青汁には、美肌やがん細胞増殖の抑制、花粉症の解消などのさまざまな健康効果があることがわかっています。そのため、身体の健康を意識している人は、このような効果を期待して青汁を愛飲していることが多いです。

また青汁には、これら病気の予防や解消などだけでなく、「ダイエット効果」があることがわかっています。そのため、青汁を上手く活用することで、食欲を抑えて食べすぎを防ぐだけでなく、脂肪が付きにくい体を作ることができます。

このようなことから、厳しい食事制限やハードな運動などを行ったにもかかわらず痩せなかった人は、青汁を継続して飲むことで健康的に痩せられる可能性があるといえます。

そこで、ここでは「ダイエットに青汁が効果的な理由」について解説します。

肥満とは

肥満は、女性や中高年男性などのさまざまな人が抱えている健康問題の1つです。また肥満は、健康面だけではなく外見などの美容面にも大きく影響します。そのため、たくさんの人が肥満を解消するためにダイエットを実施しています。

そもそも、肥満とは体に余分な脂肪が蓄積した状態のことをいいます。そして、日本ではこのような肥満の度合いを示す指標に「BMI」が使われています。

BMIは、体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}で計算されます。そして、この計算式で算出された数値が18.5未満だった場合は「低体重(痩せ)」、18.5~25未満は「普通体重」、25以上が「肥満」としています。

また、厚生労働省による2014年のデータでは、日本人男性の27.8%、女性の20.5%が肥満であるとされています。また、人口に対する肥満の割合は、加齢とともに増えていく傾向にあります。

例えば、前述のデータでは、20代男性の人口における20.9%が肥満者です。これに対して、30代男性は27.2%、40代男性は30.9%、40代男性は34.4%の人が肥満であるとなっています。

同様に、肥満である20代の女性は、人口に対して10.4%程度です。これが、30代女性になると15.9%、40代女性では17.0%、50代女性では23.7%の人が肥満となっています。

肥満の原因

このように、一般的には、年を取ると肥満になりやすくなります。これは、加齢とともに筋肉量や運動量などが減少しやすいためです。

というのも、筋肉は人体における熱産生の約6割を担っています。つまり、その分だけエネルギーを消費しているということです。そのため、筋肉量が少なくなると、エネルギーの消費量が減って太りやすくなります。

また、学生時代は、授業やクラブ活動、サークル活動などによって定期的に運動する機会がある人が多いです。ただ、社会人になると、学生時代ほどの運動量を確保できることはほとんどありません。そして、職種や趣味などによっては、身体をほとんど動かさずに一日を終えることもあります。

さらに、人口が多い都市部は交通機関が充実しており、通勤などの歩行距離は微々たるものです。また、都市部以外の地域は車社会となっていることが多く、歩いて移動することはあまりありません。

このように、現代の日本では、生活活動において身体を動かす必要がないため、積極的な運動を心がけないと肥満になりやすいです。

さらに、日本には、食べ物が溢れています。というのも、コンビニエンスストアは日本中に出店しており、その多くが24時間営業しています。そして、このようなお店では、いつでも食品を手に入れることができます。さらに、24時間営業しているファーストフード店も珍しくありません。

また、仕事などの合間にお菓子をつまむなどの、食事以外に食べることが習慣化している人も多いです。そして、多くの人が常飲している缶コーヒーや清涼飲料水などには、多くの砂糖が使われています。

このように、日本では簡単に高カロリーの食品や飲料などを手に入れることができます。そのため、日本人の多くが、必要以上にエネルギー源を摂取しています。それにも関わらず、運動量はそう多くありません。このようなことから、現代の日本は、意識して過ごさないと太りやすい環境であるといえます。

ダイエットのコツ

前述のように、肥満とは身体に余分なエネルギーが溜まっている状態のことをいいます。そのため、摂取するエネルギーが消費エネルギーを上回らなければ肥満にはなりません。また、「消費カロリー>摂取カロリー」を維持し続ければ、いずれ肥満は解消します。

ただ、ダイエットを実践している人のほとんどは失敗しています。実際に、「いくら頑張っても痩せられなかった」、「一時的には痩せたけどすぐにリバウンドした」などという人はかなり多いです。

これは、食べる量を減らしたり運動量を増やしたりなどの「カロリーの調整」のみでダイエットを行おうとしているためです。というのも、「消費カロリー>摂取カロリー」を継続して実施するためには、いくつかの注意点があります。

そこで、以下に肥満を解消するためのコツを述べていきます。

血糖値のコントロール

白飯やパンなどの糖質を摂取すると、体内で分解されてブドウ糖となります。そして、このようなブドウ糖は、身体中の細胞におけるエネルギー源となります。そのため、糖質を摂取すると、エネルギー源を細胞へ届けるためにブドウ糖が血液中に流されます。そして、このような糖の量を示す指標が「血糖値」です。

このようにして血糖値が高くなると、体内では「インスリン」というホルモンが分泌されます。インスリンには、細胞にブドウ糖を取り込ませる働きがあります。そのため、インスリンが分泌されると、血液中のブドウ糖が細胞に吸収されて血糖値が下がります。

ただインスリンには、このような血糖値を下げる作用だけでなく、脂肪の蓄積を促したり、蓄えている脂肪の分解を抑制したりする作用もあります。そのため、たくさんのインスリンが分泌されると、このような作用によって肥満になりやすくなります。

例えば、甘いものを食べると太りやすいのは、このような食品には血糖値を大きく上昇させる働きがあるためです。というのも、甘いものには砂糖が多く含まれています。また、ケーキやクッキー、まんじゅうなど甘い食品のほとんどは、大量の小麦粉で作られています。

ただ、このような砂糖や小麦粉などには、吸収さやすいという特徴があります。例えば、砂糖はブドウ糖がいくつか連なった状態になっています。そのため、体内で分解するためのプロセスが少なく、摂取後すぐにブドウ糖となって血液に流れ出ます。

また、小麦粉とは、麦を精製して余分なものをなくし、細かく砕いたものです。そのため、大きな塊となっている麦そのものや白飯などより吸収しやすく、摂取後すぐに血糖値が上がりやすいです。

このようにして血糖値が急に上昇すると、これを下げるために大量のインスリンが分泌されます。すると、前述のように、インスリンの「太りやすくなる作用」が表面化しやすくなります。

さらに、一気にインスリンが分泌されると、その分だけ血糖値が急激に下がりやすくなります。すると、体が「エネルギー不足である」と勘違いし、再び空腹感が起こるようになります。つまり、甘いものを食べると、エネルギーが足りているのにもかかわらずお腹が空くのです。

そして、このような空腹感にまかせて食品を摂取すると、体に余分なエネルギーが溜まっていくことになります。そのため、日頃から甘いものを食べる習慣があると、太りやすくなります。

このように、甘いものを食べることによって起こる血糖値の乱高下は、インスリンの作用や空腹感などによって太りやすい環境を作ります。そのため、ダイエットを成功させるためには、血糖値をうまくコントロールすることが大切といえます。

空腹感のコントロール

前述のように、ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーより少なくすることです。ただ、現代人のように忙しいと、運動して消費カロリーを増やすことは困難です。そのため、摂取カロリーを減らす手段である「食事制限」は、もっとも行われることの多いダイエット方法です。

ただ、一般的に、食事制限によるダイエットは失敗しやすいといわれています。というのも、細胞はエネルギーがないと活動することができません。そして、人間は、数多くの細胞がそれぞれの役割を果たすことによって存在しています。そのため、身体にエネルギーがなくなると、細胞が活動できずに死を迎えます。

このような事態を防ぐために、体内でエネルギーが不足すると、脳から「エネルギーを補給しなさい」という指示が発令されます。このような指令が「空腹感」です。

具体的には、血中に流れる糖の量が少なくなると、その情報を脳の視床下部内にある「摂食中枢」がキャッチします。すると、身体にエネルギー源が足りていないと判断して、空腹感が起こります。

また、血糖値が下がってくると、身体は蓄えていた脂肪を分解してエネルギー源にしようとします。このとき、分解された脂肪は「遊離脂肪酸」として血液中に流れます。そして、このような遊離脂肪酸が血液中に増えてくると、この情報が摂食中枢に伝わって空腹感を感じるようになります。

通常、このようにして空腹感が起こると、食物を摂取します。このとき、空腹感が強いほど、脂っこいものや甘いものなどの「カロリーが高いもの」や「すぐにエネルギーにできるもの」などが美味しく感じやすいです。

そのため、空腹感にまかせて食べると、ハードな運動や食事制限などによって減らした分よりも多くのカロリーを摂取しやすく、リバウンドにつながりやすいです。このようなことから、ダイエットを成功させるためには、空腹感をコントロールすることが大切といえます。

慢性的な便秘の解消

現代では、日本人の約3割が便秘であるといわれています。また、便秘を訴える人は、昔に比べて増加しています。これは、食生活の変化が原因の1つだとされています。

というのも、日本人の食生活は、戦後と比べて大きく変わりました。それまでは、米と野菜、豆腐などの大豆製品が献立の中心でした。また、お米を白飯だけで食べるのは特別な日だけであり、玄米のまま食べたり米と麦を混ぜて食べたりするのが一般的でした。

これに対して、現在は肉の消費量が格段に増えており、大豆製品などの摂取量が低下しています。また、米は、精製された白飯として食べることが一般的になりました。ただ、現代で食べられることが多くなったこれらの食品には、食物繊維があまり含まれていません。

例えば、大豆には食物繊維が含まれているのに対して、肉類は含んでいません。また、白米に含まれている食物繊維は、玄米の1/6、大麦の1/20程度です。そのため、肉や白飯などを食べるようになった現代人は、昔に比べて食物繊維の摂取量が低下しています。

このような食物繊維には、便秘を防ぐ効果があります。というのも、食物繊維とは、食物に含まれている成分のうち、人体で消化・吸収できないもののことをいいます。そのため、食物繊維を摂ると、便のかさが増えたり、消化できないものを排出しようとして腸が動きやすくなったりするため、排便が促されます。

一方で、食物繊維の摂取量が不足すると、便に含まれる水分量が低下して便が固くなったり、便のかさが少なくなったりして便秘になりやすくなります。

このようにして便秘になると、腸内に便が長時間とどまることになります。ただ、腸には、便に含まれている栄養を吸収するという働きがあります。そのため、腸内に便が長く滞留すると、その分だけ吸収されるエネルギー量が多くなります。

すると、身体に必要以上のエネルギーが補給されやすくなり、余分なエネルギーが脂肪となって蓄えられます。つまり、便秘になると、食事量が多くなくても太りやすくなるということです。

そのため、ダイエットのために食事制限をしても、便秘になっているとその効果が十分に発揮されません。このようなことから、ダイエットを成功させるためには、便秘にならないことが大切といえます。

脂肪燃焼のための栄養補給

前述のように、ダイエットを成功させるためには、消費カロリーを摂取カロリーよりも多くすることが必要です。ただ、このような状態を維持していても、身体に必要な栄養素が不足すると体重は減りにくくなります。

というのも、体に蓄えられている脂肪を燃やすためには、ビタミンやミネラルなどのさまざまな栄養素が必要不可欠です。そのため、ダイエットのために食事制限をすると、これらの栄養素が不足して体の脂肪が燃えづらくなります。

また、現代の日本では、もともとこれらの栄養素が不足している人が少なくないです。というのも、仕事などで忙しいと、食事をコンビニエンスストアやスーパーなどの惣菜や、ファーストフード店などで済ませがちになります。

ただ、これらは、購入してもらいやすくするために美味しくなるように調理されています。そして、前述のように、人間はエネルギー源となりやすいものを美味しいと感じやすいです。

そのため、惣菜やファーストフードなどの栄養価は、エネルギー源となる脂質や糖質、タンパク質などに偏っています。一方で、野菜に多く含まれているビタミンやミネラル類が不足していることが多いです。

このようなことから、ダイエットのためにハードな運動をしても、食事の内容に気を付けないと体に蓄えられた脂肪が燃焼しづらいといえます。

さらに、意識して野菜を多く食べても、野菜の栽培方法によっては、ビタミンやミネラル類などが不足することがあります。というのも、現在は野菜の栽培技術が向上しており、ハウス栽培などによって年中同じ野菜を手に入れることができます。

ただ、ハウス栽培による野菜は、旬の物に比べて栄養価が低いことがわかっています。そのため、このような野菜を中心に献立を組むと、たくさん野菜を食べても必要な分の栄養素が摂れていないということになりやすいです。

このようなことから、脂肪を効率よく燃やすためには、野菜を積極的に食べる必要があり、なおかつその種類にも気をつける必要があるといえます。

ホルモンバランスの乱れを防止

人間の体内では、「ホルモン」と呼ばれる物質が分泌されており、これによって身体のさまざまな機能が正常に働くことができます。

例えば、成熟期の女性に毎月生じる「月経」は、「エストロゲン」や「プロゲステロン」などの女性ホルモンが増えたり減ったりすることによって起こっています。また、男性は、「テストステロン」という男性ホルモンの影響で、身体に筋肉がつきやすかったり毛が濃くなりやすかったりします。

ただ、これらのホルモンは、少ない量でさまざまな作用があります。実際に、女性の身体で一生のうちに分泌されるホルモンの量は、ティースプーン一杯分程度であるといわれています。そのため、何らかの理由によってホルモンの分泌量が少しでも変化すると、身体にさまざまな影響が起こります。

例えば、女性ホルモンの1つであるエストロゲンには、食欲を抑えたり脂肪の分解を促したりする作用があります。そのため、このホルモンが十分に分泌されないと太りやすくなります。

また、テストステロンには、筋肉を作ったり脂肪を燃やしやすくしたりする働きがあります。前述のように、筋肉が増えるとその分だけ消費するエネルギー量が上がります。そのため、テストステロンが減少すると、筋肉が減りやすく脂肪が増えやすくなります。

一方で、前述のようなダイエット効果のあるエストロゲンであっても、分泌量が多すぎるとかえって太りやすくなるということがわかっています。つまり、このようなホルモンの分泌量は適量であることが大切であるということです。

このようなホルモンバランスの乱れは、ストレスや栄養不足などによって起こります。というのも、このようなホルモン分泌における指令の多くは「視床下部」が行っています。ただ、このような視床下部は、ストレスに応じて身体の調整を行う役割も担っています。

そのため、このような働きを行うために、視床下部はストレスの影響を強く受けます。そして、強いストレスが発生すると、視床下部が混乱してホルモンの分泌が正常に行われにくくなります。

また、ホルモンを分泌するためにはコレステロールやビタミン、ミネラルなどの栄養素が必要不可欠です。そのため、これらが不足すると、ホルモンの分泌がうまくいかなくなり、バランスが崩れやすくなります。

これらのうち、コレステロールは体内で合成できる栄養素です。これに対して、ビタミン類やミネラル類などは人体で作ることができないため、必要に応じて食物から摂取する必要があります。

そして、前述のように、現代人は食事の偏りによってこれらの栄養素が足りていない傾向にあります。そのため、このような栄養不足によってホルモンバランスの乱れが生じているケースが少なくありません。

ただ、このようにホルモンバランスが乱れていると、脂肪を落とすためにダイエットをしても思うような効果が現れづらくなります。そのため、ダイエットを成功させるためには、ホルモンバランスの乱れを防ぐことが大切です。

青汁のダイエット効果

前述のように、ダイエットを成功させるためには、さまざまな点に注意する必要があります。ただ、自分自身の意志だけで前述のようなポイントを守るのは難しいです。そのため、思ったようなダイエット効果が出ずに挫折しやすくなります。

これに対して、ダイエットに青汁を利用すると、簡単に前述のコツを実践しやすくなります。というのも、青汁には、ダイエットを助けるようなさまざまな効果があるからです。以下に、青汁のダイエット効果について述べていきます。

血糖値と空腹感をコントロールしやすくなる

青汁とは、生の野菜を絞った汁のことです。そして、前述のように、野菜には食物繊維が豊富に含まれています。そのため、青汁を飲むと、食物繊維をたくさん摂取することができます。

前述のように、食物繊維は人の身体で分解して吸収することができない栄養素です。そのため、食物繊維が多い食事を摂ると、一緒に食べた脂質や糖質などが消化酵素と触れにくくなります。このようなことから、食物繊維には、エネルギー源となる栄養素の吸収を抑える働きがあるといえます。

このようにして脂質や糖質などが吸収されにくくなると、その分だけ摂取カロリーを抑えることができます。また、糖質の吸収を抑えると、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

前述のように、血糖値が急に上がると、その分だけインスリンがたくさん分泌されて、脂肪が溜まりやすくなったり体脂肪の分解がされにくくなったりします。そのため、食物繊維によって血糖値の急上昇を抑えると、インスリンによるこのような効果が現れにくくなります。

また、前述のように、血糖値が急激に上昇すると、大量に分泌されたインスリンによって一気に血糖値が下がります。すると、空腹感が起こって食欲が出てきます。すでに述べたように、このようにして生じた空腹感は「エネルギーの不足」ではありません。そのため、空腹感に応じて再び食べると、その分だけ太りやすくなります。

このような中、食物繊維によって糖質の吸収スピードが穏やかになると、血液中には少しずつブドウ糖が補給されます。すると、食後しばらくの間、血糖値が維持されて空腹感が起こりにくくなります。そのため、食事と一緒に青汁を飲むと、腹持ちが良くなって必要以上に食べすぎることを防ぐことができます。

便秘を予防・解消しやすくなる

前述のように、青汁には大量の食物繊維が含まれています。このような食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。

不溶性食物繊維とは、水に溶けない食物繊維のことです。この食物繊維は、このままの形で腸に届くため、腸を刺激して蠕動運動を起こりやすくする作用があります。つまり、排便を促すということです。

また、水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維です。このような食物繊維には、水分を吸収する働きがあります。そのため、水溶性食物繊維を多く摂ると、便が柔らかくなって排便しやすくなります。

このように、食物繊維には、便秘を解消したり予防したりする作用があります。そして、青汁にはこれら食物繊維の両方が豊富に含まれています。

前述のように、慢性的な便秘は肥満の原因となります。そのため、青汁を継続して飲むことによって、肥満を解消したり予防したりしやすくなります。

不足しがちな栄養素を補給できる

前述のように、現代人の多くにビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しています。そして、これによって脂肪の代謝がうまくいかなかったりホルモンバランスが乱れたりしていることが多いです。前述のように、これらは肥満の原因となります。

このように栄養素が足りていない大きな原因は、野菜の摂取不足です。そのため、野菜からできている青汁を継続して飲むと、このような栄養不足を防ぐことができます。

また、市販されている青汁の多くは、解凍したり水に溶かしたりするだけですぐに飲むことができます。そのため、忙しいことによって食生活が乱れがちな人でも、簡単に食事にとりいれることができます。

このようなことから、青汁は、不足しがちな栄養を補うのに適した飲料であるといえます。そのため、青汁を継続して飲むと、栄養不足によるホルモンバランスの乱れなどを防ぐことができるため、肥満になりにくくなります。

このように青汁には、ダイエットを助けるためのさまざまな効果が期待できます。このようなことから、前述のような青汁の働きを上手く活用すると、ダイエットが成功しやすくなるといえます。そのため、今までダイエットを失敗し続けてきた人は、青汁を取り入れて再び取り組んでみましょう。そうすることで、ダイエットがついに成功して理想の身体が手に入るかもしれません。