。このようなことから、子供における体型や健康状態などが気になるのであれば、「糖質制限食」ではなく「青汁習慣」をおすすめします。

そこで、ここでは子供における糖質制限の危険性について解説し、糖質制限と青汁の関係性について述べていきます。

子供が糖質を制限するのは危ない

糖質制限食は、もともと糖尿病患者のために研究されてきた食事療法です。

糖尿病とは、血液中のぶどう糖が利用されにくくなることによって、尿にぶどう糖が混ざるようになる病気のことをいいます。具体的には、インスリンを分泌できなくなったり、インスリンの効き目が弱くなったりすることによって糖尿病が発症します。

インスリンとは、血液中のぶどう糖を細胞に取り込ませて血糖値を下げる作用のあるホルモンのことです。そのため、インスリンの働きがなくなったり弱くなったりすると、血液中に糖が溢れた状態になります。

このようにして「血液中の糖が多すぎる状態」が長く続くと、血管が少しずつダメージを負っていきます。すると、血管の弾力性が失われて血管が詰まりやすくなります。

多くの人が知っているように、血液は酸素や栄養素などを運ぶ役割を担っています。そのため、血管が詰まると、詰まりが生じた場所に酸素・栄養素が運ばれなくなります。すると、組織の機能が低下したり、最悪の場合は死に至ったりすることもあります。

そのため、糖尿病を発症したら、血液中のぶどう糖をなるべく増やさない生活を心がける必要があります。そうしなければ、糖尿病による血管の詰まりが生じやすくなるためです。

このような中、米や小麦粉、砂糖などの糖質食品には「血液中のぶどう糖を大きく増加させる」という性質があります。これは、糖質食品には、多くのぶどう糖が含まれるためです。

具体的には、糖質食品にはデンプンやショ糖などの「糖質」が多く含まれています。このような糖質は、体内で分解されてぶどう糖や果糖などとなり、体内に吸収されます。このようなことから、糖質は血糖値を上げる栄養素であることがわかります。

前述のように、糖尿病とは自分で血糖値をうまく下げられなくなった状態のことをいいます。そして、血液中の糖が多すぎると、血管がダメージを受けやすくなりさまざまな病気を併発しやすくなります。

そのため、糖尿病患者は、このような合併症を避けるために血糖値をコントロールする必要があります。このようなことから、糖尿病患者は、糖質制限食を食べることを推奨されているのです。

なぜ糖質制限が「良い」とされているのか?

現代の日本では、「糖質制限」はダイエット方法の1つであると認識されていることが多いです。これは、「糖質食品を制限したら短期間で大幅に痩せることができた」という口コミが広まったためです。

多くの人が知っているように、糖質食品にはエネルギー源となる栄養素が多く含まれています。当然のことながら、摂取カロリー量を減らすと、体は痩せていきます。

さらに、糖質食品を食べないようにすると、インスリンの分泌量が少なくなります。

前述のように、インスリンとは血液中の糖を細胞に取り込ませる働きをもつホルモンです。ただ、このようなインスリンには、体に脂肪を蓄えさせたり体内の脂肪を燃やしにくくしたりする作用もあります。

このようなインスリンの作用は、満足な食事が摂れない環境下では生存率を上げる働きがあるといえます。

ただ、現代の日本では、「食事を摂りたくても摂れない」ということは、そう滅多にありません。そのため、現代の食生活では、インスリンの作用が「肥満リスクを上げる要因」となってしまっています。

このようなインスリンは、血液中の糖が増えると分泌量が多くなります。そして、前述したように、糖質食品は血液中の糖を増やします。

そのため、健常な人であれば、糖質食品を食べると食後にインスリンが分泌されます。このようなことから、糖質食品は「太る作用のあるホルモンの分泌を促す」ということがわかります。

このような中、現代の日本では、糖質食品を口にしやすい環境にあります。

例えば、コンビニエンスストアでは、おにぎりやパンなどの主食をいつでも購入することができます。また、仕事や勉強などの合間に食べられることが多い「スイーツ」と呼ばれるお菓子には、大量の砂糖が使われています。

さらに、清涼飲料水や缶コーヒーなどの飲料にも多くの砂糖が添加されています。そして、このような飲み物は、店舗だけではなく自動販売機でも購入することができます。

このように、現在の日本人は、無意識に暮らしていると糖質食品の摂取量が過剰になりやすい環境にあります。そのため、日本における肥満の多くは、糖質の摂りすぎが要因の1つであるといわれています。

このようなことから、糖質制限食は「日本人にとって、効果の現れやすいダイエット方法である」ということがわかります。

子供は「小さい大人」ではない

すでに述べたように、糖質制限食は効果の高いダイエット方法です。そのため、「糖質制限食は健康にいい」と盲信している人は少なくありません。特に、糖質制限食でダイエットを成功させた人は、このような価値観が絶対的になっていることがあります。

ただ、このような価値観は、子供に悪影響を及ぼします。というのも、子供の体は大人に比べて未熟であり、「サイズの小さい大人の体」ではありません。

具体的には、子供と大人では「エネルギーの作り方」が異なります。

わたしたちは、食事に含まれているエネルギー源を燃やすことによってエネルギーを生み出しています。このとき、大人の体は、状況に応じて2つの「エネルギー生成方法」を使い分けています。

具体的には、平常時や軽い運動をしているときなどには、主に「ミトコンドリア系」という方法でエネルギーを作っています。

このようなミトコンドリアは、エネルギーを生み出すために酸素を必要とし、エネルギーを作るスピードが遅いという特徴があります。

一方で、ミトコンドリアは、少ない燃料で多くのエネルギーを生み出すことができます。そのため、ミトコンドリアによるエネルギー産生方法は、準備に時間がかかるもののたくさんの熱を生み出すことができることから、「カセットコンロ」に例えられることが多いです。

これに対して、激しい運動をしているときなどは、「解糖系」という方法でエネルギーを作ります。解糖系では、エネルギーを作るために酸素を必要としません。また、エネルギーを作るスピードも早いです。

ただ、解糖系はミトコンドリア系に比べて、1つのエネルギー源で作ることができるエネルギーの量がかなり少ないです。そのため、解糖系は、すぐ使える一方でエネルギー効率の悪いことから、「ライターのようなエネルギー生成方法である」と例えられることがあります。

このような中、子供は大人に比べて、ミトコンドリアの数が少ないです。そのため、子供は大人よりも、エネルギー生成を解糖系に頼っているといえます。

このような解糖系でエネルギーを生み出すためには、糖が必要不可欠です。また前述のように、解糖系はミトコンドリア系よりもエネルギー効率が悪いです。そのため、解糖系で生命活動のためのエネルギーをまかなうためには、多くの燃料が必要です。

このようなことから、子供の糖質摂取量が足りなくなると、エネルギー不足になりやすくなることがわかります。

このようなエネルギーが足りない状況では、免疫力や集中力、思考力などが低下しやすくなります。また、イライラしやすくなったりキレやすくなったりするなどの「情緒不安定」な症状が現れやすくなります。

このような中、また、一般的に、男性よりも女性の方がダイエット経験をもつ人が多いです。そのため、「糖質=悪」と捉えている女性はかなり多いです。

そして、日本では食事の準備を女性が担っている世帯が多いです。そのため、母親が自身の経験などによって「糖質は制限するべき栄養素である」という認識をもっていると、子供が食べる食事が糖質制限食となりやすいです。

このようなことから、現代の日本では、知らず知らずのうちに慢性的なエネルギー不足に陥っている子供が少なくないといわれています。

子供のエネルギー源は他の栄養素で代用すべきではない

糖質制限食を経験した人の中には、「糖質の代わりに脂質やタンパク質などを多めに摂るようにすれば、エネルギー不足は起こらない」と思っているケースがあります。

実際に、人体には脂質・タンパク質をエネルギー源とすることができる仕組みが備わっています。そのため、糖質の摂取量を制限しても、脂質やタンパク質、ビタミンなどの栄養素をしっかり摂っていると、エネルギー不足は起こりません。

ただ、これは「大人の体の話」であり、子供の体には当てはまりません。

というのも、脂質は糖質の2倍以上の熱を生み出すことができる「優秀な燃料」です。ただ、脂質を「効率の良い燃料」として使用することができるのは、ミトコンドリア内の熱生成機関です。

そのため、ミトコンドリアの数が大人よりも少ない子供は、脂質を「効率の良い燃料」とすることができません。

また、脂質やタンパク質などを分解して、解糖系の燃料を作ることは可能です。ただ、これらから糖を作るためには、いくつかのプロセスを経る必要があります。

そのため、脂質・タンパク質で解糖系の燃料を補おうとすると、エネルギー源の供給が間に合わなくなったり体に負担がかかったりしやすくなります。

このように、子供の体は、大人の体よりも「脂質・タンパク質を燃やす能力」が低いです。そのため、体が必要としているエネルギーを脂質・タンパク質でまかなおうとすると、子供がエネルギー不足を起こす危険性があります。

さらに、子供は、大人よりも消化器官が未熟です。そのため、子供が脂質やタンパク質などを摂り過ぎると、消化・吸収しきれないことがあります。

このようにして消化できなかった脂質やタンパク質などは、腸内における悪玉菌のエサとなります。悪玉菌とは、人体に有害な物質を放出する菌のことです。そのため、悪玉菌が増えると、腸の表面が有害物質によるダメージを受けやすくなります。

このようにして腸がダメージを負うと、腸表面が緩んで「隙間ができたような状態」になることがあります。このような状態を「リーキーガット症候群」といいます。

このような「腸のバリア機能が低い状態」になると、本来であれば「そのまま体外に排出される物質」が体内に侵入しやすくなります。そのため、リーキーガット症候群が発症すると、未消化の栄養素が体内に入り込みやすくなります。

ただ、このような栄養素のうち、「未消化のタンパク質」はアレルギーの原因物質となります。そのため、子供が脂質・タンパク質を摂り過ぎると、アレルギーを発症しやすくなります。

多くの人が知っているように、アレルギーを発症すると、さまざまな不快症状が現れます。最悪の場合、ショック症状が起きて死に至ることもあります。

そのため、子供がアレルギーを発症するリスクを減らすためにも、タンパク質・脂質を糖質の代わりに摂らせるようなことはすべきではないといえます。

このように、大人であれば問題のない食事であっても、未熟な子供の体には負担となることがあります。そのため、子供の健康を考えるのであれば、正しい知識を持って子供の食事を管理することが大切です。

特に、幼少期に糖質制限をして集中力が低下すると、健全な人格形成や知能向上などが阻害されることになります。このようなことから、自身が糖質の摂取量を制限していたとしても、子供に同じ食事を摂らせることは避けるべきであるといえます。

子供には「糖質制限食」ではなく「野菜」を

これまでに述べたように、子供は糖質の摂取量を極端に制限するべきではありません。とはいえ、当然のことながら、糖質食品の摂り過ぎは肥満などの原因となります。

また、白飯やパン、砂糖などの「吸収されやすい糖質」は、イライラしやすい子供を作る原因となります。そのため、糖質食品の種類によっては、健康状態に悪影響を及ぼすといえます。

このうち、糖分の多いお菓子は、親の意思によって食べさせる回数を減らすことができます。これに対して、白飯やパンなどの主食は、給食や外食などで一般的に使用される食品です。そのため、これら食品を与えない生活を送ることはかなり困難です。

また、白飯などの「一般的に食べられている主食」を食べない生活を送ろうとすると、友人の家でご飯を食べたり外食をしたりすることができなくなります。すると、人と良質なコミュニケーションを取る機会が減少するため、良好な人間関係を築きにくくなります。

このような中、野菜には糖質食品のデメリットを和らげる成分が含まれています。そのため、子供の糖質摂取が気になるのであれば、糖質食品を制限するのではなく、野菜を食べさせることをおすすめします。そうすることで、以下のようなメリットを得ることができます。

野菜をしっかり食べると糖質の吸収が緩やかになる

近年では、さまざまな飲料メーカーによって「糖の吸収を穏やかにする」という「トクホ」の飲料が販売されています。トクホとは、特定保健用食品の略であり、国が「表記の効果がある」と認めた食品のことです。

このような「糖の吸収を穏やかにする」というトクホ飲料には、「難消化デキストリン」という食物繊維の一種が含まれています。

食物繊維とは、植物性食品に含まれている人体で消化・吸収できない成分のことです。そのため、食物繊維は、でんぷんやショ糖などの糖質が消化酵素と触れるのを阻害します。

このようにして糖質が消化酵素と触れにくくなると、糖質が分解される機会が減少します。すると、摂取した糖質が「吸収できる大きさ」にならないため、糖質が吸収されづらくなります。

そのため、食物繊維と糖質を一緒に摂ると、糖質の分解が妨げられて吸収されにくくなることがわかります。このようなことから、食物繊維が添加されているトクホ飲料には、「糖の吸収を穏やかにする」と表記されているのです。

とはいえ、このような食物繊維は、野菜や海藻、果物などに含まれています。そのため、このような食品が多い食事を摂るようにすると、トクホ飲料と同様の効果が得られるといえます。

このようなことから、野菜などの植物性食品には、糖の吸収を穏やかにする働きがあることがわかります。

そして、このようにして糖の吸収が穏やかになると、太りづらくなるだけではなく集中力も持続しやすくなります。

というのも、白飯やパン、砂糖などの「吸収されやすい糖質」は、血液中の糖量を急上昇させます。このようにして血液の糖が急に増えると、インスリンが大量に分泌されることになります。

前述のように、インスリンには血液中の糖を減らす作用があります。そのため、インスリンが多く分泌されると、一時的に血液中の糖がかなり少ない状態となります。このような症状を「機能性低血糖症」といいます。

このようにして血液中の糖が少なくなると、全身にエネルギー源が行き渡りにくくなります。すると、体がエネルギー不足となって疲れやすくなったり、脳にエネルギー源が運ばれないことによって集中力が低下したりします。

このように、「吸収されやすい糖質」を食べると、一時的に低血糖となってさまざまな症状が起こります。特に、エネルギー源を糖質に頼っている子供は、このような症状が起こりやすいです。

このような中、前述のように食物繊維には、糖質の吸収を穏やかにする作用があります。そのため、食物繊維の多い食事を摂ると、糖質の吸収スピードが緩やかになります。

このようにして糖質が吸収されにくくなると、その分だけインスリンの大量分泌による「一時的な低血糖」が起こりにくくなります。そのため、食事の際に野菜や海藻などをしっかり食べると、体力や集中力などを維持しやすくなります。

このとき、食物繊維にはいくつかの種類があり、働きがそれぞれ異なります。そのため、食物繊維の効果を活かすためには、さまざまな種類の野菜・海藻をバランス良く摂ることが大切です。

野菜をしっかり食べると糖質が代謝されやすくなる

すでに述べたように、糖質はエネルギー源となる栄養素です。特に、子供は糖質の必要量が多いです。そのため、子供の食事は、糖質がしっかりと含まれるようにする必要があります。

ただ、このような糖質をエネルギーとして燃やすためには、ビタミンB1が必要不可欠です。そのため、糖質をしっかり摂っていても、ビタミンB1の摂取量が足りないと、疲れやすくなったり体に脂肪として蓄えられたりしやすくなります。

このようなビタミンB1は、豚肉や豆類などに多く含まれています。一方で、白米や小麦粉、ショ糖などの精製された糖質食品にはあまり含まれていません。

ただ、子供が主食とする食品のほとんどは、精製された穀物です。また、このような「精製された糖質食品」は、子供が好みやすい傾向にあります。そのため、多くの子供は、摂取している糖質の量に対してビタミンB1の摂取量が不足気味な傾向にあります。

また、ビタミンB1は、体に蓄えておくことができない栄養素です。そのため、子供のスタミナ維持のためには、ビタミンB1を摂取する必要があります。

このような中、ブロッコリーやかぼちゃなどの野菜には、ビタミンB1が含まれています。また、ニンニクやネギ、ニラなどに含まれている「アリシン」という成分には、ビタミンB1を体にとどめやすくするという働きがあります。

そのため、このような野菜をしっかり食べると、摂取した糖質がエネルギーとして使われやすくなります。そして、このようにして糖質の代謝が良くなると、糖質摂取による肥満や集中力の低下などが起こりにくくなります。

このように、野菜には糖質の吸収や代謝などに関与する成分が多く含まれています。そのため、野菜を毎食しっかり食べるようにすると、主食を変えたり減らしたりする必要がなくなります。

このようなことから、子供には、糖質制限ではなく野菜を食べさせるべきであるということがわかります。

子供に青汁がおすすめな理由

前項で述べたように、子供に対しては摂取する糖質の量を制限するのではなく、野菜を食べさせるべきです。ただ、後述のように、子供に野菜を食べさせるということは、簡単なことではありません。

そのため、子供に野菜を食べさせたいと考える人には、青汁を取り入れてみることをおすすめします。

青汁は野菜を原料とした健康飲料であり、「凝縮された野菜」ということができます。そのため、青汁を習慣的に飲むと、野菜に含まれている食物繊維や栄養素などをしっかり摂ることができます。

さらに、青汁には、以下のような「子供に野菜を摂らせやすくするメリット」があります。

野菜よりも美味しく飲みやすい

多くの人が認識しているように、野菜を食べることには健康面でのメリットがあります。とはいえ、ほとんどの子供は野菜を嫌います。これは、野菜には苦味があることが多いためです。

というのも、野菜には「ポリフェノール」という成分が含まれています。多くの人が知っているように、ポリフェノールは健康に良い働きをする成分です。

ただ、このようなポリフェノールは、植物が「自身を守るために作っている物質」です。そのため、ポリフェノールには、虫などから身を守るために「苦味」が含まれています。

このような「苦味」は、本来「毒物」の合図です。そのため、虫などの生物は、本能的に苦味が強い植物を食べないようにします。そして、生物の一種である人間も、このような嗜好をもちます。

特に、味覚の経験値が低い子供は、苦味のある食品を避けたがります。このようなことから、子供が野菜を嫌うのは、「本能的なもので仕方がないことである」ということがわかります。

また、当然のことながら、噛む回数が増えるとその分だけ口の中に味が広がりやすくなります。そして、野菜の多くは、しっかり噛まないと食べられません。そのため、多くの子供は、「たくさん噛まなければいけない野菜」を特に嫌う傾向にあります。

このような中、青汁は飲み物であるため、噛むことによって苦味が生じることがありません。また、大麦若葉や明日葉などを原料とした青汁はお茶のような風味となっていることが多いです。そのため、このような青汁は、子供でも抵抗なく飲むことができます。

さらに青汁は、子供が好きな飲料に混ぜて美味しく飲ませることもできます。例えば、牛乳と青汁を混ぜると、抹茶ミルクのような味に仕上がります。また、青汁は野菜を原料としているため、ジュースに混ぜると市販の野菜ジュースのような味になります。

このように、青汁は子供でも美味しく飲むことができます。そのため、青汁は、大人だけではなく子供にも適した健康飲料であるといえます。

野菜を食べやすく調理するための手間がかからなくなる

前項で述べたように、子供は「そのままの形の野菜」を嫌います。そのため、子供に野菜を食べさせるためには、野菜を細かく刻んだりしっかり煮込んだりする必要があります。

ただ、当然のことながら、このような工夫を行うためには調理のためにまとまった時間を取る必要があります。そのため、子供に野菜を食べさせたくても、忙しいことによってなかなか実行できていない家庭は少なくありません。

このような中、市販の青汁は、解凍したり水に溶かしたりするだけで飲むことができます。そのため、青汁は、忙しい人であっても生活に取り入れやすい「野菜飲料」であるといえます。

さまざまな料理と合わせることができる

前述のように、青汁は子供でも飲みやすい飲料です。とはいえ、当然のことながら、青汁を好まない子供もいます。このような場合は、青汁を料理に使うことをおすすめします。

というのも、青汁は「お茶のような味」の「野菜」です。そのため、青汁は、お茶を使う感覚で料理に取り入れることができます。

例えば、青汁は「お茶漬け」のお茶代わりに使うことができます。また、そばやうどんなどを食べる際、つゆに青汁を混ぜると、茶そばのような風味を味わうことができます。

さらに、青汁はホットケーキやプリンなどの子供が好きなメニューに混ぜることもできます。このようにしてお菓子に青汁を混ぜると、抹茶風味のスイーツとなります。

青汁を飲む習慣をつけると野菜嫌いが克服されやすくなる

前述のように、味覚には「経験値」があります。そのため、子供の頃に嫌いだった野菜であっても、大人になると食べられるようになることがあります。

ただ、好き嫌いを克服させるために野菜を無理やり食べさせても、味覚が急成長することはありません。むしろ、食べることを強要すると、この記憶が「トラウマ」として残りやすくなります。

すると、無理やり食べさせられた野菜が、生涯において食べられなくなる可能性が高くなります。そのため、子供が野菜を食べられるようにするためには、野菜の味に徐々に慣らしていくことが大切であるといえます。

このような中、青汁は子供でも飲みやすい味に調整されています。そのため、子供に青汁を習慣的に摂らせるようにすると、野菜の味に少しずつ慣らすことができます。

また、すでに述べたように、青汁は水に溶かすだけではなく、さまざまな方法で食卓に摂り入れることができます。そのため、青汁は、段階的に野菜の経験値を積むのに適した飲料であるといえます。

そして、このようにして野菜嫌いを克服することができると、大人になっても野菜をしっかり食べる食生活を送りやすくなります。

すると、野菜不足によるさまざまな不調や病気などが起こりにくくなります。このようなことから、幼少時からの青汁は、子供の将来にも良い影響を与えるということがわかります。

このように、青汁は、野菜の成分を手軽に美味しく摂ることができる食品です。そのため、青汁を食事に取り入れると、親が「子供に野菜を食べさせるために悪戦苦闘する」ということが少なくなります。

当然のことながら、このようにして食卓が平和になると、親だけではなく子供も幸せです。そのため、子供の野菜不足が気になるのであれば、青汁を習慣的に飲ませるようにしましょう。そうすることで、野菜に含まれている成分をして、親子ともに健康的な日々を送れるようになります。