日本では、胃の症状に悩んでいる人がかなり多いといわれています。実際に、とある調査では、日本人の約4人に1人が慢性的な胃の不調に苦しんでいるとされています。

また、このような慢性的な胃の不調の中には、病院で検査しても原因が分からないケースが少なくありません。そのため、このような「原因不明の胃症状」を抱えている人は、根本的な解決ができずに「胃薬に頼りっぱなし」となることが多いです。

ただ、胃薬も含めて、すべての薬には「副作用」があります。そのため、薬を飲む機会が多くなると、その分だけ副作用が起こるリスクが高くなります。

さらに、薬のほとんどは、「体の状況を無理やり変える力」を持っています。そのため、薬を常用すると体が薬の効果に慣れてしまい、「薬を飲まなければ健康的な体を維持できない」という体質になりやすいです。

このような中、青汁は野菜を絞ったり粉砕したりして作る飲み物であるため、薬のような副作用がありません。また、常用することによって体に害が生じることもありません。

そして、青汁には胃腸の調子を整えたり胃腸を強くしたりするのに効果的な成分が含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むと、胃腸が強くなって不調が起こりづらい体質となりやすいです。

そこで、ここでは青汁が胃腸を強くする理由と、胃腸を強くするための青汁における飲み方について解説していきます。

なぜ胃腸の調子が悪くなるのか?

一般的な生活を送っていれば、「胃に痛みや不快感などが起こったことがない」という人はいないでしょう。

これは、胃は「他の臓器に比べて、自覚症状が現れやすいため」です。そのため、胃に何らかのトラブルが起こると、多くの場合、胃痛や胃もたれなどの「胃の不快症状」が現れることになります。

では、このような胃の症状は、どのようなメカニズムで発生するのでしょうか?

それは、これから述べるように、「胃の働きが異常となったとき」に発生するといえます。

胃もたれや胃痛などが起こるメカニズム

わたしたち人間は生きていくために、食べ物や飲み物などを日常的に摂取しています。そして、このようにして摂取した飲食物は、まず胃の中へと送り込まれます。

このとき、胃の中では、このような飲食物を消化するために「胃液」を分泌します。また胃液には、「塩酸」や「ペプシノーゲン」、「粘液」などが含まれています。

これらのうち、ペプシノーゲンは、胃酸と混ざると「ペプシン」という消化酵素に変化します。そして、ペプシンは、タンパク質を分解して「吸収しやすい形」にする働きを担っています。

また、胃液に含まれている塩酸は、「胃酸」とも呼ばれており、金属さえ溶かすほど強い酸性の液体です。このような塩酸は、胃の内容物を溶かして栄養素を吸収しやすい状態にします。

さらに、胃酸には、食物中に含まれているウイルスや細菌などの病原体を殺すという作用もあります。そのため、胃酸は食物が原因の感染症を防ぐ働きも担っているといえます。

ただ、このような胃酸の働きは、胃そのものにもダメージを与えてしまいます。そのため、胃液には、このような胃酸の作用から胃を守る働きをもつ「粘液」も含まれています。

このような粘液は、胃内部の表面を覆って、胃が胃酸の影響を受けないようにしています。これによって、胃の中に胃酸が分泌されても胃が溶けることなく、健康な状態を保つことができます。

ただこのとき、このような粘液の分泌量が少なかったり胃酸の分泌量が多かったりした場合、「胃の粘膜」が胃酸によってダメージを受けることがあります。

そして、手や足などを擦り剥くと痛みを感じるのと同様に、胃粘膜が荒れると胃痛を生じます。このようなことから、胃液の分泌が正常に行われないと胃痛を生じるということがわかります。

また、胃の内容物が消化されるためには、胃酸とうまく混ざり合う必要があります。そのため、胃に飲食物が入ると、これと胃酸を混ぜるために、胃が伸び縮みを繰り返して胃の中を撹拌します。このような動きを「蠕動運動(ぜんどううんどう)」といいます。

このとき、胃の蠕動運動が活発になると、その分だけ胃液と飲食物が混ざりあうため、消化がスムーズに行われます。

一方で、胃が疲れてうまく蠕動運動できない状態となると、胃の内容物がなかなか消化されないことになります。このように食べたものを上手く消化できないような状態を「消化不良」といいます。

そうすると、胃が伸び切ってたるんでしまい、胃もたれを感じるようになります。このようなことから、胃の動きが弱まると胃もたれが起こりやすくなることがわかります。

このように、胃痛や胃もたれなどの「胃の不快症状」は、胃の働きが異常となることによって起こりやすくなります。そして、胃の働きが低下すると、胃の内容物がしっかり消化されないまま腸へと運ばれることになります。

すると、腸に負担がかかって下痢や便秘などの「腸の不調」が起こりやすくなります。このようなことから、胃の不調は腸にも悪影響を与えるということがわかります。

そして、このような「胃の異常」は、さまざまな原因によって起こります。中でも、「ストレス」は胃の働きに深く関与しており、日本においては、多くの胃腸症状における原因がストレスであるといわれています。

ストレスの多い日本人

「ストレスは胃痛の原因となる」という事実は、広く知られています。

実際に、ストレスが強すぎたり長引いたりすると、胃の不快症状が現れやすくなります。これは、胃の働きには自律神経が関与しており、ストレスはこのような自律神経の働きを乱すためです。

自律神経とは、「人間の生命維持に必要な機能を、無意識下で制御している神経」のことです。このような自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2種類で成り立っています。

多くの場合、これら神経系は正反対の働きをします。例えば、交感神経が働くと、胃腸の動きが抑制されます。一方で、副交感神経が働くと、胃腸の動きが活発になります。

そして通常、これらの神経系は交互に働きます。そのため、交感神経が働くと、その後に副交感神経が働きやすくなります。また、副交感神経が稼動した後は、交感神経が優位になりやすくなります。

ただ、このような自律神経の働きは、ストレスがあると混乱しやすくなります。そのため、ストレスが強すぎたり長引いたりすると、これら神経系の切り替えがうまくいかないことがあります。

特に、交感神経はストレスがあるときに優位になりやすい神経系です。そのため、強いストレスを感じている状態では、交感神経の優位が長く続きやすくなります。

このようにして交感神経の優位が続くと、胃腸の働きが抑制されたままになります。そのため、強いストレスがあると、食欲が低下したり消化不良が起こったりしやすくなります。

また、交感神経の優位が長く続くと、その反動で副交感神経が過剰に働くことがあります。このようにして副交感神経が働きすぎると、胃酸が過剰に分泌されて胃痛が生じやすくなります。

このように、自律神経の乱れは胃の不快症状を引き起こしやすくします。そのため、自律神経を乱れさせるような強いストレスは、胃の不調における原因となるといえます。

日本人の体質に欧米型の食事は適応しにくい

ドラッグストアなどで販売されている胃薬には、さまざまなタイプがあります。

例えば、「胃酸の分泌を抑えて胃痛を改善する薬」や「胃の蠕動運動を促す薬」、「胃の粘膜を増やす薬」などが存在しています。また、日本には、これらの働きを合わせた「総合胃腸薬」も販売されています。

一方で、欧米諸国では、胃薬というと「胃酸の分泌を抑える薬」が一般的です。これは、欧米人における胃の症状のほとんどが「胃酸の過剰分泌による胃痛」であるためです。

というのも、欧米諸国では、昔から動物性食品を多く摂る生活をしてきました。このような動物性食品は、野菜や穀物などに比べて消化しづらい食品です。

そのため、古くから欧米に住んでいる人種は「動物性食品をうまく消化するために、胃酸を分泌しやすい体質となった」といわれています。

これに対して、日本では昔から米などの穀物を主食としてきました。また、時代によっては、宗教の影響によって食肉をほとんど摂らなかったこともあります。

このとき、米などの糖質食品は、食肉に比べて消化吸収しやすい食品です。そのため、米などの糖質食品を主食とした日本人は、欧米人に比べて胃酸の分泌量が少ない傾向にあるといわれています。

ただ、現代の日本人は、「米や野菜などを中心とした伝統的な和食」のみを食べているわけではありません。また、食肉の消費量は年々増加傾向にあり、現代では魚の消費量を上回るほどになっています。

とはいえ、人間の体質は短期間で大きく変わるものではありません。そのため、現代の日本人は、「米食に適した体質」のままである人が多いです。

このような体質の人が食肉を多く食べると、胃酸の分泌量が足りずに消化不良を起こしやすくなります。そして、このようにして消化不良が起こると、胃もたれが生じやすくなるということは、前述したとおりです。

このようなことから、日本人の体質には欧米型の食事は適合しづらいということがわかります。そして、このような「体質に合わない食事」を摂ることによって胃の不快症状が現れている人は少なくありません。

そのため、典型的な日本人体質の人が慢性的な胃の不快症状から逃れるためには、食生活を見直すことが大切であるといえます。

お酒は胃腸の不調を発現させる大きな要因

年末年始になると、胃薬のテレビコマーシャルが急激に増加します。これは、年末年始が「胃に負担がかかりやすい時期」であるためです。

というのも、年末年始にはクリスマスや正月などがあります。

一般的にクリスマスや正月などは、食肉や揚げ物、洋菓子などの「消化の悪いもの」を大量に食べることになります。そのため、年末年始は、消化不良によって胃もたれが生じやすい時期であるといえます。

また、年末年始は、忘年会や新年会などの「飲み会」が増えるシーズンです。そのため、社会人の多くは、この時期になるとお酒を飲む機会が多くなります。

ただ、お酒は胃に強い負担をかける飲み物です。これは、お酒に含まれるアルコールには、「タンパク質を変性させて壊す作用」があるためです。

というのも、人体はさまざまな種類のタンパク質によって形成されています。そして、これは胃も例外ではありません。そのため、胃がアルコールの影響を受けると、胃を構成しているタンパク質が壊れることになります。

さらに、アルコールは「粘液をすり抜けるほど小さな粒」となっています。そのため、アルコールは「胃を守るベール」である粘液を通過して、胃の粘膜に直接影響を与えます。

そして、このようにして胃粘膜が荒れると、その分だけ胃痛や胃もたれなどの不調が起こりやすくなります。そのため、年末年始などにお酒を飲む機会が増えると、胃の不調が起こりやすくなります。

青汁が胃腸を強くして胃腸炎になりにくい体質を作る理由

すでに述べたように、胃痛や胃もたれなどは、生活習慣に深く関与しています。そのため、胃の調子を改善するためには、胃痛・胃もたれが起こりにくい生活を送る必要があります。

とはいえ、このような生活を送り続けることは、現実的には困難といえます。

例えば、現代日本は「ストレス社会」といわれており、多くの人が慢性的なストレスを抱えています。このような環境では、「ストレスのない生活を送る」ということはほぼ不可能といえます。

また、日常的に肉や揚げ物などを食べていた人がこれらを我慢すると、強いストレスが生じやすくなります。

そして、これらの食品が特別好きではなくても、付き合いなどで食べる必要が生じるケースがあります。そのため、このような「胃の負担になる食べ物」を断つ生活を送ることは簡単ではありません。

このような中、青汁は胃腸を強くする働きのある成分や栄養素などが豊富に含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むと、以下のような成分を摂ることによって胃腸が強くなって胃腸炎などが生じにくい体質となります。

胃を保護する成分が含まれている

青汁は、緑黄色野菜の葉っぱを絞ったり粉砕したりして作られています。そのため、青汁にはこのような野菜がもつ栄養や成分などが豊富に含まれています。

例えば、青汁の原料となっている葉野菜には、「クロロフィル」という色素成分が含まれています。

クロロフィルとは、植物の葉に含まれている「葉緑素」のことです。そして、このようなクロロフィルには、胃の粘膜を保護する働きがあります。そのため、クロロフィルを摂ると、「胃の粘膜が傷ついて胃痛が生じる」のを防ぎやすくなります。

実際に、市販胃薬の中には、胃粘膜の保護を目的にクロロフィルが配合されているものがあります。このようなことからも、クロロフィルの「胃を保護する作用」は、確立されたものであるということがわかります。

そして、葉野菜から作られる青汁には、このようなクロロフィルが豊富に含まれています。そのため、青汁には胃を保護する働きがあるといえます。

胃潰瘍を防ぐ作用のある成分が含まれている

市販の胃薬には、古くから販売されているものがあります。その中でも、興和新薬から販売されている「キャベジン」は、発売から50年以上経つロングセラー商品です。

このような「薬のキャベジン」は、正式にいうと「キャベジンコーワ」です。そして、「キャベジン」とは、別名「ビタミンU」とも呼ばれる「ビタミン様物質」のことを指します。

このようなキャベジンには、胃酸の分泌を抑えて胃潰瘍を予防する働きがあることがわかっています。そのため、キャベジンコーワは、キャベジンのこのような作用を薬にしたものであるといえます。

このようなキャベジンは、キャベツから発見された物質です。また、キャベツには多くのキャベジンが含まれています。

さらに、キャベジンは、ケールやブロッコリーなどの「キャベツの仲間」である野菜にも多く含まれています。そして、これらのうち、ケールは青汁の代表的な材料の1つです。

そのため、ケールから作られた青汁には、多くのキャベジンが含まれています。このようなことから、青汁の中でも、特にケールから作られたものは胃の不快症状を改善する働きが強いといえます。

自律神経の働きに必要な栄養素が含まれている

すでに述べたように、ストレスなどによる自律神経の乱れは、胃の不快症状を引き起こす原因となります。そのため、胃の不調を改善するためには、自律神経を整えることが大切であるといえます。

このような自律神経の働きは、さまざまな種類のビタミン・ミネラルによって支えられています。このようなことから、胃の調子を整えるためには、ビタミンやミネラルなどをしっかり摂ることが大切であるといえます。

このような中、青汁にはさまざまな種類のビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。そのため、青汁を継続して飲んでいると、自律神経が整って胃の不快症状が改善しやすくなります。

青汁は胃腸風邪にも効果的

前項で述べたように、青汁にはさまざまな種類のビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

このようなビタミン・ミネラルは、免疫力の向上にも必要不可欠です。そのため、青汁によってこれらをしっかり補給すると、風邪を引きにくくなります。

さらに、青汁には腸内環境を良くする成分が豊富に含まれています。そのため、青汁を継続して飲むようにすると、腸内環境が改善しやすくなります。

このような中、免疫力と腸内環境は深い関係にあることがわかっています。具体的にいうと、腸内環境が良くなると免疫力が向上します。一方で、腸内環境が悪化すると、免疫力が低下しやすくなります。

このようなことから、青汁によって腸内環境が良くなると、免疫力が向上しやすくなることがわかります。そのため、青汁を習慣的に飲むと、風邪を引きにくくなり、風邪が原因の胃腸症状が起こりにくくなるといえます。

胃腸の弱い人がやってはいけない青汁の飲み方

前項で述べたように、青汁には胃腸を強くするさまざまな成分が含まれています。そのため、胃腸が弱い人は、青汁を継続して飲むことによって胃の不快症状が改善しやすくなるといえます。

ただ、このように「胃に良い効果のある青汁」であっても、飲み方を間違えるとかえって胃に負担をかけることになります。そのため、胃腸が弱い人は、以下のような飲み方を避けるようにしましょう。

冷やして飲む

通常、私たちの体は一定の温度に保たれています。これは、人間の体が生きていくためには、ある一定の体温である必要があるためです。

これと同様に、胃腸にも「働くのに適した温度」があります。そのため、胃腸の温度が「適温」から離れると、その分だけ胃腸の働きが低下します。

このとき、熱々の飲食物は口の中をやけどする原因になります。そのため、ほとんどの人は、熱々の飲み物を息などで冷ました上で、少しずつ口の中に入れます。

一方で、冷たい飲み物は、そのまま飲み込むケースが多いです。また、飲み物の温度が低いときは、熱いときとは違って、連続してたくさん飲んでしまいがちです。そのため、冷たい飲み物を飲むと、胃腸の温度が低くなって「適温」から外れてしまいやすいです。

このようにして胃腸の温度が適温ではなくなると、胃腸の働きが低下します。すると、胃液の分泌が異常となって胃痛が起こったり、消化不良が起こって胃もたれが生じたりしやすくなります。

また、胃が空の状態で冷たい飲み物を飲むと、胃腸に強い刺激となることがあります。すると、胃腸が急激に動き出すことによって、気持ち悪さや下痢などが生じることがあります。

このように、冷たい飲み物は胃腸の働きを混乱させて胃痛や胃もたれを生じさせる原因になります。そのため、胃腸に不調が現れやすい人は、青汁を冷たい水で溶かして飲むのはやめるようにしましょう。

大量に飲む

青汁には、「食物繊維」が豊富に含まれています。食物繊維とは、植物性食品にのみ含まれており、人体で消化吸収できない成分のことです。そのため、食物繊維を摂ると、その多くが便となるため、排便が促されて便秘が改善されやすくなります。

ただ、「人体で消化吸収できない」ということは、胃腸にとっては「処理できない異物である」ということになります。そのため、食物繊維を摂ると、これをすばやく排除するために胃腸の動きが活発になります。

このとき、便秘気味であったり胃腸が強かったりする人であれば、青汁をたくさん飲んで食物繊維を多く摂っても、便秘が解消したりおなかが少しゆるくなったりするだけで、身体に害が生じることはありません。

一方で、胃腸が弱い人が大量に青汁を飲むと、胃腸の動きが活発になりすぎてさまざまな不調が現れることがあります。

例えば、胃に大量の食物繊維が入るということは、「胃の中が消化できないものでいっぱいになる」ということです。これは、食べられない物を誤飲したときと同様の状態です。

このようにして胃の中が異物でいっぱいになると、これを体外に排出するために強い吐き気が生じます。そのため、大量の食物繊維を一度に摂ると、吐き気が起こることがあります。

また、普段から胃腸の動きが悪い人が大量の食物繊維を摂ると、胃腸が動きすぎて過剰な排便が促されることがあります。このようにして排便が起こりすぎると、便が水っぽくなって下痢となります。

そして、ストレスなどによって自律神経が乱れていると、食物繊維をうまく排出できずに腸内に詰まることがあります。このようにして食物繊維が詰まると、ひどい便秘になったり便秘が悪化したりしやすくなります。

このように、胃腸が弱い人が大量の食物繊維を摂ると、身体に負担がかかって不調の原因となることがあります。そのため、胃腸が丈夫ではなかったり弱っていたりする人は、青汁を大量に飲まないようにするのが無難です。

具体的には、1日に飲む青汁は3杯を限度にし、1杯ずつ時間を空けて飲むようにしましょう。そうすることによって、青汁の食物繊維によるデメリットが生じにくくなり、青汁のメリットを十分に実感できるようになります。

空腹時に飲む

「おなかがグーッと鳴る」ということは、「空腹のサインである」ということはよく知られています。

実際に、授業中や会議中などの静かなタイミングで「空腹シグナル」が鳴って恥ずかしい思いをしたという人は少なくありません。

このような「空腹時のおなかの音」は、胃腸が収縮して空気が移動することによって起こります。このようなことから、「空腹時は胃腸が活発に動いている」ということがわかります。

このような状態の時に、「胃腸に刺激を与えるもの」を胃に入れると、胃腸の動きが活発になりすぎることがあります。そのため、空腹時に青汁を飲むと、胃腸の働きが過剰になりやすくなります。

そして、このようにして胃腸が動きすぎると、吐き気や胃痛などが起こりやすくなります。このようなことから、胃腸の弱い人は、青汁を空腹時に飲むことは避けるべきであるといえます。

このように、胃腸が弱い体質の人は、「やってはいけない青汁の飲み方」があります。そのため、胃腸の調子が悪くなりやすい人は、ここで述べたような飲み方を避けるようにしましょう。

また、胃腸が健康的な人であっても、「空腹時に冷えた青汁を大量に飲む」などして胃腸に強い刺激を与えると、吐き気や胃痛などの症状が起こりやすくなります。

そのため、胃腸の丈夫さに自信があっても、ここで述べた内容の全てに当てはまるような飲み方はしないようにするのが無難です。

胃腸を強くするための青汁の飲み方

前項で述べたように、青汁には「避けるべき飲み方」があります。

一方で、青汁には「推奨される飲み方」もあります。そして、このようにして「目的に応じた最適な飲み方」で飲むことによって、青汁の健康効果を実感しやすくなります。

では、胃腸の健康を考えた場合、青汁はどのようにして飲むのがベストなのでしょうか?

それは、以下に述べるような「胃腸の負担を軽減する飲み方」であるといえます。

ぬるま湯で飲む

すでに述べたように、胃腸などの内臓には、それぞれ「適温」があります。そのため、飲食物などによって胃腸が適温ではない温度になると、胃腸の働きが低下します。

一方で、胃腸と同じ温度の飲食物は、「胃腸の適温」を乱しません。そのため、胃腸に優しい飲み物の温度は、胃腸と同程度の温度であるということになります。

具体的にいうと、38~40℃くらいの「ぬるめの温度」は、胃腸の負担になりにくい温度です。そのため、青汁はこのような「ぬるま湯」で溶かして飲むことをおすすめします。

また、このようなぬるめの温度で青汁を飲むと、青汁に含まれる栄養素が身体に馴染みやすくなり、吸収されやすくなります。このようにして青汁の栄養素が吸収されやすくなると、胃腸だけではなく、全身のさまざまな組織の健康を維持しやすくなります。

このとき、外出中などによってぬるま湯が調達できない場合は、常温の水で飲むようにしましょう。そうすることによって、胃腸の負担を低くすることができます。

油ものやアルコールなどを摂る予定があるとき

すでに述べたように、食物繊維などの「胃腸に刺激を与えるもの」を空腹時に摂ると、胃腸がダメージを負いやすくなります。そのため、胃腸のことを考えるのであれば、空腹時にはこのような食品を摂るべきではないといえます。

とはいえ、付き合いなどで食事に行く機会があると、空っぽの胃に刺激の強いものを入れざるをえないことがあります。

というのも、油ものやアルコールなどは、食物繊維よりも胃腸に負担のかかる飲食物です。そのため、仕事の後などに付き合いで食事に行くことになると、空腹状態の胃に刺激の強いものを投入することがあります。

このとき、このような刺激の強いものの前に青汁を飲むようにすると、青汁に含まれる食物繊維が「クッション」となり、油ものなどが空っぽの胃を刺激することを避けることができます。

また、食物繊維には、油ものに含まれている脂質やアルコールなどの吸収を抑える働きもあります。そのため、油ものやアルコールなどを摂るまえに青汁を飲むと、これら食品による胃腸への刺激を和らげることができます。

さらに、すでに述べたように、青汁に含まれているクロロフィルには胃腸を保護する働きがあります。そのため、食前に青汁を飲むようにすると、油ものなどによって胃腸がダメージを受けにくくなります。

このようなことから、「胃腸に負担のかかる食品」を摂る場合には、事前に青汁を飲むことをおすすめします。そうすることによって、これら食品によって胃腸へかかる負担を減らすことができます。

これまでに述べたように、青汁には胃腸を強くして胃腸に不調が起こりにくい体質を作ります。とはいえ、青汁は飲み方次第で胃腸の負担になりえる飲み物です。

そのため、胃腸が弱いと自覚している人は、今回述べた内容を自分の中にしっかり落とし込み、最適な方法で青汁を飲むようにしましょう。そうすることによって、胃腸によって悩む機会が減り、健康的で前向きな毎日を送ることができるようになるはずです。