近年、「キレやすい子供が増えてきている」といわれています。このような「キレる子供」が増えている原因には、環境や教育、家庭状況、遺伝子などさまざまなものがあります。

ただ、ほとんどの場合、子供のキレやすさは食生活の乱れが原因です。そのため、短気な子供の多くは、大人が正しい食生活を送るように導くことで改善することがほとんどです。

このような中、青汁には正しい食生活を補助して子供のキレやすさを改善する成分が多数含まれています。そのため、子供がキレやすくて対処しきれず困っている人は、青汁を生活に取り入れることでこのような悩みが改善することが期待できます。

そこで、ここでは子供が短気になる原因について解説し、「キレやすい子供に青汁を飲ませたほうがいい理由」について述べていきます。

偏食の子供が増えている

最近、偏食をする子供が増えているといわれています。偏食とは、特定の食品をより好みして食べる事をいいます。そのため、偏食になると、栄養が偏ってさまざまな不調や病気などが起こりやすくなります。

また、子供の偏食を放っておくと、将来の病気リスクが向上したり、社会に順応できない大人になったりしやすくなります。そのため、子供が特定のものしか食べたがらないようであれば、早急に改善する必要があるといえます。

好き嫌いをする理由

一般的に、子供は食べ物の好き嫌いが多いです。これは、「子供は大人に比べて素直であり、我慢することができないため」というのが原因の1つです。

というのも、子供は「体にいいから」という理由で食べ物を好きになることはありません。そのため、ほとんどの子供は、苦味のある野菜などを「体にいいものだ」と言い聞かされても、「美味しくないから食べたくない」と感じます。

また、子供は、大人に比べて「味蕾(みらい)」の数が多いです。味蕾とは、味を感じる「センサー」が集まっている組織のことです。そのため、味蕾が多いほど、味を感じやすくなります。このようなことから、子供は大人よりも味を敏感に感じるということがわかります。

さらに、このような味蕾には、味を感じるためのセンサーがいくつか存在しており、それぞれが異なる味を感受します。例えば、甘い食べ物を食べると、この食品に含まれている「甘い物質」が「甘味センサー」にくっつき、甘味を感じるようになっています。

このような中、人間の舌における味蕾には、苦味を受け取るセンサーの数が他の味覚に比べてかなり多いです。これは、多くの毒物が苦味を呈しているためです。そのため、人間の舌は、このような毒物を避けるために苦味を感じやすくなっています。

ただ、一般的に、大人はコーヒーやビールなどの苦味を美味しく感じる事が多いです。これは、このような食品を飲むことによって得られた経験を記憶しているためです。

例えば、コーヒーには、頭をスッキリさせたり眠気を除去したりする作用があります。そのため、コーヒーを飲んで「頭がスッキリした経験」を重ねると、脳が「コーヒーの苦味」は「頭をスッキリさせる」ということを記憶します。すると、最初は苦くて美味しくなかったコーヒーが美味しく感じるようになっていきます。

このような中、子供は大人よりも、このような「苦味の経験値」が低いです。そのため、一般的に子供は、体に良い苦味であっても「美味しくない」と感じます。

そして、前述のように、子供は大人よりも味を敏感に感じます。そのため、子供は、大人に比べて苦味に対する感受性がかなり高いため、苦味の強いものを食べない傾向にあります。

このように、子供が苦いものを避けるのは本能的なものです。そのため、子供が苦味の強いピーマンや春菊などの野菜を避けたがるのは、仕方のないことといえます。

また、このようにして特定の野菜を嫌がっても、類似した他の野菜を食べるのであれば大きな心配はいりません。例えば、ピーマンを嫌がって食べなくても、他の緑黄色野菜を食べるのであれば、栄養の偏りが起こりにくいです。そのため、このような場合では、ピーマンを無理に食べさせる必要はありません。

ただ、好き嫌いをする子供の中には、「嫌いなものを食べない」だけではなく「特定のものしか食べない」というケースがあります。このような食べ物のより好みは、「好き嫌い」ではなく「偏食」となります。

子どもが偏食になる理由

現代の日本では、「美味しい」と感じる食品を簡単に手に入れることができます。例えば、24時間営業しているコンビニエンスストアでは、スナック菓子や甘いお菓子などを安価で購入することができます。

また、低価格で提供されているファストフードは、油が多くしっかりした味付けがされているため、美味しいと感じやすいです。さらに、日本中に設置されている自動販売機では、ジュースやココアなどの美味しい飲み物がいつでも購入できます。

ただ、このような食べ物や飲み物などには、多くの砂糖や油などが使われています。そして、これらはどちらも、「エネルギー源」となる栄養素を豊富に含んだ食材です。

このようなエネルギー源を多く含む食品は、本能的に「美味しい」と感じやすいです。これは、人間は「飢餓に強い体質」となっているためです。というのも、人間が生きてきた歴史では、食べ物がありふれている時代よりも飢餓が頻発する時代の方が長いです。

このような苦しい時代を生き抜くためには、効率よくエネルギー源を蓄える必要があります。そのため、人間は、このような「飢餓時代」を生き抜くために、エネルギー源となる栄養素をおいしく感じるようになっています。

このようなことから、砂糖や油などが多く含まれている食品は、エネルギー源として生きていくために必要不可欠な栄養素を多く含んでいるため、「美味しい」と感じやすいということがわかります。

ただ、現代の日本は、「飽食の時代」といわれています。そのため、飢餓を経験した際に培われた本能は、現在の環境には適さないといえます。つまり、美味しいものだけを食べると、エネルギー源の摂り過ぎになるということです。

このような中、前述のように子供は大人よりも、素直で我慢ができません。つまり、子供は大人より「本能的に生きている」といえます。そのため、子供は大人よりも、甘いお菓子や脂っこいものなどが癖になりやすい傾向にあります。

甘いものは特に癖になりやすい

前述のように、子供は大人に比べて砂糖や油などが多く含まれている食品を好みやすいです。このような食品の中でも、特に甘い食べ物は癖になりやすいという性質があります。

というのも、甘い食品を食べると、「血糖値」が急に上昇します。血糖値とは、血液中における糖の量のことをいいます。そして、このような血糖は、食品から吸収した糖が血液中に流れ出ることによって増加します。

このような中、甘い食べ物は他の食べ物に比べて、食後に血糖値を大きく上げるという性質があります。これは、甘い食べ物に含まれている「ショ糖」や「ぶどう糖」などの糖類は、白飯やじゃがいもなどに含まれている「デンプン」よりも小さい形となっているためです。

このような「小さい状態」となっている糖は、消化器官で吸収されやすいです。そのため、糖類が多く含まれている甘い食品は、すぐに吸収されることによって食後の血糖値を大きく上げます。

このようにして急激に血糖値が上がると、体内では「インスリン」というホルモンが大量に分泌されます。インスリンとは、血液中の糖を細胞に取り込ませて血糖値を下げる働きがあるホルモンです。そのため、インスリンの分泌量が多いと、血糖値が急激に下がりやすいです。

このようにして血液中の糖が急に少なくなると、脳にエネルギー源が届けられにくくなります。すると、脳がこの状態を「エネルギー不足」と判断し、エネルギー源の摂取を促します。そのため、血糖値が急に下がると、空腹感が起こりやすくなります。

多くの場合、このようにして空腹感が起こると再び甘いものが食べたくなります。というのも、前述のように、甘い食品は血糖値の急上昇を起こします。そのため、甘いものを食べると、血糖値の低下による空腹感がすぐに解消されることになります。

ただ、このようにして甘い食品で空腹感を満たすと、再び空腹感が起きやすくなって甘いものが食べたくなります。つまり、「甘いものを食べたい」という欲求の悪循環が生じるのです。

このような悪循環が起こると、常に甘いものが食べたくなります。これは、「甘い食品が癖になっている」という状況です。このようなことから、エネルギー源の多い食品の中でも、特に甘い食べ物は癖になりやすいということがわかります。

偏食になると子供が短気になる

前述のように、甘かったり油っこかったりする食品は癖になりやすく、偏食を招きます。また、このようにして偏食になると、子供が短気になってキレやすくなりやすくなります。そして、このようにして短気な子供になると、まわりとうまくコミュニケーションを取れなくなったり成績が落ちたりしやすくなります。

ただ、このような偏食による症状は、子供が自ら自覚できるものではありません。そのため、偏食による子供への悪影響を防ぐためには、親などの保護者が子供の変化に気づき、対処する必要があります。

集中力が低下しやすくなる

食後に眠くなったり集中力が落ちたりするということは、ほとんどの人が経験していることです。これは、食後における血糖値の急低下が原因の1つです。

というのも、前述のように甘いお菓子などを食べると、血糖値が急上昇します。そしてその後、インスリンの働きによって、一時的に血糖値がかなり低い状態になります。

このようにして血糖値が下がると、脳へ糖などが送られにくくなることによって脳がエネルギー不足となります。すると、脳の機能が低下して、集中できなくなったり眠気が生じたりします。

とはいえ、このような症状は、30分~1時間程度で回復することが多いです。これは、血糖値が低くなると、肝臓などが血液中に糖などのエネルギー源を放出するためです。そのため、食後の血糖値低下によるさまざまな症状は、時間が経過するとともに改善されます。

ただ、このような血糖値の上昇が起こるまでの間は、脳にエネルギー源が届けられにくい状態となります。そのため子供では、食後の血糖値低下が起こると、集中力のない状態で授業を受けることになります。このようにして集中力が低下すると、授業中に騒いだり寝たりすることによって成績が落ちやすくなります。

そして、このような症状を引き起こすのは、甘いお菓子だけではありません。白飯やパンなどの「高GI食品」も、食後の集中力低下の原因となります。

GIとは、「グリセミック・インデックス」の略であり、「糖質の吸収スピードを数値化したもの」です。また、GI値が高い食品ほど、食後の血糖値を上げやすいということになります。例えば、前述のような甘い食品に使われている砂糖は、GI値が100を超える「高GI食品」です。

このような中、一般的によく食べられている白飯やパンなどは、GI値が高い食品として知られています。例えば、白飯のGI値は88、食パンのGI値は95です。

これに対して、これら食品が「精製されていない状態」である玄米や全粒粉パンなどのGI値は、それぞれ55や50などとかなり低い値となっています。このようなことから、穀物が精製されるとGI値は高くなるということがわかります。

このような精製穀物などの高GI食品を食べると、食後の血糖値が急に上昇しやすくなります。そして、その後に血糖値が下がり、集中力の低下や眠気などが起こりやすくなります。

そのため、偏食によって甘い食べ物や白飯、パンなどばかり食べる癖がある子供は、このような血糖値の乱高下によって集中力が低下している可能性が高いといえます。

情緒不安定ぎみになる

前述のように、甘いものなどの高GI食品を食べると、食後における血糖値の急上昇急降下が起こって集中力が低下します。また、このようにして血糖値が低くなっていると、イライラや落ち込みなどの精神症状が現れやすくなります。

というのも、通常、空腹感が生じるとイライラしやすくなります。これは、本来空腹感は「エネルギー不足」の合図であり、直ちに解消すべき問題であるためです。

そして前述のように、血糖値が急に下がると、空腹感が起こりやすくなります。そのため、偏食によって血糖値の乱高下が起こると、空腹感が頻繁に生じてイライラしやすい子供になります。

また、血糖値が低くなると、脳内の「セロトニン」という神経伝達物質が分泌されにくくなります。これは、血液中の糖が少ないと、セロトニンの材料となるアミノ酸が脳まで届けられにくくなるためです。

このようなセロトニンには、精神の状態を調整する働きがあります。具体的には、「イライラを起こす神経」や「落ち込みを起こす神経」などの働きを抑制する作用があります。

そのため、脳内のセロトニンが不足すると、「イライラ神経」や「落ち込み神経」などを抑える力が弱くなります。すると、ちょっとしたことで過剰にイライラしたり激しく落ち込んだりしやすくなります。このようなことから、脳内のセロトニンが不足すると、情緒不安定になることがわかります。

このような中、前述のように高GI食品は、食後における血糖値の急上昇急降下を引き起こします。そのため、偏食によってこのような食品ばかり食べていると、脳内セロトニンが不足して情緒不安定になりやすくなります。

また、このような神経伝達には、カルシウムやマグネシウムなどのさまざまなミネラル類が関与しています。そのため、これら栄養素が不足すると、神経伝達がうまく行われなくなってイライラしやすくなるといわれています。

このように、食後における血糖値の急上昇急降下は、集中力が発揮されなくなるだけではなく、情緒不安定も引き起こします。

そして、このようにして情緒不安定になると、まわりとコミュニケーションを取りづらくなってさまざまな問題が勃発しやすくなります。そのため、子供のことを思うのであれば、正しい食習慣を身に着けさせることが大切です。

ストレスを感じやすくなる

前述のように、偏食になると脳内のセロトニンが不足しやすくなります。このようにして脳内セロトニンが少なくなると、ストレスを感じやすくなります。

というのも、セロトニンが抑制している「イライラ神経」は、本来「ストレスに強い体を作る神経」です。このような神経を「ノルアドレナリン神経」といいます。そして、このような神経が正常に働くと、やる気が起きやすくなったり我慢強くなったりします。

ただ、セロトニンが不足することによってノルアドレナリン神経が働きすぎるようになると、ストレスを過剰に感じてイライラが生じやすくなります。また、この状態が長く続くと、ノルアドレナリン神経が疲れて働きが低下します。

このようにしてノルアドレナリン神経が働きにくくなると、これに適応するために「ノルアドレナリン神経のスイッチ」が入りやすくなります。つまり、「ストレスを感じるスイッチが入りやすくなる」ということです。

このような状態になると、健康であればストレスにはならないようなことであっても「ストレスである」と認識しやすくなります。そのため、脳内セロトニンが少なくなると、些細なことでイライラしたりキレたりしやすくなります。

このように、偏食になると、イライラしやすくなるだけではなく「イライラするきっかけ」も増えやすくなります。そのため、子供がイライラしていることが多いようであれば、偏食が原因である可能性があるといえます。

自制心の低い大人になる

これまでに述べたように、偏食になるとイライラしたりキレたりしやすくなります。そして、このような傾向は、大人になっても継続しやすくなります。

というのも、多くの人が実感しているように、子供の頃によく食べていたものは、大人になっても食べたくなりやすいです。

例えば、母親がよく作っていた料理は、いわゆる「おふくろの味」となり、生涯の食生活へと影響を与えます。そのため、幼い頃に甘かったり油っこかったりする食品ばかり食べていると、大人になってもこのような食品を中心とした食生活になりやすいです。

また、多くの場合、「幼い頃の経験」は盲目的に「正しい」と思い込みやすい傾向にあります。そのため、子供期に偏食で過ごしていると、「この状態がスタンダードである」と認識しやすいです。このようなことから、子供の偏食を放っておくと、大人になっても偏食になることが多いといえます。

また、このような大人の偏食は、「長年の積み重ね」によって生じています。そのため、大人の偏食は、子供に比べて矯正されづらい特徴があります。

このようにして大人になっても正しい食生活を送れなくなると、「キレやすい大人」になりやすいです。というのも、前述のように、偏食は精神状態の悪化を招きます。

そして、これは子供にだけ起こる現象ではなく、大人にも起こります。そのため、子供の偏食を放っておくと、将来「キレやすい大人」になる可能性が高くなります。

さらに、このようにして自制心が低い大人になると、社会で健全に生きていくことが難しくなります。というのも、多くの人が実感している通り、社会人になると我慢しなければいけない状況が頻繁に起こります。当然のことながら、このような状況で不満ばかり言っていると、信頼や職などを失いやすいです。

また、我慢のできない大人になると、自分の欲求を簡単に満たすために手段を選ばない行動を取りやすくなります。すると、いつまでも親に依存して生活するようになったり、犯罪を犯したりしやすくなります。

このように、子供の偏食は、子供の将来にまで悪影響を与えます。そのため、子供が食べ物をより好みする傾向が強いのであれば、早急に偏食を改善することをおすすめします。

青汁がキレやすい子供におすすめな理由

前述のように、偏食になると情緒不安定な子供になりやすくなります。さらに、子供のときの食事が偏っていると、大人になってもキレたりイライラしたりしやすくなります。

このような中、青汁を生活に取り入れると、子供のイライラなどが改善されやすくなります。また、小さい頃から青汁を飲むと、偏食が治りやすくなります。

そこで、ここでは、青汁が子供のイライラに効果的な理由について述べていきます。

集中力を維持しやすくなる

前述のように、高GI食品を食べて血糖値が上昇すると、その後血糖値の急降下が起こって集中力が低下しやすくなります。このとき、大人であれば、白飯やパンなどにおける糖質の摂取量を減らすことで、このような集中力の低下を防ぐことができます。

ただ、子供は、大人とは異なる過程でエネルギーを産出しています。具体的には、子供は大人よりも、エネルギーの産生を糖質に頼る傾向が強いです。そのため、子供への糖質食品を制限すると、成長不良などのさまざまな悪影響があります。

また、「GI値が高い」ということは、「消化されやすい食品である」ということです。一方で、低GI食品の中には、玄米などの「消化されにくく消化器官に負担をかけやすい食べ物」があります。

このような中、子供の消化器官は大人に比べて未熟です。そのため、このような消化の悪い食品は、子供の消化器官に大きな負担となります。すると、消化不良を起こして栄養不足となったり、アレルギーが起こりやすくなったりします。

そのため、高GI食品は集中力の低下を招くとはいえ、子供における糖質食品の極端な制限はおすすめできません。

当然のことながら、すでに述べたように甘い食品は癖になりやすいです。また、一般的な甘いお菓子は、糖質や脂質などのエネルギー源以外の栄養素をあまり含んでいません。そのため、甘いお菓子を習慣的に食べるのは、なるべく避けたほうが良いといえます。

このような中、青汁に含まれている食物繊維には、糖質の吸収を抑える働きがあります。というのも食物繊維とは、植物性食品に含まれており、人体で消化吸収されにくい成分のことです。

このような食物繊維は、糖質などのエネルギー源が「消化酵素」と触れるのを阻害します。すると、糖質が徐々に吸収されるようになり、血液中に糖が流れ出るスピードが緩やかになります。

このようにして血糖値の上がり方が穏やかになると、その分だけインスリンによる血糖値の急降下が起こりにくくなります。すると、血糖値が低いことによる集中力の低下が起こりにくくなります。

また、血糖値が安定すると、その分だけ脳に継続して糖が送られることになります。このようにして脳に持続してエネルギー源が送られやすくなると、集中力が維持しやすくなります。このようなことから、食物繊維は集中力の低下を防ぐだけではなく、集中力を維持しやすくもすることがわかります。

そして、前述のように、青汁にはこのような食物繊維が豊富に含まれています。そのため、食事やおやつなどと一緒に青汁を飲むようにすると、食後の血糖値を安定させて集中力を発揮しやすくなります。

さらに、青汁には、ビタミンB群や鉄、葉酸などの「脳がエネルギーを作るために必要な栄養素」も多く含まれています。

ビタミンB群は、糖質などのエネルギー源が細胞で燃やされる際に必要となる栄養素です。そのため、ビタミンB群が不足すると、エネルギーが作られにくくなることによって脳がエネルギー不毒に陥りやすくなります。

また、脳の細胞がエネルギー源を燃やすためには、酸素も必要不可欠です。このような酸素は、血液中の「赤血球」によって脳内へ届けられています。

このような中、鉄は赤血球の構成成分です。また、赤血球は、葉酸などの助けを借りて作られます。そのため、これら栄養素の摂取量が不足すると、体内における酸素の運搬能力が低下して、脳が酸素不足になりやすくなります。

そして、このようにして脳に十分な酸素が行き渡らないと、脳の機能が低下して集中力や記憶力などが発揮されにくくなります。

このように、集中力を発揮するためには、ビタミンB群や鉄などの栄養素も必要です。そして前述のように、青汁にはこれら栄養素が豊富に含まれています。そのため、習慣的に青汁を飲むと、このような栄養素を十分に補給することによって集中力が発揮されやすくなります。

情緒が安定しやすくなる

前述のように、血糖値が下がると、材料が脳まで届けられにくくなることによってセロトニンの分泌量が低下しやすくなります。すると、イライラしやすくなったり落ち込みやすくなったりします。

一方で、血糖値が安定していると、脳内におけるセロトニンの材料不足が起こりづらくなります。すると、脳内でセロトニンが分泌されやすくなることによって精神状態が安定しやすくなります。

このような中、前項で述べたように、青汁に含まれている食物繊維には、食後における血糖値の急低下を防ぐ働きがあります。そのため、青汁を食事と一緒に飲むようにすると、血糖値の低下によるセロトニン分泌量の減少を防ぎやすくなります。

また、脳内でセロトニンが作られるためには、トリプトファンだけではなくビタミンB6や鉄、葉酸などの栄養素も必要です。そして、青汁にはこれらの栄養素も豊富に含まれています。

特に、このような栄養素のうち、葉酸は植物性食品にしか含まれていない栄養素です。そのため、葉酸は偏食気味の子供が不足しやすい栄養素です。このようなことから、偏食によって短気になっている子供は、特に青汁を飲むべきであるといえます。

さらに、青汁に多く含まれているビタミンCは、鉄の吸収を助ける働きがあります。そのため、青汁を飲むと、体内に鉄が補給されやすくなって、栄養不足によるセロトニン量の低下を防ぎやすくなります。

また、前述のように、鉄はヘモグロビンの構成成分です。そのため、鉄が不足すると、脳が酸素不足に陥りやすくなります。このようにして脳の細胞に十分な酸素が供給されないと、脳細胞同士における「情報交換」がスムーズに行われなくなります。

すると、情報の伝達ミスが生じやすくなり、ちょっとしたことでイライラしたり落ち込んだりしやすくなります。このようなことから、情緒不安定を防止するためには、鉄も十分に摂る必要があることがわかります。

そして、青汁にはこのような鉄や、鉄の吸収率を高めるビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。そのため、青汁を飲むと、このような栄養をしっかり補給することによって情緒が安定しやすくなる効果が期待できます。

さらに青汁には、カルシウムや亜鉛、マグネシウムなどの神経伝達に関与している栄養素も多く含まれています。そのため、青汁を生活に取り入れると、イライラや落ち込みなどが起こりにくくなり、子供の短気が改善されやすくなります。

ストレスに強くなる

前述のように、脳内のセロトニンが不足すると、ストレスを感じやすくなって「イライラスイッチ」が入りやすくなります。このような中、前項で述べたように、青汁にはセロトニンの分泌を助ける成分が多数含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むと、脳内セロトニンの分泌量が安定してストレスに強くなりやすいです。

さらに、青汁に含まれているビタミンB群は、エネルギーの代謝に必要な栄養素です。そのため、ビタミンB群をしっかり摂ると、エネルギーが生み出されやすくなって持久力がつきやすくなります。

また、このようなビタミンB群のうちビタミンB6は、体内でタンパク質が再合成される際に必要不可欠な栄養素です。というのも、食事から摂取したタンパク質は、一度分解されて「アミノ酸」になります。

このようなアミノ酸は、必要に応じて再合成され、それぞれの部位に適した形のタンパク質となります。そして、タンパク質は体における重要な構成成分の1つです。そのため、ビタミンB6をしっかり摂取すると、このようなタンパク質の合成がスムーズに行われやすくなります。

このようにしてタンパク質の再合成が行われやすくなると、疲労が回復しやすくなったり体力がついたりしやすくなります。そして、このようにして体力がつくと、運動することによってストレスを解消しやすくなります。

本来子供は、体を動かすことを好む性質があります。これは、人間は動物の一種であり、体を動かすことを本能としているためです。そのため、大人よりも本能に忠実な子供は、体を動かすことを楽しく感じやすいです。

ただ、体力や持久力などがないと、体を動かすことが億劫になります。というのも、多くの人が実感しているように、疲れているときは体を動かしたいとは思いません。また、体力がないと疲れやすくなるため、運動する意欲が低くなります。

このような中、運動には高いストレス解消効果があるということがわかっています。これは、ストレスを感じている状態は「臨戦態勢」であるためです。

臨戦態勢とは、体を緊張させることによって「いつでも高パフォーマンスを発揮できるようにスタンバイしている状態」です。そのため、運動などでしっかり体を動かすと、このような状態が解消されやすくなります。つまり、ストレスによって生じていた体の緊張がほぐれやすくなるということです。

一方で、日常的に運動量が少なくなると、ストレスが溜まりやすくなります。さらに、子供が行えるストレス解消方法は、大人に比べてかなり限定的です。そのため、子供が運動によってストレスを解消できなくなると、ストレスを溜めやすい子供になります。

このような中、前述のように青汁には、体力や持久力などがつくのを助ける成分が豊富に含まれています。そのため、子供が青汁を習慣的に飲むと、体力・持久力がついて自然と体を動かすようになります。すると、運動によってストレスが解消されやすくなり、イライラすることが少なくなります。

このように、青汁にはストレスを感じにくくしたりストレスを解消したりするのを助ける成分が多数含まれています。そのため、青汁を生活に取り入れると、子供が健康的で快活な生活を送りやすくなります。

偏食を改善しやすくする

これまでに述べたように、子供がキレやすくなる原因の1つは偏食です。さらに、子供のときの食事が偏ると、大人になってもキレたりイライラしたりしやすくなります。そのため、子供の将来を考えるならば、早いうちに偏食を正すことが大切であるといえます。

ただ、当然のことながら、子供に野菜などを食べることを強要しても偏食は治りません。むしろ、強要されたことが嫌な記憶となり、嫌いなものをさらに食べなくなる可能性が高いです。

そのため、子供の偏食を治すためには、「子供が自らすすんで食べる」ことが大切であるといえます。

このような中、前述のように味覚は、経験を重ねることによって変化していきます。そのため、最初は美味しく感じなかった食べ物であっても、摂取することによって体に良い反応があると、徐々に美味しく感じるようになっていきます。このようなことから、偏食を治すためには、「味覚の経験を積む」ことが大切であるといえます。

ただ、偏食の子供は「美味しい」と感じるものしか食べません。そのため、偏食の子供に味の経験値を積ませるためには、嫌いなものを美味しく調理する工夫が必要です。

とはいえ、すでに述べたように、子供の味覚は大人に比べてかなり鋭いです。そのため、大人が味見して「子供の嫌いなものの味がわかりづらくなっている」と感じても、子供には気付かれることがあります。そのため、子供の嫌いなものを子供が食べやすいように調理するためには、経験と技術が必要です。

さらに、通常食品を食べるときには、咀嚼をしてから飲み込みます。このとき、飲み込める大きさに噛み砕くまでの間、食べ物の味が口の中に充満することになります。

そのため、嫌いなものを食べさせようとすると、「嫌な味」がずっと口の中に続くため、嫌いな食材に対するイメージがどんどん悪くなっていきます。すると、このような食材をより嫌うようになり、偏食が悪化しやすくなります。

だからといって、嫌いなものの味がわからないように丸呑みさせると、味覚の経験値を積むことにはなりません。そのため、偏食を克服するためには、「嫌な味」を感じる時間をなるべく短くすることが大切です。

このような中、青汁は液体であるため、味を感じる時間が短いです。また、偏食における子供の多くは、「野菜嫌い」です。そのため青汁は、子供の野菜嫌いを克服するための「経験値」を積むために効果的な飲み物であるといえます。

また、青汁を牛乳やジュースなどの飲み物で割って飲むと、かなり飲みやすくなります。さらに、クッキーなどのお菓子に混ぜると、抹茶風味となって子供にも受け入れられやすい味になります。

そして、市販の青汁の中には、苦味が少なくお茶のように飲めるものが多くあります。そのため、野菜が嫌いな子供には、このような青汁で野菜の味に慣らしていくことをおすすめします。そうすることによって、子供の偏食が改善されやすくなり、偏食によるイライラや集中力低下などの症状が起こりにくくなります。

青汁はいつから飲ませるべきなのか

前述のように、子供が偏食になると、イライラしたりキレやすかったりする性格になりやすいです。そのため、子供の情緒を安定させるためには、偏食を改善することが大切です。

また、子供が偏食になるのを防ぎたいのであれば、小さい頃から青汁を飲ませるようにしましょう。そうすることで、味覚が洗練されて食事の好き嫌いが少なくなりやすいです。実際に、小さい頃から青汁を飲ませていると、砂糖や添加物などがたくさん入ったお菓子を好まなくなるといわれています。

具体的には、青汁を飲む習慣がある子どもは、お菓子類ではなく、イモや豆といったような野菜を食べたがる傾向にあります。また、味付けに関しても、濃い味ではなく、薄味を好むようになります。

このようにして味覚が洗練されると、自然と体に良い食品ばかりを食べるようになります。すると、前述のような「我慢のできない大人」になりにくくなり、さまざまな病気にもかかりにくくなります。

そのため、「キレやすい子供」になることを防ぎたいのであれば、なるべく早いうちから青汁で「味覚の経験値」を積ませることをオススメします。

青汁は離乳食に慣れた頃から始められる

これまでに述べたように、青汁は子供が小さいうちから飲ませたほうが良い飲料です。とはいえ、生まれたばかりの赤ちゃんは消化器官が未熟であるため、大人に比べて消化・吸収能力が低いです。そのため、青汁を飲ませるのは、消化器官が発達して離乳食を開始できる頃まで待つようにしましょう。

また通常、離乳食は潰したおかゆを少し食べさせることからスタートします。これは、おかゆはアレルギーの心配が少なく消化吸収されやすいため、赤ちゃんに負担をかけにくい食べ物であるからです。

そして、何度かおかゆを与えて離乳食に慣れてきた頃に、野菜を与えるようにします。このとき、ほうれん草や小松菜などの緑黄色における葉野菜が離乳食に使用できるようになります。そのため、緑黄色の葉野菜を絞って作られる青汁は、この時期から食事に摂り入れることができるといえます。

また、離乳食に青汁を摂り入れるのであれば、市販の粉末青汁が便利です。このような青汁は水に溶かすだけで使用できるため、離乳食を作る手間を省きやすくなります。

子供に適した青汁の選び方

前述のように、青汁は子供が小さいうちから生活に取り入れた方がいい飲料です。ただ、子供の消化器官は大人に比べて未熟です。そのため、子供が飲む青汁は、大人と同じ基準で選ばないようにすることが大切です。

例えば、市販の青汁の中には、脂肪の燃焼を助ける成分やコレステロール値を下げる成分などの「機能性成分」が含まれているものがあります。このような成分は、大人にとってはメリットのあるものといえます。

ただ、通常このような機能性成分は、常識的な食事量では摂れない量が添加されています。そのため、子供がこのような機能性成分の含まれた青汁を摂ると、特定の成分を摂りすぎることによって不調などが現れる可能性が高くなります。

また、子供に青汁を飲ませるのであれば、食品添加物はなるべく避けるのが好ましいです。そのため、青汁を選ぶ際には、表示をしっかり確認してこのような添加物が含まれていないものを選びましょう。

このようなことから、子供に青汁を飲ませるのであれば、機能性成分や添加物などが含まれていない「野菜を絞っただけの青汁」を選ぶようにすることが大切であるといえます。

また、子供が飲む青汁は、安価すぎるものを選ばないようにするのが賢明です。というのも、値段が安いということは、安価な食材を使用している可能性が高いためです。

多くの人が認識しているように、国産の食材は高価な傾向にあります。一方で、中国などの外国産食材は、安価であることが多いです。そのため、安い青汁には、中国産などの野菜が使用されている可能性があります。

ただ、中国産の野菜には、日本では使用が許可されていない農薬や重金属などが多く含まれていることがあります。当然のことながら、これらは体に良い物質ではありません。

とはいえ、健康的な大人であれば、このような物質が体内に入っても体に対する悪影響は少ないです。ただ、体が未熟な子供にとっては、このような農薬や重金属などによる影響を受けやすいです。

具体的には、農薬や重金属には、神経障害を起こすものがあります。そのため、このような物質が発達途中である子供の体内に入ると、さまざまな悪影響があります。

このようなことから、子供に青汁を飲ませるのであれば、中国産などの野菜を利用した青汁は避けるべきであるといえます。そのため、子供が飲む青汁は、国産野菜を利用した大手メーカーのものを選ぶようにしましょう。

このように、青汁には、偏食による短気な性質を改善するのに効果的な成分が多数含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むことによって、子供がイライラしにくくなったりキレにくくなったりすることが期待できます。

とはいえ、当然のことながら、子供は体が未熟です。そのため、体にいい青汁であっても、飲みすぎると消化不良などが起こりやすくなります。

このようなことから、子供における「イライラ」などの情緒不安定な症状を防ぎたいのであれば、青汁を適度に生活に摂り入れることが大切であるといえます。

そうすることによって、まわりの大人が振り回されにくくなるだけではなく、子供本人も快適に過ごしやすくなるはずです。