子供が生まれると、多くの人が「子供における知能の発達」を気にし始めます。特に、乳幼児を育てている母親は、無意識のうちに子供における知能の発達具合を他の子供と比べがちです。そのため、頭のいい子を育てるために、「育脳」を行う母親はとても多いです。

また、現代の日本では、子供の数が減少の一途を辿っています。一方で、晩婚や高齢出産などの増加によって「親になる年齢」は高くなっています。

一般的に、親になる年齢が高いほど、世帯の経済状況は安定しやすくなります。そのため、現代では、親が子供にかける教育費が年々増加傾向にあります。

このような「子供に使えるお金」が多い世帯では、幼少時から子供に習い事をさせているケースが多いです。特に、脳の発達に効果的であるといわれるピアノや水泳、英会話などは、人気が高いです。

ただ、このような「脳の発達に良い活動」を一生懸命しても、子供の食事内容によっては、期待しているような効果が現れません。これは、知能が発達するためには、「脳の発達に必要な材料」を摂る必要があるためです。

このような中、青汁は子供の育脳に最適な栄養素が豊富に含まれている健康飲料です。そのため、子供に青汁を習慣的に飲ませるようにすると、脳の発達がスムーズになり、子供の学習能力が向上しやすくなります。

そこで、ここでは青汁が育脳に役立つ理由について解説していきます。

育脳とは

長い間、才能は「天から与えられるもの」とされてきました。そのため、子供における知能の発達は、親からの遺伝による要素が大きいとされていました。

近年では、さまざまな分野で研究が進み、子供の知能には遺伝だけではなく環境的な要素が大きく関わるということがわかっています。このようなこともあり、現代では子供に幼少時から「育脳」することが一般的になってきています。

育脳とは、読んで字のごとく「脳を育てる」ことをいいます。一般的には、育脳は「脳の発達を促す行動・活動」を指すことが多いです。

このような育脳に対する関心度はかなり高く、脳の発達を促す「知育玩具」や「知育教材」などの需要は年々増加しています。実際に、とあるアンケート調査では、母親の約80%が子供を知育玩具で遊ばせていると答えています。

脳の成長期は幼少時におとずれる

人体に「成長期」があるということは、ほとんどの人が認識していることです。成長期とは、身長や体重などの身体の発達が著しい時期のことをいいます。一般的には、「思春期を迎えた後の3~4年」を成長期とすることが多いです。

これに対して、「脳の成長期」は幼少時に訪れます。具体的には、人間における脳の発達は、3歳までにほぼ完成するということがわかっています。そして、6歳になる頃までには、大人とほとんど変わらない能力をもつといわれています。

このとき、成長期での発達に適した環境を整えると、思考力や記憶力などが優れた脳になりやすくなります。そのため、「育脳」が効果を発揮しやすいのは、6歳ごろまでの幼少期であるといえます。

とはいえ、脳は20歳頃まで成長を続けていることがわかっています。そのため、頭の良い子を育てるためには、幼少期を終えたあとも「脳の発達に適切な環境作り」を整えてあげることが大切です。

脳の成長とは?

体の成長期では、成長の具合がひと目でわかります。そのため、ほとんどの人が「体の成長=体が大きくなって大人に近づくこと」と認識していることでしょう。

これに対して、当然のことながら頭の中を覗くことはできません。そのため、脳の成長具合を目視で確認することはできません。

また一般的に、頭が大きいと脳のサイズも大きいです。そして、脳が大きいと、その分だけ脳を構成する細胞の数も多くなりやすいです。

ただ、多くの人が知っているように、「頭の大きさ=知能の高さ」ではありません。そのため、「脳を構成する細胞の増加=脳の成長」とは限らないといえます。

では、脳の成長とは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか。

これの答えとしては、「神経細胞における情報伝達能力の向上」ということができます。

というのも、脳内には数え切れないほど多くの「神経細胞」が存在しています。このような神経細胞には、「シナプス」という「手」のようなものがあります。

このような「神経細胞の手」からは「神経伝達物質」が放出されます。このような神経伝達物質は、他の神経細胞とコミュニケーションを取るための「言葉」や「手紙」などのようなものです。

そのため、神経細胞は、「神経伝達物質」という手紙を「シナプス」という手で受け渡しすることによって情報を伝えているといえます。

このとき、このような神経細胞同士のコミュニケーションがスムーズに行われると、「脳の処理能力が高い」状態になります。

というのも、脳は部位によって処理する情報の種類が異なります。具体的には、脳には「言葉を処理する部位」や「記憶を処理する部位」などの、さまざまな「担当部署」があります。

ただ、これらの担当部署は、単独で働くことはありません。例えば、絵本の内容を理解するためには、絵本に書かれている言葉や絵などを理解し、過去の記憶と照らし合わせる必要があります。

そのため、絵本を読むと、「言葉担当」と「理解担当」、「記憶担当」などの、脳内におけるさまざまな部署が互いに連携しようとします。

このような部署同士のコミュニケーションは、多くの神経細胞が「伝言ゲーム」のように情報を伝えていくことによって行われます。

このとき、伝言を伝えるスピードが遅いと、部署同士の情報交換がうまくいきません。すると、絵本に書かれている言葉や絵などが理解しづらくなります。

一方で、神経細胞同士の伝言ゲームが正確に素早く行われると、担当部署同士での情報交換が素早く行われるため、理解力や想像力、推察力などが高くなります。

そのため、神経細胞の情報交換がスムーズに行われると、絵本の理解度が向上したり絵本からさまざまなことを学習したりしやすくなります。

このように、「脳の能力」を決めるのは「神経細胞の伝言ゲーム能力」です。このようなことから、脳の成長とは「神経細胞同士が効率よく情報交換できるようになることである」といえます。

脳の成長に必要な栄養素

「体が成長するために、さまざまな栄養素が必要不可欠である」ということは、多くの人が知っている事実です。実際に、成長期に十分なカルシウムを摂らせるために、牛乳を常備しているという家庭は珍しくありません。

これと同様に、体の一部である「脳」が成長するためにも、質の良い栄養素をしっかり摂る必要があります。

例えば、「伝言ゲーム」の担い手である神経細胞が作られるためには、タンパク質や脂質などの材料が必要です。特に、脂質は神経細胞を取り囲む「膜」の材料となります。そのため、摂取する脂質の種類は、神経細胞の働きに大きな影響を与えます。

というのも、脂質には常温で固体の「飽和脂肪酸」と常温で液体の「不飽和脂肪酸」の2種類があります。このとき、細胞の膜における飽和脂肪酸の比率が高くなると、膜が固くなりやすくなります。

このようにして細胞の膜が固くなると、「神経細胞の手」が固くなることによって「手紙(神経伝達物質)」の受け渡しが上手く行えなくなります。すると、脳の処理能力が下がることによって、学習能力や記憶能力などが低下しやすくなります。

一方で、細胞の膜における不飽和脂肪酸の比率が高くなると、神経細胞同士のコミュニケーションがスムーズに行いやすくなります。そのため、脳の成長期には、「神経細胞の膜となる不飽和脂肪酸」をしっかり摂ることが大切であるといえます。

このような中、「DHA」や「αリノレン酸」などの不飽和脂肪酸は、細胞膜の材料となる脂質です。多くの人が知っているように、DHAは魚に多く含まれている栄養素です。このようなことから、魚をたくさん食べてDHAをしっかり摂ると、「頭が良くなる」といわれています。

また、神経細胞が活動を行うためには、エネルギー源が供給される必要があります。このとき、神経細胞が栄養とできるエネルギー源には、ぶどう糖やケトン体などのさまざまな種類があります。

ただ、子供は大人に比べて、「ぶどう糖以外を燃やす機関」が未熟です。そのため、子供は大人よりも、「ぶどう糖を摂らなければいけない体質」となっています。

このようなぶどう糖は、白飯やパン、麺類などに含まれています。そのため、子供における脳の発達を考えるのであれば、このような主食をしっかり食べさせることが大切です。

また、このようなぶどう糖をエネルギー源として燃やすためには、ビタミンB群が必要です。さらに、神経細胞が作られるためには、亜鉛や葉酸、ビタミンB12などのさまざまなビタミンやミネラルなどの助けを借りる必要があります。

そして、神経細胞同士がうまくコミュニケーションを取るためには、カルシウムやマグネシウムなどの栄養素が不可欠です。そのため、脳の働きを高めるためには、さまざまなビタミンやミネラルなどをバランス良く摂る必要があります。

このように、脳の働きを担っている神経細胞が働くためには、さまざまな栄養素が必要不可欠です。そのため、脳を発達させるためには、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

青汁が育脳に効果的な理由

前述のように、脳を育てるためには、さまざまな栄養素をバランスよく摂る必要があります。ただ、現代の子供は、脳の発育に必要な栄養素が不足しがちな傾向にあります。

このような状態では、「脳に良い習い事」をさせてもその効果が発揮されないことになります。そのため、子供における脳の発育が気になるのであれば、現在の食事内容を改めて見直してみることが大切です。

現代的な食生活では脳が必要とする栄養が不足しやすくなる

昔の日本では、魚や卵、大豆などが主なタンパク源となっていました。これに対して現代の日本では、食肉の消費量が魚を上回っています。

このような食肉は、良質なタンパク源です。そのため、食肉は、タンパク質の摂取という観点から見ると質の高い食材です。

ただ、食肉に含まれている脂質は、「飽和脂肪酸」がほとんどです。前述のように、飽和脂肪酸を摂り過ぎると、細胞の膜が固くなって「手紙のやり取り」が行われにくくなります。そのため、食肉は「育脳」という観点から見ると、摂取量をほどほどにしたほうが良い食材といえます。

また、現代の日本における子持ち世帯では、両親ともに働いていることかなり多いです。このような共働き世帯では、食事の準備に割ける時間がかなり少なくなります。

そして、一般的に、共働き世帯は片働き世帯よりも、金銭的に余裕があることが多いです。そのため、共働き世帯では、食事を惣菜や外食、レトルト食品などに頼る機会が増えやすくなります。

ただ、惣菜や外食、レトルト食品などには、コストの問題や調理法の制限などによって、野菜があまり含まれていません。そのため、このような食事を摂る機会が多いと、野菜に含まれている栄養の摂取量が不足しやすくなります。

また、料理は作ってから時間が経過すると、栄養価が下がりやすいです。

ただ、惣菜だけではなく、外食であっても提供時間を短縮するために「作りおき」をしていることがほとんどです。そのため、惣菜や外食などばかり食べていると、体に必要な栄養が補いきれない可能性が高くなります。

とはいえ、このような食品などを利用している子育て世帯の多くは、「惣菜や外食、レトルト食品が好きだから食べている」というわけではありません。「忙しくて食事を作る時間がない」から、これらを利用しているのです。

このような中、共働きで忙しい世帯が食事を作る時間を捻出しようとすると、睡眠時間や子供との時間などを削る必要があります。

多くの人が認識しているように、睡眠時間が少なくなると風邪を引きやすくなったりイライラしやすくなったりします。これらはどちらも、子供にとっていい状態であるとはいえません。

また、世の中にはさまざまな「育脳方法」が出回っていますが、もっとも効果のある育脳法は「親子の時間を大切にすること」です。そのため、育脳のために子供との時間が少なくなってしまっては、本末転倒であるといえます。

現代日本では「バランスの良い食事」を意識しても栄養不足に陥りやすい

前項で述べたように、日々の食事を外食や惣菜、レトルト食品で済ませることが多いと、栄養不足に陥りやすいです。ただ、このような栄養不足は、健康のために自炊を心がけている世帯であっても、他人事ではない問題です。

というのも、栄養素の中には、熱で壊れたり水に溶けたりしやすいものがあります。このような栄養素は、加熱や水を使った調理などによって失われやすいです。

このような「調理による栄養の損失」を限りなく少なくして栄養価の高い食事を用意するためには、専門的な知識や経験などが必要となります。そのため、時間を割いて自炊をしていても、知らず知らずのうちに摂取する栄養が偏っていることが少なくありません。

また、現在の日本では、栽培技術の進歩によって「旬ではない野菜」が通年手に入る環境にあります。ただ、このような旬ではない野菜は、旬に採れた同じ野菜に比べて、栄養価が低いことがわかっています。

このような栄養価の低い野菜を使用すると、献立に野菜をたくさん取り入れても十分な栄養を摂ることができません。このようなことから、「自炊しているから栄養不足にはならない」とはいえないということがわかります。

青汁を飲むと野菜の栄養を効果的に補給できる

すでに述べたように、神経細胞が正常に働くためには、ビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかり摂る必要があります。ただ、現代の子どもたちは、さまざまな要因によってビタミンやミネラルなどの栄養素の摂取量が不足しがちな環境にあります。

青汁は、このような現代人の栄養不足を補うのに最適な飲料です。

というのも、青汁の材料は緑黄色野菜です。そのため、青汁には、野菜の持つビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

また、市販の青汁に使われている野菜は、一般的に食べられている野菜よりも栄養価の高いです。さらに、大手メーカーによる青汁は、旬に収穫されたものを加工して作られています。そのため、このような青汁は、栄養価がかなり高い飲料となっています。

そして、大手企業が作っている青汁は、栄養の損失が最小限となる方法を選んで作られています。

例えば、大手薬品メーカーである大正製薬は、素材をまるごと粉砕することによって、野菜の栄養を余すところなく摂取できるようにしています。

また、老舗青汁メーカーであるキューサイは、収穫した素材を収穫してから24時間以内に加工し、急速冷凍することによって栄養の損失を防いでいます。

このように、大手メーカーによる市販の青汁は、不足しやすい栄養を補うのに最適な飲料です。そのため、青汁を生活に取り入れると、栄養をしっかり補給することができ、健全な脳の発育をサポートすることができるといえます。

青汁にはDHAが壊れるのを防ぐ成分が含まれている

すでに述べたように、脳が健全に発育するためには、DHAやαリノレン酸などの脂質をしっかり摂取することが大切です。ただ、これらの脂質には、「酸化しやすい」という性質があります。

脂質が酸化すると、細胞における膜の材料としては使えなくなります。また、酸化した脂質は、体内の細胞を傷つける性質をもちます。そのため、育脳のためにDHAを摂取しても、摂り方によってはかえって体に害となることがあります。

このような中、ビタミンEには脂質の酸化を抑える働きがあります。そのため、DHAやαリノレン酸などは、ビタミンEと一緒に摂るように意識することが大切です。

そして、青汁には、このようなビタミンEが豊富に含まれています。そのため、日々の食事とともに青汁を飲むようにすると、脂質の酸化が防がれることによって、摂取したDHAやαリノレン酸などの脂質が有効に活かされやすくになります。

食物繊維にも育脳効果がある

前述のように、子供の脳が成長するためには、ぶどう糖を含む糖質食品をしっかり摂る必要があります。ただ、糖質食品の種類によっては、脳の発育にかえってマイナスに働くことがあります。

というのも、白飯やパン、甘いお菓子などは、栄養が「吸収しやすい形」となっています。そのため、これら食品を食べると、すぐに吸収されて血液中に大量のぶどう糖が流れるようになります。

このようにして血液中の糖が急に増えると、これを普段の状態に戻すために「インスリン」というホルモンが分泌されます。すると、血液中の糖がインスリンの働きによって少なくなっていきます。

このようなインスリンは、血液中の糖が多いほど分泌量が多くなります。そのため、白飯やパン、甘いお菓子などを食べると、インスリンが大量に分泌されることになります。

このようにして大量のインスリンが分泌されると、血液中の糖が急に少なくなります。これは、脳にぶどう糖が供給されにくい状態です。そのため、ぶどう糖が一気に吸収されると、食後に一定時間「脳が働きづらい状態」が生じることになります。

一方で、ぶどう糖が吸収されづらい食品は、子供には向かないケースがあります。例えば玄米は、糖の吸収スピードが遅い代表的な食品の1つです。そのため、玄米は「白飯よりも健康的な食品である」といわれることが多いです。

ただ、子供の消化器官は大人よりも未熟です。そのため玄米は、子供の消化器官では消化しきれないことがあります。

このようにして主食がうまく消化できないと、必要な栄養が吸収できないことによって栄養不足となる可能性があります。このようなことから、玄米は子供には向かない食品であるといえます。

このような中、植物性食品に含まれている成分である「食物繊維」には、糖の吸収スピードを遅くするという働きがあります。そのため、白飯やパンなどと一緒に食物繊維を摂るようにすると、ぶどう糖の吸収スピードが抑えられやすくなります。

このようにしてぶどう糖の吸収スピードが緩やかになると、血液中には徐々にぶどう糖が流れていきます。すると、脳には持続的にぶどう糖が供給されることになります。

そのため、食事と一緒に食物繊維を摂るようにすると、神経細胞が働きやすい環境が長続きしやすくなります。

そして、野菜を原料にして作られる青汁には、このような食物繊維が豊富に含まれています。そのため、日々の食事に青汁を取り入れると、脳の発育に適した状態になりやすくなります。

このように、青汁には脳の発育に役立つさまざまな成分が豊富に含まれています。

また、市販の青汁は、水に溶かしたり解凍したりするだけですぐに飲むことができます。そのため、青汁を利用すると、忙しくても手軽に栄養補給ができるようになります。このようなことから、青汁は現代の子供における育脳に最適な飲料であるといえます。

脳を育てるための青汁レシピ

前項で述べたように、青汁は脳の発達に必要な成分を多く含んだ健康飲料です。そして、このような青汁は、飲み方を工夫すると育脳効果がさらに向上します。

また、青汁は料理に使うこともできます。青汁を料理に使うと、他の食材と組み合わせて摂取しやすくなり、さらに栄養バランスが整いやすくなります。

そこで、以下に脳を育てるための青汁における手軽な利用方法について紹介していきます。

青汁豆乳

前述のように、神経細胞は「神経伝達物質」という「手紙」を受け渡ししあうことによって情報伝達を行っています。このような神経伝達物質は、アミノ酸を元に作られます。そのため、青汁は、このようなアミノ酸を含む食材と一緒に摂ることをおすすめします。

例えば、乳製品や大豆製品、卵などは、このようなアミノ酸が豊富に含まれている食材です。そして、この中でも特に、大豆製品の一種である豆乳は、青汁と一緒に飲むのがオススメの飲料です。

というのも、大豆製品には「レシチン」という成分が含まれています。このようなレシチンは、神経伝達物質の材料となったり神経細胞を活性化させたりする働きがあります。そのため、大豆製品は育脳効果の高い食材であるといえます。

そして、このような大豆製品のうち、豆乳は調理する必要のない食材です。そのため、仕事などで忙しくても、豆乳に青汁を溶かして飲むだけで脳の発育に役立つさまざまな成分を簡単に摂ることができます。

また、子供が豆乳を嫌うようであれば、牛乳に青汁ときなこを溶かして飲むことをおすすめします。多くの人が知っているように、きなこの原材料は大豆です。そのため、きなこには、大豆がもつレシチンなどの成分含まれています。

さらに、きなこは豆乳よりもクセが少なく、香ばしいことによって子供が好みやすい味となっています。そのため、「牛乳+きなこ+青汁」は、子供でも美味しく飲みやすい飲料に仕上がります。

そして、このように豆乳や牛乳などに青汁を溶かす場合は、はちみつやオリゴ糖などで甘味をつけるようにしましょう。そうすることで、青汁が美味しく飲めるだけではなく、これらに含まれている栄養や食物繊維などを摂ることができます。

青汁混ぜご飯

「混ぜご飯」などは、忙しかったり疲れていたりすることによって食事を作る時間がないときに頼りになるメニューの1つです。そして、青汁は、このような混ぜご飯にも合う食材です。

というのも、すでに述べたように、青汁の原料は緑黄色野菜です。また、最近の市販青汁は、子供でも飲みやすい風味に仕上げられていることが多いです。そのため、市販の青汁は、「野菜」として料理に使用することができます。

そして、青汁混ぜご飯を作る際には、缶詰の魚をほぐして混ぜることをおすすめします。そうすることによって、魚に含まれているDHAやタンパク質などをしっかり補給することができます。

ただ、このようにして缶詰の魚を混ぜると、おにぎりには適さなくなります。そのため、混ぜご飯でおにぎりを作る場合は、缶詰の魚ではなくかつおぶしやしらすなどを入れるようにしましょう。

また、混ぜご飯の一種であるチャーハンを作る場合には、青汁を入れるタイミングに注意する必要があります。というのも、前述のように、栄養素の中には熱に弱いものがあります。そのため、青汁を加熱すると、青汁に含まれている栄養素が壊れて少なくなります。

このようなことから、青汁は仕上げの際に使用することが大切であるといえます。そうすることで、青汁に含まれる栄養の損失を最小限にすることができます。

青汁タレ

前述のように、青汁は緑黄色野菜を原料としています。そのため、青汁はさまざまな料理に混ぜ込むことができます。

また、青汁を調味料などと混ぜるだけで、簡単に「タレ」や「ソース」などを作ることができます。このようにして作った青汁タレ・ソースは、抹茶風味となります。そのため、青汁タレ・ソースは、栄養価が高いだけではなく、さまざまな料理を上品な味に仕上げる調味料となります。

例えば、青汁を味噌と混ぜて甘味をつけると、抹茶味噌のような風味の「青汁味噌」を作ることができます。このような青汁味噌は、焼き魚やかまぼこ、野菜などのさまざまな料理に使うことができます。

また、青汁に顆粒だしと水を加えて片栗粉でとろみをつけると、あっさりとした和風の青汁タレとなります。このような青汁タレは、肉料理や野菜などに合います。

さらに、ゴマダレやマヨネーズなども、「青汁タレ」の材料におすすめです。これらの調味料は、香ばしさやまろやかさなどによって子供に好まれやすい味です。

特に、マヨネーズに使われている卵には、神経細胞の働きを助ける「レシチン」が含まれています。そのため、青汁とこのような調味料を合わせると、育脳に適した食事を作りやすくなります。

そして、青汁をホワイトソースやチーズソースなどに混ぜると、洋風のソースを作ることができます。このような青汁ソースを焼き魚などに使用すると、簡単に洋風の料理を作ることができます。

このように、青汁は調味料と合わせることによって、さまざまな風味のたれを作ることができます。

また、合わせることができる調味料は数多くあります。そのため、まずは自宅に常備している調味料と混ぜて試してみましょう。そうすることで、青汁の栄養を手軽に摂ることができるようになります。

青汁ドレッシング

前項で述べたように、青汁を調味料と混ぜると、簡単に青汁タレを作ることができます。また、青汁は、市販のドレッシングと混ぜることによって「青汁ドレッシング」を作ることもできます。

例えば、青汁を市販のフレンチドレッシングと合わせると、色鮮やかで爽やかな風味のドレッシングになります。また、和風ドレッシングやごまドレッシングなどと合わせても、美味しい青汁ドレッシングを作ることができます。

また、市販のドレッシングのうち、アマニ油やえごま油などを使用したドレッシングと青汁を混ぜると、より育脳効果の高いドレッシングを作ることができます。

というのも、これら油には、不飽和脂肪酸の一種であるαリノレン酸が含まれています。すでに述べたように、αリノレン酸は育脳効果の高い脂質です。

そして、青汁に含まれているビタミンEは、αリノレン酸の酸化を防ぐ作用があります。そのため、アマニ油やえごま油などのドレッシングに青汁を混ぜると、これら油に含まれているαリノレン酸を有効に活用しやすくなります。

このように、青汁は調味料だけではなくドレッシングと混ぜて使うこともできます。そして、このようにして青汁ドレッシングを作ると、さまざまな料理で青汁を摂ることができるようになります。

青汁シロップ

すでに述べたように、最近の市販青汁は、抹茶のような風味のものが多いです。そのため、市販の青汁は、抹茶と同様の使い方ができるといえます。

例えば、青汁を使ってプリンを作ると、抹茶プリンのような風味の「青汁プリン」ができあがります。また、ケーキやクッキーなどに青汁を混ぜると、抹茶ケーキ・抹茶クッキー感覚で食べられるおやつになります。

さらに、青汁をはちみつやオリゴ糖などと混ぜると、簡単に「青汁シロップ」を作ることができます。

このような青汁シロップは、抹茶シロップの代わりに、アイスクリームやヨーグルト、ホットケーキなどにかけて使用することができます。そのため、青汁シロップを作ると、さまざまなおやつで青汁を摂ることができるようになります。

このように、青汁には脳の健全な発達に役立つさまざまな成分が含まれています。そのため、子供に「頭のいい子に育って欲しい」と願うのであれば、青汁を飲ませることをおすすめします。

また、青汁を他の食材と一緒に摂ることによって、さらに脳の発達に適した環境が作られやすくなります。そのため、青汁を、これまでに述べたような方法で生活に取り入れてみましょう。そうすることで、育脳に適した食生活を無理なく続けることができるようになります。