清潔感は、人の印象を大きく左右する要素の一つです。

例えば、「容姿はイケメン・美女だが不潔な人」と「容姿は良くないが清潔な人」の2人のうち、「前者の方が好印象である」と答える人はほとんどいないでしょう。

また、このような「清潔感」を構成している要素の一つが「ニオイ」です。そのため、髪型をキレイに整えたり素敵な服を着たりしても、体臭や口臭などがきつければ、印象が台無しになるといえます。

ただ一般的に、人は自分のニオイに気づくことができません。そのため、意識してニオイケアをしなければ、知らず知らずのうちに体臭や口臭などによって他人に不快な思いをさせていることがあります。

このような中、青汁はこのような体臭・口臭を内側から改善する効果のある飲み物です。そのため、青汁を習慣的に飲むと、体臭や口臭などが生じにくい体質となります。

そこで、ここでは青汁が体臭・口臭の改善に効果的な理由について解説していきます。

なぜ体臭や口臭などがクサくなるのか

どんなことであれ、人の好みはそれぞれ異なります。そのため、人によって「好きなニオイ」や「嫌いなニオイ」などは異なります。

とはいえ、多くの場合、「強すぎるニオイ」は不快に感じる人が多いです。そのため、一般的に「良い香り」とされている香水であっても、付けすぎると悪臭を放つことになります。

このとき、このような香水は、「体のニオイを消す」のではなく「体臭に香水のニオイを加える」という働きをします。そのため、強い体臭は、香水によって相殺されることはありません。

そして、むしろ強い体臭に香水が加わることによって、ニオイが強くなってより不快なニオイとなりやすくなります。そのため、体臭や口臭などを改善するためには、根本的な原因にアプローチすることが大切です。

このとき、「しばらく頭や体などを洗わない」などの不潔な生活を送ると、体臭が悪化するということは周知の事実でしょう。

ただ、悪臭の中には、生活習慣の乱れによって生じるものがあります。

そして、すでに述べたように、体臭や口臭などの「自分のニオイ」は、自身では気付けないケースが多いです。そのため、これから述べるように、「生活習慣の乱れ」がある人は、自分のニオイが悪化している可能性が高いと認識する必要があります。

加齢臭は「おじさんだけに生じるニオイ」ではない

一般的に、「加齢臭」は「男性が年を重ねることによって生じるニオイ」と認識されています。実際に、加齢臭は「親父臭」と喚ばれることもあり、40代を超える男性から生じていることが多いです。

ただ、このような加齢臭は、若い男性や女性などにも生じることがあります。これは、加齢臭が「皮脂が酸化すること」によって発生するニオイであるためです。

具体的にいうと、皮脂中に含まれている「パルミトレイン酸」という物質が「過酸化脂質」とくっつくと、「ノネナール」という物質が生じます。

このようなノネナールは、「枯れ草」や「ろうそく」などのニオイを持っており、加齢臭の原因物質です。そのため、前述した過程によってノネナールがたくさん発生すると、加齢臭が生じることになります。

このとき、皮脂中に含まれるパルミトレイン酸の量は、加齢とともに増えていくことがわかっています。そのため、年を重ねると、パルミトレイン酸の量が増えることによって、ノネナールが増加しやすくなります。

とはいえ、若い人の皮脂にも、パルミトレイン酸は含まれています。そのため、年齢が若い人であっても、条件によっては加齢臭が生じることがあります。

さらに、すでに述べたように、ノネナールが生じるためには、パルミトレイン酸だけではなく「過酸化脂質」が必要となります。

過酸化脂質とは、「活性酸素」などによって酸化された状態の脂質のことです。そのため、体内の活性酸素が多いと、ノネナールが生じやすくなることによって加齢臭が起こりやすくなります。

このような活性酸素は、体内で日常的に発生している物質です。そのため、体内で過酸化脂質が生じるのを完全に防ぐことは不可能といえます。

ただこのとき、健康的ではない生活を送っていると、体内の活性酸素が増えやすくなります。これは、以下に述べるように、生活習慣と体内における活性酸素の量は、密接に関係しているためです。

生活習慣が乱れると体が酸化しやすくなる

活性酸素は、触れた物質を酸化させる能力が強い酸素のことです。このような作用を「酸化作用」といいます。

「酸化」という現象は、日常的にもよく起こります。例えば、金属のサビは、金属が酸素によって酸化されることで生じます。また、切ったりんごを置いておくと、表面が茶色く変色します。これも、りんごの切り口が酸化したことによって生じる現象です。

このように、活性酸素がもつ酸化作用は、触れた物質を変性させることができます。そのため、体内で活性酸素が発生すると、細胞が傷ついて正常な働きが失われ、組織の機能が低下しやすくなります。

実際に、加齢によって起こるさまざまな症状は、「活性酸素が組織の機能を低下させることによって生じている」ということがわかっています。

ただ、このような活性酸素は、体内で日常的に発生しています。例えば、わたしたちの細胞は、酸素を利用してエネルギーを生み出しています。このとき、細胞が利用する酸素の一部は、活性酸素となります。

また、活性酸素は、体内でウイルスなどの病原体を殺すために放出されています。そのため、感染症にかかると、体内に多くの活性酸素が発生します。

さらに、ストレスや寝不足などが生じると、体内で活性酸素が増えやすくなります。そのため、生活が乱れている人は、規則正しい生活を送っている人よりも「活性酸素によって老化しやすい」といわれています。

とはいえ、このようにして体内に活性酸素が生じても、体の機能がすぐに低下するわけではありません。これは、体内で生じた活性酸素は、体内に存在している抗酸化酵素や食物中に含まれる抗酸化物質などによって消去されているためです。

ただこのとき、抗酸化酵素が働くためには、亜鉛や銅などのミネラル類が必要不可欠です。

また、ビタミンCやビタミンEなどのビタミン類は、強い抗酸化作用を持つ物質です。そのため、これら栄養素の摂取量が足りないと、抗酸化酵素が働きにくくなることによって活性酸素が消去されにくくなります。

そして、現代の日本人は、これら栄養素が慢性的に不足している傾向にあるといわれています。これは、日本人の多くが「野菜不足」であるためです。

というのも、国が定める健康指針では、1日あたり350g以上の野菜を食べる必要があるといわれています。これは、生の野菜で換算すると、両手で3杯分程度の量になります。

これに対して、日本人が実際に消費している1日あたりの野菜量は、平均で約280gです。このようなことから、日本人は野菜の摂取量が少ないことがわかります。

そして、このような野菜は、ビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいる食材です。そのため、野菜を食べる量が少なくなると、それに応じてビタミン・ミネラルの摂取量も不足しやすくなります。

さらに、ご飯や麺類、揚げ物などのエネルギー源となる栄養素は、ビタミンやミネラルなどを消費させます。そのため、食生活が乱れてこのような食品ばかり食べていると、体内のビタミン・ミネラルが少なくなりやすいです。

このように、現代の日本人はビタミンやミネラルなどの摂取量が不足傾向にあります。そして、これによって体が酸化しやすい状況となっており、さまざまな悪臭の原因となっているのです。

食生活の乱れは頭皮の悪臭にもつながる

一般的に、耳の裏や頭などは、体臭が生じやすい部位だといわれています。そのため、自身の体臭を気にする人は、このような部位をしっかり洗っているケースが多いです。

一方で、とあるアンケート調査では、半数以上の人が「頭の後ろから首にかけての部位を意識して洗っていない」と答えています。これは、このような部位が「臭わない部位である」と思われているためだと考えられています。

ただ実際には、頭の後ろや首などは、「ミドル脂臭」と呼ばれるニオイが生じやすい部位です。ミドル脂臭とは、30~50代の男性に生じることが多い「酸化したアブラ」や「生ゴミ」などに例えられるニオイのことです。

このようなミドル脂臭は、乳酸が皮膚上で分解されて生じる「ジアセチル」という物質によって発生します。具体的にいうと、ジアセチルと皮脂の臭いが混ざることによって悪臭となります。

また、ジアセチルは、人が不快に感じやすいニオイを強力に放つ物質です。そのため、ジアセチルによって生じるミドル脂臭は、「口臭や足のニオイなどの約1.5倍臭く感じる」といわれています。

このようなジアセチル発生の原因となる乳酸は、汗の中に含まれています。そして、食生活が偏ると、汗に含まれる乳酸の量が多くなることがわかっています。

というのも、乳酸は糖質を代謝する際に生じます。このようにして生じた乳酸は、エネルギー源として使用されます。ただ、糖質の過剰摂取によって乳酸の量が多くなりすぎると、エネルギー源として燃やしきれずに体に溜まりやすくなります。

このようにして体内に乳酸が溜まると、体が酸性に傾いてさまざまな悪影響があります。そのため、体内に貯まった乳酸は、汗などと一緒に体外へ排出されます。このようなことから、糖質を摂取しすぎると、汗に乳酸が混ざりやすくなることがわかります。

また、乳酸を代謝するためには、ビタミンB1が必要不可欠です。そのため、ビタミンB1が不足すると、乳酸が生じやすくなります。

そして、汗中の乳酸が増えると、その分だけジアセチルが生じやすくなります。そのため、糖質の摂り過ぎは、ミドル脂臭を発生させやすくするといえます。

さらに、脂質の摂取量が多くなると、皮脂の分泌量が増えます。前述したように、皮脂は「ミドル脂臭を構成する要素」の1つです。そのため、脂質を摂り過ぎると、ミドル脂臭が発生するリスクが高くなるといえます。

このように、食生活が乱れることによって摂取する栄養が偏ると、「ミドル脂臭」という悪臭によって周囲を不快にさせるリスクが高くなります。

また、食生活が偏ると、便秘も起こりやすくなります。そして、これから述べるように、便秘も体臭を「悪臭」に変化させる原因となります。

便秘になると体臭・口臭が臭くなる

多くの人が知っているように、便には食べた食品の残りカスが含まれています。そのため、便のニオイは、食べたものや体調などによって変化します。

とはいえ、便のニオイを「良いニオイ」と感じる人はほとんどいないでしょう。多くの人にとって、便は「クサイもの」であるはずです。そのため、便秘が生じるということは、腸内に「クサイものが溜まる」ということになります。

このようにして腸内に留まった「悪臭の元」は、腸から吸収されて体内へと入っていきます。そして、血液にのって全身へと運ばれていきます。

ただ、このような「悪臭の元」は、体にとって有害な物質です。そのため、体内を巡った「悪臭の元」は、やがて呼気や汗などと一緒に体外へ排出されます。

当然のことながら、「悪臭を放つ物質」が呼気や汗などに混ざると、口臭や体臭などが悪臭となります。このようなことから、便秘になると口臭・体臭が悪化しやすくなることがわかります。

そして、便秘は食生活と密接に関係している症状です。具体的にいうと、野菜の摂取量が不足したり脂質やタンパク質などの摂取量が多くなったりすると、便秘が起こりやすくなります。

というのも、便のかさを増やす働きのある「食物繊維」は、植物性食品にしか含まれない成分です。そのため、野菜を食べる量が少ないと、食物繊維の摂取量が足りなくなって便の量が減少します。

このようにして便の量が少なくなると、その分だけ排便する機会が少なくなります。そのため、食物繊維の摂取量が足りないと、「腸内に便が溜まる=便秘」が起こりやすくなります。

また、このような食物繊維は、腸内における「善玉菌」の栄養源となります。そのため、食物繊維をしっかり摂っていると、腸内の善玉菌が増えて「腸内環境が良い状態」となります。

このようにして善玉菌の数が増えると、悪玉菌の勢力が弱くなります。悪玉菌は、腸の働きを低下させる有害物質を放出する腸内細菌です。

このような有害物質によって腸の働きが低下すると、その分だけ便を排出する力が弱くなります。そのため、食物繊維を摂って腸内環境を良くすると、悪玉菌の有害物質による便秘が起こりにくくなります。

一方で、このような悪玉菌は、脂質やタンパク質などを栄養源にします。そのため、揚げ物や肉などばかり食べていると、腸内環境が悪化して便秘が起こりやすくなります。

このように、食生活が乱れると、悪臭の原因となる便秘も起こりやすくなります。そのため、体臭が気になるのであれば、食生活を正すことが大切です。

たばこは悪臭の大きな原因

たばこを吸っている人にとっては、たばこのニオイは「悪臭である」と感じないことでしょう。

とはいえ、「非喫煙者はたばこのニオイを不快に感じやすい」ということは、広く知られた事実です。そのため、非喫煙者に配慮して喫煙者の多くは、体にたばこのニオイがつかないように気を配っています。

ただ、たばこに含まれる「悪臭物質」は、血液にのって全身を巡ります。そして、このような物質は、呼気や汗などから排出されます。

そのため、たばこを吸う習慣がある人は、服などにニオイがつかないように気をつけていても、たばこのニオイを放っていることがあります。

また、たばこに含まれている有害物質は、肝臓によって処理されています。

ただ、肝臓には、体内で生じた老廃物などを無害化するという働きもあります。そのため、たばこによって体内の有害物質が増えると、肝臓による老廃物の処理が追いつかなくなることがあります。

このようにして処理しきれなかった老廃物は、血液にのって全身を巡り、やがて呼気や汗などによって排出されます。

このとき、このような老廃物の中には、アンモニアなどの「悪臭を放つ物質」があります。そのため、たばこを吸うことによって肝臓の働きが追いつかなくなると、老廃物のニオイによって口臭や体臭などが悪化しやすくなります。

体臭がクサイ=ワキガ?

日本では、体臭がクサイ人のことを「ワキガ」ということがあります。そのため、食生活の乱れや入浴しないことなどによって生じる悪臭が「ワキガ」とされるケースが少なくありません。

ただ実際には、「ワキガ」は「体臭がクサイ人」を指す言葉ではありません。また、不潔によって生じるニオイが「ワキガ」というわけでもありません。そのため、ワキガによるニオイは、これまでに述べたような「体臭対策」では防ぐことができません。

とはいえ、ワキガのニオイは、正しいケアをすることによって気にならなくなります。そのため、体臭が気になるのであれば、これから述べるような「ワキガに対する知識」を得て、正しいケアをすることが大切であるといえます。

ワキガは遺伝による体質

ワキガは、正式には「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれ、日本ではしばしば「病気」の扱いとされています。そのため、ワキガについて正しい知識のない人は、「ワキガ=病気」というイメージが先行して、「ワキガは人に移る」と思っているケースがあります。

ただ実際には、ワキガは親や祖父母などから遺伝する「体質」です。というのも、ワキガは「汗腺の働きが遺伝的に異なる人」のことであるためです。

具体的にいうと、わたしたちの体に備わっている「汗を出す器官」には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。

これらのうち、エクリン腺は「体温調節のために汗を出す組織」です。そのため、エクリン腺は全身に存在しており、エクリン腺による汗はほとんどが水分です。

一方で、アポクリン腺はわきの下や乳首、下腹部などに多く存在しています。また、アポクリン腺から出る汗には、脂質やタンパク質などが多く含まれています。

これらの汗は、どちらもニオイを伴いません。そのため、汗をかいた時点では、体臭が起こりません。

ただ、わたしたちの皮膚には、「常在菌」が住み着いています。このような菌は、脂質やタンパク質などを分解して「ニオイの強い物質」を作ります。そのため、アポクリン腺からたくさんの汗が出ると、常在菌の働きによって体臭が強くなるといえます。

このとき、人によってはアポクリン腺の働きが活発な人がいます。このような人は、「常在菌のエサが皮膚に生じやすい状態」であるため、体臭が強くなりやすい体質となります。そして、このような体質が「ワキガ」と呼ばれています。

このような「ワキガ体質」は、親などから遺伝します。また、ワキガ体質は、「優性遺伝」と呼ばれる「表面化しやすい遺伝」です。そのため、親や祖父母などにワキガ体質の人がいる場合は、自身もワキガ体質であるケースが多いです。

また、日本人の約15%は、このようなワキガ体質であるといわれています。さらに、白人や黒人などは、ほとんどがワキガ体質であることがわかっています。

そのため、このような人種の多い欧米諸国では、「ワキガであること」が当然となっており、「ワキガ」という言葉自体が存在していません。このようなことから、ワキガは本来病気ではなく、人種の違いなどと同様の「体質の違い」であることがわかります。

正しいケアをすればニオイは気にならなくなる

前述のように、ワキガは遺伝する体質であり、病気ではありません。ただ、日本ではワキガ体質の人が「少数派」です。そのため、ワキガ体質の人は、「自らのニオイをなんとかしたい」と思っているがほとんどです。

とはいえ、ワキガによるニオイは、正しいケアをすることによって改善しやすくなります。これは、すでに述べたように、ワキガのニオイは「常在菌がタンパク質や脂質などを分解することによって生じるニオイ」であるためです。

そのため、ワキガのニオイは、常在菌が少なくなるほど気にならなくなります。このようなことから、ワキガ体質の人は、アポクリン腺が集中している脇などをこまめに消毒殺菌することによってニオイが減少することがわかります。

また、汗に含まれているタンパク質や脂質などは、もともと「食べ物に含まれていた栄養素」です。そのため、これら栄養素を多く含む食肉や揚げ物などを多く食べていると、常在菌のエサが供給されやすくなることによってニオイが強く起こりやすくなります。

このように、ワキガは体質であるため予防や根本的な解決などができないものの、正しい対処をすることによってニオイを和らげることができます。

そのため、自身が以下のような「ワキガ体質」に当てはまるようであれば、体を清潔に保ち、食生活に気を配るようにしましょう。

ワキガ体質の見分け方

一般的な汗臭では、「酸っぱいニオイ」や「腐ったニオイ」、「アブラのニオイ」などを生じます。一方で、ワキガによるニオイでは、「スパイス」や「玉ねぎ」、「苦いニオイ」などの独特なニオイが発生します。

また、ワキガ臭の原因となるアポクリン腺は、耳の中にも存在しています。ワキガ体質ではない人は、耳のアポクリン腺はほとんど働きません。そのため、非ワキガ体質の人の耳垢は、乾いた状態になっています。

これに対して、アポクリン腺が活発な体質の人は、耳垢に脂質やタンパク質などが多く含まれるようになります。そのため、ワキガ体質の人における耳垢は、非ワキガ体質の人におけるものよりも「湿った状態」になります。

さらに、アポクリン腺が活発になると、その分だけ汗に含まれる脂質やタンパク質などの量が多くなります。

そのため、ワキガ体質の人は、アポクリン腺が多い脇などに「脂質やタンパク質などの塊」が付着しやすくなります。具体的にいうと、白い結晶やカスなどのようなものが付着することが多いです。

このように、アポクリン腺が活発な体質の人には、さまざまな特徴があります。そのため、これまでに述べたような特徴に当てはまるようであれば、ワキガ対策を行うことをおすすめします。

そうすることによって、知らず知らずのうちに他人から「クサイ人」のレッテルを貼られることを防ぐことができます。

青汁が体臭・口臭に効果的な理由

これまでに述べたように、体臭や口臭などには食生活が深く関与しています。そのため、体臭などを改善するためには、まず食事の内容を見直すことが大切です。

とはいえ、現代の日本では、食事に気をつけることが難しい環境にあります。というのも、体臭が生じやすい「働き盛りの男性」は、付き合いで飲みの席に参加する機会が多いです。

多くの場合、お酒の席では「ツマミ」となりやすい揚げ物や肉、魚などが出されます。一方で、サラダや煮物などの野菜が出されるケースはまれです。

また、日本では、お酒を飲んだ後にラーメンを食べる習慣がある人が多いです。ただ、ラーメンには脂質や糖質などが多く含まれる一方で、野菜はほとんど含まれていません。そのため、飲みに行く機会が多い人は、野菜の摂取量が不足しやすくなります。

このような中、青汁は、緑黄色野菜を絞ったり粉砕したりして作られた健康飲料です。そのため、青汁には、野菜が持つ栄養素や成分などがたっぷり含まれています。

そして、このような「青汁の成分」の中には、以下のような体臭などに効果のあるものが多いです。そのため、青汁を習慣的に飲むことによって、体臭や口臭などが改善されやすくなります。

青汁には強い抗酸化作用がある

すでに述べたように、体内で活性酸素が増えると加齢臭が生じやすくなります。そして、このような活性酸素は、体内の抗酸化酵素や、食物中に含まれる抗酸化物質などによって消去されています。

これらのうち、抗酸化酵素が働くためには、さまざまなミネラルが必要となります。また、ビタミンの中には抗酸化作用を持つものが多いです。そのため、これらの栄養素をしっかり摂っていると、体内の活性酸素が消去されやすくなります。

このような中、青汁にはこのようなミネラル・ビタミンが豊富に含まれています。さらに、青汁は、強い抗酸化作用を持つ「ポリフェノール」もたっぷり含んでいます。

そのため、青汁を習慣的に飲むと、抗酸化物質や抗酸化酵素の材料などが補給されることによって活性酸素による悪臭が生じにくくなります。

青汁は体臭対策に必須な成分である食物繊維を多く含む

すでに述べたように、食物繊維の摂取量が足りなくなると、便秘が起こりやすくなります。そして、便秘は体臭や口臭などを悪化させる大きな原因の1つです。そのため、体臭を改善したいのであれば、便秘を防ぐために食物繊維をしっかり摂る必要があるといえます。

さらに、食物繊維には、脂質や糖質などの吸収を抑える働きもあります。

これらの栄養素は、どちらも取りすぎることによって体臭が悪化しやすくなります。そのため、食事と一緒に食物繊維を摂るようにすると、脂質や糖質などの摂り過ぎによる悪臭を防ぎやすくなるといえます。

そして、青汁は野菜から作られた飲み物であるため、このような食物繊維が豊富に含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むと、食物繊維の働きによって体臭や口臭などが改善しやすくなります。

青汁にはガムなどにも含まれている天然防臭成分が含まれている

口臭が気になる時、ガムを噛む人は多いです。実際に、ガムを噛むと、唾液が多く出ることによって口内のニオイが減少します。

また、ガムの中には、口臭予防に特化したタイプのものがあります。そして、このような「口臭対策ガム」には、「フラボノイド」や「クロロフィル」などが添加されていることが多いです。

これらの成分は、どちらも植物に含まれている天然の防臭成分です。また、フラボノイドやクロロフィルなどは、ニオイの元となる物質に直接的に働きかけることによってニオイを消去します。

実際に、フラボノイドやクロロフィルなどを含むガムは、そうでないものに比べて口臭を消す効果が高いということが実験で明らかになっています。このようなことから、これらの成分には「高い消臭効果がある」ということがわかります。

前述したように、体臭が悪化する原因の中には、悪臭の元となる物質が体内を巡ることによって生じるものがあります。

このとき、フラボノイドなどが血液の中に存在していると、このような物質が「無臭化」しやすくなります。そのため、フラボノイドなどを含む食品を摂っていると、体臭や口臭などが改善しやすくなります。

そして、青汁はこのようなフラボノイドやクロロフィルなどを多く含む飲み物です。そのため、青汁を習慣的に飲むと、体内の悪臭物質が減少しやすくなり、体臭が改善しやすくなることが期待できます。

このように、青汁には体臭や口臭などを改善するさまざまな栄養素・成分が含まれています。そのため、青汁を毎日飲むようにすると、体臭などによって自身の社会的評価が下がることを避けやすくなります。

そして、このようにして自身のニオイが気にならない日々が続くようになると、「クサイと思われているかもしれない」などの心配が不要になります。このようなことから、青汁には「毎日を前向きに過ごすことが出来るようになる効果」があるといえます。