青汁には、さまざまな健康効果があることが知られています。例えば、がんの発症を予防したり、肌荒れを良くしたりするなどといったことは、青汁に期待される作用として一般的です。

また、青汁は糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防する働きも、もっているといわれています。というのも、青汁には、コレステロール値や中性脂肪値などの生活習慣病を引き起こす元となる「脂肪の蓄積を示す値」の悪化を防ぐ効果が期待できるのです。

したがって青汁とコレステロール、中性脂肪の関係性を知ることで、肥満はもちろんのこと、さまざまな病気を防ぐことができる可能性があります。

そこで今回は、「コレステロール・中性脂肪と青汁の関係性」について解説していきます。

コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールというと、一般的に体内の脂肪量を示す指標として認識されています。また同じように、中性脂肪(トリグリセリド)も体内における脂肪の蓄積量の目安として使われます。ただ、血液検査結果などを見てわかるように、コレステロール値と中性脂肪値は別に記されています。

それでは、コレステロールと中性脂肪では何が違うのでしょうか? これらの違いは、健康管理を実践していく上で欠かせない知識です。そのため、さまざまな病気を防ぐためにも、正しい健康知識を得ておきましょう。

コレステロールとは

コレステロールとは、体内にある脂質の一種です。一般的に、コレステロールは「身体に悪いもの」と認識されることが多いです。ただ、コレステロールは、「細胞」や「ホルモン」、「胆汁酸」といった身体に必要な物質を構成する材料になります。つまり、身体にとって不可欠なものなのです。

例えば、体内のコレステロールが不足すると、ホルモンが十分に作られなくなります。それが女性であれば、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、月経不順や不妊などにつながるかもしれません。また、男性であれば、男性ホルモンが足りずに筋肉が衰えたり勃起不全(ED)になったりする可能性があります。

また、コレステロールは、「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」と「悪玉コレステロール(LDLコレステロール)」に分類されています。HDLやLDLというのは、コレステロールを体内で運搬する役割を持つたんぱく質の種類のことです。

というのも、前述のようにコレステロールは脂質であるため、主成分が水である血液には溶けません。そのため、コレステロールはタンパク質とくっついた形で血液中に溶けています。そして、このようなタンパク質は、含んでいるコレステロールの量によって名前が異なります。

具体的には、HDLコレステロールは、「高比重リポタンパク質」という意味であり、全身で余ったコレステロールを回収する役割を持っています。こうしたことから、善玉コレステロールと呼ばれます。

これに対して、LDLコレステロールは、「低比重リポタンパク質」の略であり、肝臓で作られたコレステロールを全身に送り出します。これを言い換えると、血液中のコレステロール値を高めるということになります。そして、血液中に大量のコレステロールが存在すると、「動脈硬化」が起こるリスクが高まります。

動脈硬化とは、動脈に中性脂肪やコレステロールなどの脂質が溜まることによって血管が硬くなったりもろくなったりした状態のことをいいます。このような状態になると、全身の各組織に酸素や栄養素などが運ばれなくなるため、さまざまな部位に悪影響が起こります。

例えば、動脈硬化が進行して脳の血管が詰まったり破れたりすると、脳卒中を発症して命を落とす危険性があります。また、心臓を動かす筋肉に血液が行き渡らなくなると、心筋梗塞が起こって心臓が壊死することがあります。

また、LDLコレステロールは、「酸化」と呼ばれる老化反応が起こると、動脈硬化を引き起こしやすくなります。このように、LDLコレステロールは動脈硬化を引き起こすリスクを抱えているため、「悪玉コレステロール」といわれます。

ただ既に述べたように、コレステロールが全身に届かなければ、身体にさまざまな不調が生じます。つまり、全身にコレステロールを送り出すLDLコレステロールは、身体にとって悪い働きをしているのではなく、むしろ無くてはならない機能を果たしているのです。

このようなことから、LDLコレステロールは「悪玉」と呼ばれるものの、多すぎても少なすぎても身体には良くないといえます。そのため、HDLコレステロールとLDLコレステロールは、それぞれの適量を保ってお互いにバランスが取れている状態であることが大切です。

中性脂肪とは

前述のように、コレステロールは身体におけるさまざまな組織の材料となる脂質です。これに対して、中性脂肪は、脂肪細胞の中に蓄えられている脂質のことを指します。つまり、既に身体に蓄積されている脂肪です。

中性脂肪は、主に食物から摂取した脂肪酸から作られます。また、ご飯やパン、甘い食品などの糖質を摂り過ぎたりアルコールを摂取したりすると、肝臓で合成されるという特徴があります。

このような中性脂肪は、脂肪のついている部位によって「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類に分けられます。このうち皮下脂肪とは、皮膚の奥に蓄積した脂肪のことであり、衝撃や外気温などから内臓を守る働きがあります。また、内臓脂肪は、腹部の内臓まわりに溜まり、臓器を定位置に固定する役割を持ちます。

さらに、これら2つの脂肪には、身体が飢餓状態に陥ったときにエネルギー源として活用されるという働きがあります。そのため、これら脂肪が極端に少ないと、長期間において食事が取れなくなった際に命を落としやすくなります。

ただ、現代の日本では、中性脂肪が不足している人はほとんどいません。一方で、日本における男性の約3割、女性の約2割が、過剰に脂肪を蓄えた「肥満状態」であるという調査報告があります。

前述のように、中性脂肪は人間が生きていく上で必要不可欠なものです。ただ、このような脂肪は、多すぎると身体に悪影響を及ぼします。

例えば、内臓脂肪が多く蓄積すると、さまざまな生活習慣病を引き起こします。また、皮下脂肪を蓄えすぎると、増えた脂肪に皮膚がひっぱられて割れてしまったり、膝に大きな負担がかかって歩行が困難になったりします。

また、一般的に皮下脂肪は女性の方がつきやすいです。一方で、内臓脂肪は男性の方が蓄積しやすいという特徴があります。これは、女性ホルモンには皮下脂肪を蓄える作用があり、男性ホルモンには内臓脂肪を増やす働きがあるためです。

というのも、女性の身体には、妊娠して体内で子供を育むという役割があります。このような中、妊娠中の腹部を守るものは皮膚1枚しかありません。そのため、妊娠・出産を司っている女性ホルモンは、衝撃や気温の変化などから内臓を守る作用の強い皮下脂肪を多く蓄えようとします。

これに対して、男性の身体は、女性に比べて筋肉の量が多いです。そのため、身体が必要とするエネルギーも女性より多くなります。このようなことから、男性ホルモンは筋肉のエネルギーとして消費しやすい内臓脂肪を貯めようとします。

ただ、当然のことながら、女性に内臓脂肪が全くつかないわけではありません。これと同様に、男性も皮下脂肪を蓄えます。そのため、男女にかかわらず、肥満体型の人はこれら2つの中性脂肪を過剰に蓄えているといえます。

コレステロールと中性脂肪の関係性

これまでに述べたように、コレステロールは細胞やホルモン、胆汁酸などの、生命活動に必要不可欠なものの原料となる物質です。また、中性脂肪は、内臓を守る働きや緊急時のエネルギー源などという大切な役割を担っています。ただ、これらはどちらも、量が多すぎても少なすぎても問題であるため、値が正常範囲にあることが大切です。

また、コレステロールと中性脂肪には、相関関係があります。具体的には、血液中の中性脂肪が増えると、HDLコレステロールが減ってLDLコレステロールが増えます。さらに、身体が余分に中性脂肪を蓄えると、血液中に中性脂肪が流れやすくなるため、HDLコレステロールが減少します。特に、過剰に蓄積した内臓脂肪はこのような現象を起こしやすくします。

また、内臓脂肪が増えると、「アディポネクチン」というホルモンが分泌されにくくなることがわかっています。アディポネクチンには、中性脂肪を燃焼させる働きがあります。そのため、このホルモンの分泌量が減ると、中性脂肪が増えやすくなります。

さらに、中性脂肪が多くなりすぎると、LDLコレステロールが小型化しやすくなります。このようなLDLコレステロールは、血管内に入り込みやすいため、動脈硬化のリスクが高まります。

このように、中性脂肪が増えて肥満になると、コレステロールのバランスが崩れてさまざまな病気が発症しやすくなります。このようなことを避けるためには、中性脂肪を蓄えすぎないように注意することが大切です。

食事と中性脂肪・コレステロールの関係性

前述のように、身体の健康を保つためには、中性脂肪の蓄積を抑えることが重要です。そして、中性脂肪の量が増える主な原因は食生活にあります。というのも、身体は摂取した食物で構成されています。そのため、食生活が乱れて栄養バランスが偏ると、身体が中性脂肪を蓄えやすくなります。特に、現役世代における食生活の乱れは、社会的に問題視されています。

摂取する脂質における身体への影響

前述のように、中性脂肪は食事で摂取した脂肪酸から作られます。そのため、脂質の多い食事をすると、身体に体脂肪がつきやすくなります。

さらに、摂取する脂肪酸の種類によっては、コレステロールのバランスが崩れやすくなります。というのも、脂肪酸は、分子内における炭素の結合の仕方によって「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に大別できます。

具体的には、脂肪酸やタンパク質などを構成している原子は、他の原子とつなぐことができる「腕」を持っています。そして、これらの原子が腕をつないでたくさん連なることで、脂肪酸などが作られています。

このようにして生体を構成している原子の1つである炭素は、「腕」を4本持っています。また、このような複数における腕のうち、2本を同じ原子とつなぐことを「二重結合」といいます。そして、不飽和脂肪酸とは、二重結合している炭素を含む脂肪酸です。一方で、二重結合をしている炭素を含まない脂肪酸を、飽和脂肪酸といいます。

飽和脂肪酸は、肉や乳製品などに多く含まれており、常温で固体の脂肪酸です。これに対して、不飽和脂肪酸は、常温では液体です。そのため、血中の中性脂肪における飽和脂肪酸の割合が増えると、血液の粘度が高くなって詰まりやすくなります。

また、飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、体内のLDLコレステロールが増えることがわかっています。つまり、食事から飽和脂肪酸を多く摂取すると、太るだけではなく生活習慣病が発生しやすくなるということです。

また、不飽和脂肪酸は、二重結合している炭素を1つ含む「一価不飽和脂肪酸」と2つ以上の二重結合炭素を含む「多価不飽和脂肪酸」に分けられます。さらに、多価不飽和脂肪酸は、二重結合している炭素の位置によって「n-3系脂肪酸」と「n-6系脂肪酸」などに分けられています。

一価不飽和脂肪酸は、オリーブ油やひまわり油などに多く含まれており、酸化しにくいという特長があります。そのため、動脈硬化の予防効果が期待されています。また、n-6系脂肪酸は一般的な食用油に多く含まれており、血液中のコレステロール量を減少させるという働きがあります。

ただ、どちらも脂質であることに変わりはないので、摂取する量が多いと太ります。さらに、n-6系脂肪酸は、LDLコレステロールとともにHDLコレステロールも減らす作用があります。そのため、この脂肪酸を多く摂ってもコレステロールのバランスは良くなりません。

これに対して、魚油やエゴマ油などに含まれているn-3系脂肪酸は、LDLコレステロールや中性脂肪を減らしてHDLコレステロール値を上げる作用があります。そのため、n-3系脂肪酸は、これまでに述べた脂肪酸の中でもっともコレステロールのバランス改善に役立つ脂質といえます。逆にいうと、これ以外の脂肪酸は、摂り過ぎることによる身体への悪影響が強いです。

ただ、日本人の食生活は昔に比べて大きく変化し、魚類の代わりに肉類を多く食べるようになりました。また、揚げ物や炒め物など、料理に大量の油を使う機会も大幅に増加しています。つまり、現代日本人の多くは、不必要な脂質を多く摂り過ぎている状態です。そして、これが原因で、肥満や生活習慣病などが起こりやすくなっています。

過剰な糖質の摂取

前述のように、脂質を摂り過ぎると身体に中性脂肪がつきます。また、「糖質」の摂り過ぎも、中性脂肪の蓄積を促します。

というのも、ご飯やパンなどの主食、ケーキやクッキーなどのお菓子類には、多くの糖質が含まれています。このような糖質は分解されてブドウ糖となり、身体中における細胞のエネルギー源となります。ただ、必要以上に摂取された糖質は、肝臓で中性脂肪に合成されて予備のエネルギー源として蓄えられます。

また、糖質を摂取すると、体内では「インスリン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。インスリンは、細胞にブドウ糖を取り込ませる働きがあります。これによって、身体中の細胞はエネルギー源を得て活動することができます。

一方で、インスリンには、脂肪の合成を促進したり分解を抑制したりするという作用もあります。このような働きがあることによって、少ない食事量でも生命を維持することが可能です。ただ、現代の日本では、エネルギーを節約する必要があるほど食事量が少なくなることはめったにありません。そのため、インスリンがもつこのような作用は、日本人を太りやすくしているという側面があります。

さらに、さまざまな糖質のうち、特に「甘さの強い食品」を摂取すると、インスリンの「太らせる作用」が強く出やすくなります。

というのも、甘さが強い食品には「糖類」が含まれています。このような糖類は、ご飯などに含まれるデンプンに比べて、ブドウ糖に分解されるのが早いです。そのため、摂取するとすぐに大量のブドウ糖が血液中に流れます。

すると、その分だけ多くのインスリンが一気に分泌されるため、血液中のブドウ糖(血糖)が急激に減少します。そして、血糖が一定よりも少なくなると、空腹感が起こります。多くの場合、このような空腹感が起こると、「お腹が空いた=エネルギー源となる食物が必要」と感じ、糖質などの食品を摂取することになります。

このように、甘いものを食べると、摂取したエネルギーを身体が消費していないにも関わらず空腹感が起こります。そして、前述のように、摂り過ぎた糖質は中性脂肪に変えられるため、空腹感に任せて食べるとその分だけ太っていきます。

コレステロール・中性脂肪と青汁の関係性

これまでに述べたように、脂質や糖質などを摂り過ぎると、身体にさまざまな悪影響があります。そして、このような過剰摂取は食事の偏りから起こります。

例えば、忙しさのあまり、食事をお菓子や軽食などで済ませる人は少なくありません。また、日本人における野菜の摂取量は年々低下しており、その分だけ糖質や脂質などの摂取量が増加しています。

このような際、食事と一緒に青汁を飲むと、脂質や糖質などの摂り過ぎを防ぐことができます。というのも、青汁には大量の食物繊維が含まれています。このような食物繊維には、満腹感を高めるという作用があります。そのため、青汁を飲むと、食物繊維の効果によって脂質や糖質などの摂取量が減りやすくなります。

また、食物繊維は、食事からの脂肪の吸収を抑える役割を持っています。そのため、食事と一緒に青汁を飲むと、食べた物から摂り込む脂肪量を減らすことができます。

さらに、糖質がエネルギーとして消費されるためには、ビタミンB1が不可欠です。また、ビタミンB2は脂質の代謝に必要不可欠な成分であり、糖質やタンパク質などの代謝にも関わっています。そのため、糖質や脂質などの多い現代的な食生活を送ることによってこれらビタミンが不足すると、摂取したエネルギーが身体に蓄積しやすくなります。

このような中、青汁の原材料となる大麦若葉には、このようなビタミンB1やビタミンB2などが多く含まれています。つまり、青汁には、食事で摂取したエネルギー源の燃焼を助けて肥満を防止する効果が期待できるということです。

そして、青汁に含まれているビタミンCやビタミンEなどの「抗酸化ビタミン」と呼ばれる物質は、悪玉コレステロールが酸化することを防ぎます。既に述べたように、LDLコレステロールは身体に必要な物質である一方、酸化してしまうと身体に悪影響を与えるものに変わります。つまり、青汁には、LDLコレステロールの悪い変化を抑える作用をもつ物質が多く含まれているということです。

このように、青汁には体内のコレステロールや中性脂肪などに対して良い働きをする栄養素が豊富に含まれています。そのため、青汁を日常的に飲むことで、肥満や生活習慣病などの予防効果が期待できます。

ただ、健診などで確認することができるコレステロールと中性脂肪の値は、正しい知識をもった上で現状を判断することが大切です。というのも、これらは数値の高さのみで良し悪しを判断できるものではありません。そのため、これらを素人判断で健康状態の基準にすることは良いことではありません。

しかしながら、青汁には身体に必要な栄養素が多く含まれています。また、通常の食事でこのような栄養素をバランス良く摂取することが簡単ではないのに対して、青汁は気軽に食生活に取り入れることができます。そのため、食生活の乱れや肥満、自身の健康状態などが気になる人は、青汁を飲むことをお勧めします。