現在の日本では、無意識に過ごしていると慢性的に運動量が不足しやすい環境にあります。

そして、このようにして運動不足になると、筋力や体力などが低下して太ったり不調が起こったりしやすくなります。そのため、ダイエットや健康維持などのために、毎日筋トレやランニングなどのトレーニングに取り組んでいる人は少なくありません。

また、本格的なトレーニングを実践している人の中には、プロテインを飲んでいる人もいます。これは、プロテインには筋肉のもととなる栄養素が含まれているためです。

そのため、トレーニングの後にプロテインを飲むようにすると、筋肉に効率よく「材料となる栄養素」が送られることによって、筋肉が作られやすくなります。

ただ、プロテインだけでは、トレーニングしている人が必要としている栄養を補給しきれません。そのため、毎日欠かさずプロテインを飲んでいても、食事の内容に気を配らなければ、トレーニングの際に疲れやすくなったり不調が現れたり、思うように効果が出なかったりすることがあります。

これらはどれも、トレーニングをつらくさせる要因となります。当然のことながら、このようにしてトレーニングが「過酷なもの」となると、続けることが難しくなります。すると、トレーニングの成果が出る前にやめてしまうことになりかねません。

このような中、青汁はトレーニング時における栄養補給におすすめの飲み物です。

実際に、青汁を食事に取り入れると、トレーニングの効果が出やすくなり、不調が起こりにくくなります。そのため、青汁を飲むようにすると、トレーニングを続けやすくなって結果が出やすくなります。

そこで、ここでは筋トレ・トレーニングの際に青汁を飲むメリットと効果的な青汁の取り入れ方について解説していきます。

トレーニングを行っているときに不調が起こる理由

トレーニングとは、「体を鍛えるために体に一定以上の負荷をかけること」をいいます。そのため、筋トレなどのトレーニングを行うと、体に負担がかかることになります。

このとき、体にかける負荷が適正であれば、トレーニングによって血行改善や筋肉増量などの効果が得られます。

一方で、トレーニングのために体へ負荷をかけすぎると、体のさまざまな部位に不具合が生じやすくなります。そのため、健康的にトレーニングを実践したいのであれば、負荷を増やしすぎないように注意するのが賢明といえます。

ただ、体にかける負荷を少なくしても、場合によってはさまざまな不調が生じやすくなります。これは、トレーニングすると、以下のような現象が起こるためです。

体の活動量が増えると栄養の必要量が増える

多くの人が認識しているように、活動量が多くなると、消費エネルギーが多くなります。実際に、「寝ているとき」と「起きているとき」では、起きているときの方が消費するカロリーが多いです。これは、起きているときには、体や脳などの働きが活発になっているためです。

また、筋肉量が多いと、基礎代謝が向上して一日の消費エネルギーが増加しやすくなります。このようなことから、トレーニングや筋トレなどによって運動量・筋肉量が増えると、多くのカロリーを消費することがわかります。

このとき、消費量が増えるのはカロリーだけではありません。というのも、運動量が増えると、それにともなって「エネルギー源以外の栄養素」の消費量も増えるためです。

例えば、エネルギー源を燃やすためには、ビタミンB群が必要不可欠です。そのため、消費カロリーが多くなると、その分だけビタミンB群の消費量が多くなります。

また、運動する際のエネルギーを作るためには、十分な量の酸素が必要となります。このような酸素は、血液によって運ばれます。そのため、トレーニングすると、全身に酸素を供給するために血行が良くなります。

このようにして血行が良くなると、全身の細胞に酸素が行き渡りやすくなります。そのため、一定負荷のトレーニングは細胞の代謝を促進させるため、若返り効果があるといわれています。

ただ、このようにして細胞が生まれ変わるためには、さまざまな種類のビタミン・ミネラルが必要不可欠です。そのため、トレーニングをすると、細胞が生まれ変わるために必要となるビタミン・ミネラルの消費量が多くなります。

さらに、筋トレをすると、負荷の重さに応じて筋肉の量が増えていきます。このとき、筋肉が作られるためにも、タンパク質だけではなくビタミンやミネラルなどの助けを借りる必要があります。

そして、このようなビタミン・ミネラルは、筋肉の正常な働きや心拍数・血流の調整などにも関与しています。そのため、筋トレなどのトレーニングによって活動量が増えると、体内のビタミン・ミネラルが不足しやすくなります。

このように、トレーニングなどを行うことによって運動量が増加すると、消費エネルギーだけではなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素の消費量が増加します。そして、このようにしてこれら栄養素が不足すると、さまざまな不調が起こりやすくなります。

栄養が足りなくなると疲れが抜けにくくなる

トレーニングにおけるもっとも多い不調の1つは、疲労です。実際に、筋トレなどのトレーニングをしている人の多くが、「しっかり寝ても疲れが抜けない」という悩みを抱えています。

通常、疲労はしっかり休息をとることによって回復します。ただ、このとき、体が栄養不足になっていると、休んでも疲れが抜けにくくなります。

というのも、昔は運動することによって生じる「乳酸」という物質が「疲労を引き起こしている原因物質である」とされていました。そのため以前は、「しっかり休めば乳酸が体内から除去されて疲労が回復する」と考えられていました。

ただ、近年の研究によって、このような乳酸は反対に「疲労の回復に貢献している物質」であることがわかっています。そして、わたしたちが感じる「疲れ」は、体内の活性酸素によって生じるということが明らかになっています。

活性酸素とは、周辺組織を傷つける性質をもった酸素のことです。そのため、体内に活性酸素が増えると、細胞が傷つくことによってエネルギーの産生能力が低下します。

そして、このようにして生じた「エネルギー不足」を脳が感知すると、体を休ませるための合図を全身に送るようになります。すると、わたしたちは「疲れた」と感じるようになります。このようなことから、「活性酸素の存在が疲労の正体である」といわれています。

このような活性酸素は、細胞が「不完全燃焼」を起こすことによって発生しやすくなります。そのため、細胞に十分な酸素が送り届けられないと、体内の活性酸素が増えることになります。

このとき、運動量が多いと、酸素の必要量が増加します。すると、細胞へ供給される酸素の量が相対的に少なくなります。

そのため、運動量が多くなると、その分だけ活性酸素が生じやすくなります。このようなことから、運動すると、運動しないときに比べて疲れやすくなることがわかります。

このような活性酸素は、体内に備わっている抗酸化酵素や食物から摂取する抗酸化物質などによって除去されます。

このうち、抗酸化酵素はミネラルを材料に作られます。そのため、トレーニングによって体が栄養不足となると、抗酸化酵素が上手く働けなくなって活性酸素が消えにくくなります。

また、ビタミンCやビタミンEなどのビタミンは、強い抗酸化作用をもつ栄養素です。そのため、ビタミン不足になると、活性酸素が消去されにくくなるため、体内の活性酸素が増加しやすくなります。

このようなことから、トレーニング時に十分な栄養補給を行わないと、体内の活性酸素が増えて疲れが抜けにくくなることがわかります。

そして、このようにして疲労が溜まってくると、日中の眠気が取れなくなったり怪我したりしやすくなります。このようなことから、トレーニング中の栄養不足は、効率的なトレーニングを阻害するだけではなく、日常生活にも影響が出るといえます。

トレーニング時の栄養不足はさまざまな不調の原因になる

すでに述べたように、ビタミンやミネラルなどの栄養素は、体内におけるさまざまな働きを担っています。そのため、これらの栄養素が不足すると、体に備わっている「調整機能」が狂って不調が起こりやすくなります。

例えば、激しい運動をすると、頭痛や吐き気などが起こることがあります。これは、体に強い負荷がかかると、血圧が高くなるためです。

このようにして血圧が上がると、脳内の血圧も高くなり、脳の組織が血管に圧迫されやすくなります。このとき、圧迫される部位によっては、ひどい頭痛や吐き気などが生じます。

このように、激しいトレーニングをすると、体に強い負担がかかってつらい症状が出やすくなります。そのため、健康的にトレーニングをしたいのであれば、体にかける負荷をかけすぎないようにすることが大切です。

ただ、体が栄養不足を起こしていると、このような症状が起こりやすくなったり悪化しやすくなったりします。これは、ビタミンやミネラルなどの栄養素が、血圧の調整にさまざまな形で関与しているためです。

そのため、これら栄養素が不足していると、運動時の血圧調整がスムーズに行われづらくなり、頭痛や吐き気などの症状が現れやすくなります。

また、すでに述べたように、運動量が多くなると、その分だけ体が必要とする酸素の量が増加します。そのため、酸素を運ぶ役割を担っている「赤血球」も多く必要となります。

このような赤血球は、鉄やタンパク質などを材料に作られます。また、これら栄養素から赤血球が作られるためには、葉酸やビタミンB12、銅などの栄養素も必要です。そのため、トレーニング時には、これら栄養素の必要量が多くなるといえます。

このとき、このようにして必要量が増した栄養素をしっかり補給しないと、血液の酸素運搬能力が低下します。すると、全身に酸素が行き届かないことによって貧血症状が起こりやすくなります。

さらに、多くの人が経験しているように、筋トレすると筋肉痛が起こりやすくなります。このような筋肉痛は、傷ついた組織が修復される際に生じる痛みであるといわれています。そのため、筋肉の修復が終わると、筋肉痛が解消されることになります。

このとき、筋肉組織が回復するためにも、タンパク質だけではなくビタミンやミネラルなどの栄養素が必要不可欠です。そのため、体が栄養不足となっていると、筋肉痛の治りが遅くなりやすくなります。

そして、ビタミンやミネラルなどは、免疫力の維持にも必要不可欠な栄養素です。そのため、トレーニングによって消費した栄養素をしっかり補給しないと、免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。

このように、トレーニングによってビタミンやミネラルなどの栄養が不足すると、さまざまな不調が起こりやすくなります。そのため、トレーニングの際には、これら栄養素を意識して摂る必要があります。

やる気が起こらなくなってトレーニングが続かなくなる

一般的に、定期的に運動を続けるようにすると、考え方がポジティブになるといわれています。実際に、運動は高いストレス解消効果があり、前向きな精神状態を作ります。

ただ、このとき体が栄養不足となっていると、ポジティブになるどころか、ネガティブな精神状態に陥りやすくなります。これは、ビタミンやミネラルなどの栄養素が、精神状態の調整にも関与しているためです。

というのも、「やる気」や「好奇心」などの精神的な状態は、脳内に「神経伝達物質」が分泌されることによって起こります。そして、このような神経伝達物質にはいくつかの種類があり、それぞれがバランス良く放出されることによって健全な精神状態が保たれています。

そして、ビタミン・ミネラルなどの栄養素は、このような神経伝達物質の生成や分泌、調整などに必要不可欠な栄養素です。そのため、トレーニングによって体が栄養不足となっていると、精神状態が悪くなってネガティブになりやすくなります。

また、多くの人が経験しているように、疲れが溜まっているとやる気が起こりにくくなります。そして、すでに述べたように、栄養不足は疲労の原因となります。

そのため、トレーニング時にしっかり栄養補給を行わないと、精神的に落ち込みやすくなったり、トレーニングに対するモチベーションが低下したりしやすくなります。その結果、挫折しやすくなることによって、成果が出ないままトレーニングをやめることにつながります。

ダイエット効果が現れにくくなる

多くの人が認識しているように、運動には高いダイエット効果があります。そのため、ダイエット目的でトレーニングをしている人は少なくありません。

ただ、このような人の中には、「いくらトレーニングをしても痩せない」という人がいます。また、「トレーニングをすることによって太った」という人もいます。

とはいえ、筋トレをして筋肉量が増えると、体重は増加します。これは、筋肉は脂肪に比べて重いためです。そのため、体についていた脂肪が筋肉に置き換わると、その分だけ体重が増えます。

このとき、「ダイエット=減量」と考えるのであれば、このような体重増加は避けるべきものとなります。ただ、筋肉量が多くなると、体が引き締まって美しいボディラインとなります。そのため、美容目的でダイエットをする人にとっては、筋トレによる体重増加は歓迎すべきものといえます。

ただ、体に栄養が足りていないと、トレーニングをしても筋肉が増えず、体重や脂肪なども減りづらくなることがあります。これは、筋肉の生成や体に蓄えられている脂肪の燃焼などのためには、ビタミンB群が必要であるためです。

また前述のように、食物から摂取したエネルギー源が燃えるためにも、ビタミンB群が不可欠です。そのため、トレーニングの量に応じてビタミンB群の摂取量を増やさないと、体がエネルギー不足となります。

このとき、ビタミンB群不足によって燃やされなかったエネルギー源は、体に脂肪として蓄えられることになります。このようなことから、ダイエットのためにトレーニングをしても、ビタミンB群が不足していればダイエット効果が現れにくくなるということがわかります。

栄養不足はトレーニング時における抜け毛原因の1つ

トレーニングには、高い健康効果があります。とはいえ、トレーニングを行っている人の中には、自身の身体的魅力を上げるために行っている人も少なくありません。

ただ、激しいトレーニングは、「髪の毛」を少なくさせることがあります。これは、運動量が多くなると、「テストステロン」という男性ホルモンが分泌されやすくなるためです。

このような男性ホルモンは、筋肉量を増加させて男性らしい体つきにさせる働きがあります。そのため、男性にとっては、トレーニングによってテストステロンが分泌されると、より魅力的な体に近づきやすくなるといえます。

ただ、このような男性ホルモンは、体内で「脱毛を促すホルモン」に変化することがあります。

このような「脱毛を促すホルモン」は、頭皮に作用して毛髪の発育を阻害させる働きがあります。そのため、このようなホルモンが体内で増えると、頭髪が少なくなってはげやすくなります。

とはいえ、激しいトレーニングをしたからといって、すべての人がはげやすくなるわけではありません。

これは、「脱毛を促すホルモンにおける生成のしやすさ」には個人差があるためです。そのため、たくさんトレーニングをしても、体内の「脱毛を促すホルモン」があまり増えない人もいます。

一方で、「脱毛を促すホルモン」が生成されやすい人は、トレーニングによってはげるリスクが高いといえます。そして、このとき体が栄養不足となっていると、頭髪が減りやすくなります。

というのも、毛が生えるためには、タンパク質や亜鉛、葉酸などのさまざまな栄養素を必要とするためです。そのため、トレーニング時の栄養補給を怠ると、トレーニングによって頭髪が薄くなるリスクがかなり高くなります。

当然のことながら、「頭髪が少ない=魅力が低い」ということではありません。とはいえ、身体的魅力向上のためにトレーニングをする人の中には、頭髪を薄くしたくない人が多いのが現実です。

そのため、トレーニングによって頭髪を失いたくないのであれば、ビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかり補給するように努めることが大切です。

トレーニングに青汁を取り入れるメリット

これまでに述べたように、筋トレなどのトレーニングをして体が栄養不足になると、トレーニングの成果が現れにくくなったり不調が生じやすくなったりします。そのため、トレーニングをするのであれば、食事内容に気を配る必要があります。

とはいえ、トレーニング時に不足する栄養をしっかり補うためには、専門的な知識が必要です。これは、「運動量が多い人の代表格」であるアスリートに、栄養の専門家がつくことからも明らかといえます。

また、多くの人が認識しているように、外食や惣菜などは栄養バランスが悪いことが多いです。そのため、食事によってトレーニングで不足する栄養を補給しようとすると、バランスの良い食事を自炊で用意する必要があります。

ただ、当然のことながら、食事を自炊するためには、知識と技術、時間が必要です。そのため、トレーニングを仕事とする人でなければ、体が必要とする栄養を食事で補給することは難しいといえます。

このような中、青汁は栄養価の高い野菜を原料として作られた健康飲料です。そのため、トレーニングしている人が青汁を生活に取り入れると、以下のような栄養・成分を補給することによってトレーニングの成果が現れやすくなります。

青汁にはビタミンやミネラルなどの栄養素がたっぷり含まれている

多くの人が認識しているように、ご飯やパンなどの炭水化物は、人体にとっての重要なエネルギー源です。

また、食肉や魚、卵、豆類などは、体を構成するために必要なタンパク源となります。そのため、これら食品は、意識しなくてもしっかり食べている人がほとんどです。

一方で、多くの野菜には、糖質やタンパク質などの栄養素がほとんど含まれていません。そのため、中には「野菜を食べる必要がない」と思っている人もいます。

ただ、実際には、人体にとって野菜は「重要なビタミン・ミネラル源」です。

例えば、ビタミンCは、動物性食品にはほとんど含まれない栄養素です。そのため、野菜の摂取量が少なくなると、ビタミンCが不足によって免疫力の低下や肌荒れ、疲労などが起こりやすくなります。

また、野菜には、ビタミンB群やビタミンA(正確にはビタミンAの前段階の物質)、ビタミンEなどのさまざまなビタミンが豊富に含まれています。

さらに、野菜はカルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラル類も多く含む食材です。そのため、野菜の摂取量が足りないと、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しやすくなります。

とはいえ、トレーニングで不足する栄養を補うだけの野菜を食べるためには、大量の野菜を効率の良い調理方法で食べる必要があります。そして、ほとんどの人が、食事に多くの時間をかけられない環境にあるのが現実です。

このような中、青汁は緑黄色野菜を絞って作った汁です。そのため、青汁には、緑黄色野菜が含む栄養素が多く含まれています。

特に、市販の青汁は、普段食卓には上がらないような「ケール」や「大麦若葉」などの栄養価が高い野菜を原料としています。

また、中には、野菜をそのまま粉末状にしている青汁もあります。そのため、市販の青汁には、体が必要としている栄養がギュッと詰まった状態になっています。

このようなことから、青汁はトレーニングによって不足する栄養の補給に適した飲み物であることがわかります。そして、青汁によってしっかりと栄養補給をすると、すでに述べたようなトレーニング時の不調が起こりにくくなります。

青汁には抗酸化物質が豊富に含まれている

前述のように、トレーニングなどの際に起こる疲労の原因は、活性酸素です。そのため、トレーニング時の疲労をすばやく回復させるためには、活性酸素を速やかに除去する必要があります。

そして、このような活性酸素は、青汁を飲むことによって消去されやすくなります。これは、青汁には抗酸化物質が豊富に含まれているためです。

例えば、前述したようなビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどのビタミンは、強い抗酸化作用をもちます。また、亜鉛や銅などのミネラルは、抗酸化酵素の材料となります。

そして、青汁には、このような栄養素がたっぷり含まれています。そのため、青汁によってしっかり栄養を補給すると、体内の活性酸素が減りやすくなります。

さらに、青汁には、「ポリフェノール」という抗酸化物質も豊富に含まれています。ポリフェノールとは、植物性食品にのみ含まれる機能性成分であり、強い抗酸化作用をもちます。そのため、青汁を飲むと、ポリフェノールを体内に取り入れることによって活性酸素が除去されやすくなります。

そして、このようにして体内の活性酸素が少なくなると、疲れにくくなったり疲労の回復が早くなったりしやすくなります。このようなことから、青汁はトレーニング時の疲労回復にも効果的であるといえます。

市販の青汁は簡単に飲むことができる

すでに述べたように、体が必要としている分の栄養を補給するためには、たっぷりの野菜を摂る必要があります。そして、このようにして野菜から十分な栄養を摂ることは、現代の日本人には困難であるのが現実です。

このような中、市販の青汁は水に溶かしたり解凍したりするだけで飲むことができるため、習慣を持続させやすいです。そして、このようにして栄養不足を防ぐことができると、不調が起こりにくくなることによってトレーニングを継続しやすくなります。

このようなことから、市販の青汁を生活に取り入れると、トレーニングを続けやすくなることによって成果が現れやすくなるといえます。

青汁を取り入れながらトレーニングの効率を上げるコツ

これまでに述べたように、青汁にはトレーニング時に不足しやすい栄養素が豊富に含まれています。そのため、青汁を生活に取り入れると、運動量増加による不調を防いでトレーニングを継続しやすくなります。

また、青汁を飲みながら健康的にトレーニングするためには、以下のようないくつかのコツを踏まえることが重要となります。

青汁だけでなく、プロテインを飲む

すでに述べたように、傷ついた筋肉が修復されて強くなるためには、さまざまな栄養素が必要です。そして、青汁はこのような栄養素のうち、「ビタミン・ミネラル」の補給に適した飲料です。

とはいえ、筋肉の材料はタンパク質です。そのため、効率良く筋肉量を増やすためには、十分な量のタンパク質の摂取が必須といえます。

このとき、タンパク質の補給は筋トレの直後に行うのが最適です。これは、筋トレの直後には、筋肉におけるタンパク質の吸収力が高まっているためです。

ただ、食肉などのタンパク質が豊富な食材は、消化吸収に長い時間がかかります。そのため、このようなタンパク源は、筋トレ後のタンパク質補給には向かないといえます。

これに対して、プロテインドリンクは液体であるため、食肉などの食品よりも速やかに吸収されます。そのため、効率良く筋肉を増やしたいのであれば、青汁とともにプロテインを飲むようにしましょう。

このとき、運動量が少ないと、摂取したタンパク質が脂肪として蓄えられるため太ります。そのため、プロテインは本格的な筋トレを行う場合に飲むようしましょう。

青汁を飲むタイミングを工夫する

これまでに述べたように、青汁はトレーニングの際の栄養補給に適した飲料です。そのため、健康的にトレーニングを行いたいのであれば、青汁を生活に取り入れることをおすすめします。

そして、食事前などの胃が空っぽのときには、栄養素の吸収率が高まりやすくなります。そのため、トレーニングの効果を最大限に活かしたいのであれば、「トレーニング直後にプロテイン」、「食事前に青汁」という習慣を毎日続けるようにしましょう。

とはいえ、このような青汁は、いつ飲んでも栄養を補給することができます。そのため、自身が取り入れやすいタイミングに青汁を飲むことも可能です。そうすることによって、青汁の習慣を続けやすくなるはずです。

このように、青汁は、トレーニングの際に不足しがちな栄養素を手軽に補給することができる飲み物です。そのため、青汁を生活に取り入れると、トレーニングの効果が向上しやすくなり、トレーニングによる不調が起こりにくくなります。

このようなことから、筋トレやランニングなどを定期的に行う人は、青汁をトレーニングのルーティンに加えてみることをおすすめします。そうすることによって、トレーニングの目標を達成することができ、効果を実感できるようになります。