青汁は、健康に良い食品として有名です。実際に、たくさんの人が青汁を愛用することによってさまざまな健康効果を実感しています。

そして、このような青汁における健康効果の中でも、「抗がん効果」は特に注目度が高いです。というのも、がんは免疫力が低下すると発症しやすくなります。また、現代の日本は、免疫力が下がりやすい環境にあります。

このような中、がんは日本人における死因の第一位です。そのため、多くの日本人は、「免疫力の低下が死につながっている」といえます。

このような中、青汁には免疫力を高める栄養素や成分などが豊富に含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むと、がんが発症しにくくなるといえます。

そこで、ここでは青汁が免疫力を強化してがんを発症しにくくするメカニズムについて解説していきます。

免疫力が下がるとがんが発症しやすくなる理由

がん(悪性腫瘍)とは、壊れて異質となった細胞が周辺組織を侵しながら増殖し続け、塊を形成する病気のことです。また、このようながんを形成する細胞は「がん細胞」、がん細胞が形成した塊は「悪性腫瘍」と呼ばれます。

このようながん細胞には、腫瘍を形成すると栄養素を優先的に取り込む仕組みを作る性質があります。そのため、がんが進行すると、全身の細胞に栄養素が届けられにくくなったり、栄養素の必要量が増加して体重が減少したりします。

また、がん細胞には、血液などに乗って移動する性質もあります。このようにしてがん細胞が元の腫瘍部位から移動すると、移動先で再び腫瘍を形成します。このような症状を「がんの転移」といいます。

そして、がんの進行によってこれらの現象が起こると、人体における正常な体の機能が阻害されやすくなり、最終的には死に至ります。そのため、がんによる死亡を防ぐためには、重症化する前に治療する必要があります。

がんが発症するメカニズム

前述のように、がんは進行すると命を落とす危険性が高い病気の1つです。そのため、病気による死亡の危険性を下げるためには、普段からがんの予防を心がけることが大切です。

ただ、がんを発症させるがん細胞は、体内で日常的に発生しています。というのも、がん細胞は「分裂エラーによって生じる細胞」であるためです。

皮膚や肝臓、血管壁などの細胞は、定期的に分裂しています。そして、分裂した新しい細胞に仕事を「バトンタッチ」して自死していきます。これによって、組織の働きが正常に保たれています。

このような分裂の際、細胞は自身がもっている「設計図」を元に新しい細胞を作ります。このような設計図は「DNA」と呼ばれ、分裂した細胞に引き継がれます。

ただ、何らかの理由によってDNAが傷ついていたり、DNAの引き継ぎがうまく行かなかったりすると、「本来とは異なる設計図」となります。そして、このような設計図を元に細胞が作られると、もともとの細胞とは性質の異なる細胞となります。

このとき、DNA内の「細胞増殖にかかわる部分」や「細胞の自死にかかわる部分」などに傷がいた設計図を元に細胞がつくられると、増殖異常を起こす細胞や自死しない細胞などが生じやすくなります。これが、がん細胞発生のメカニズムです。

このようなDNAの傷は、活性酸素や「発がん性物質」と呼ばれる有害物質などの影響によって生じます。

このうち活性酸素は、細胞の代謝や免疫細胞の働きなどによって生じる物質です。そのため、体内の細胞は、常に活性酸素によって傷つけられるリスクにさらされています。

また、発がん性物質は、排気ガスや加工食品などだけではなく、自然界にも多く存在しています。そのため、このような物質が体内に入る機会は少なくありません。

このようなことから、がん細胞発生の原因となるDNAの傷は、日常的に発生しやすいといえます。そして、それに応じて、がん細胞も日常的に発生しやすいということがわかります。

がんの抑止力である免疫

前述のように、がん細胞は体内で日常的に発生しています。ただ、健康的な人では、がん細胞が発生してもがんの発症とはなりません。これは、人体にはがんの発症を防ぐ仕組みが備わっているためです。

具体的には、免疫細胞の1つである「ナチュラルキラー細胞」には、がん細胞などの異常となった細胞をパトロールによって見つけ、その場で殺すという働きがあります。

そのため、ナチュラルキラー細胞が活発に働くと、がん細胞が増殖しにくくなります。つまり、がんが発症しにくくなるということです。

一方で、何らかの原因によってナチュラルキラー細胞の働きが弱くなると、がんに対する「抑止力」が低い状態となります。そのため、免疫力が落ちてナチュラルキラー細胞の働きが低下すると、がんが発症しやすくなります。

免疫力を下げてがんを発症しやすくする要因

前述のように、免疫力が低下すると、がん細胞が生き延びやすくなるためがんが発症しやすくなります。さらに、免疫力が低下すると、がん発症の原因となる細菌やウイルスなどにも感染しやすくなります。

そして、このような免疫力の低下は、生活習慣などのさまざまな要因によって起こります。

そこで、以下に免疫力を下げてがんを発症しやすくする要因について述べていきます。

体の冷え

前述のように、がん発生を抑制する機能の1つに、「ナチュラルキラー細胞の存在」があります。この細胞は、がん化したりウイルス感染したりして異常となった細胞を殺す働きを担っています。そのため、ナチュラルキラー細胞の機能が高かったり数が多かったりすると、それだけがんが発症しにくくなります。

このようなナチュラルキラー細胞は、体温が高いほど活性化します。そのため、がんの発症を予防するためには、体を温めることが大切です。

一方で、体温が低いと、ナチュラルキラー細胞の働きは弱くなります。さらに、体温が35℃台の「低体温」になると、がん細胞の増殖が活発になります。つまり、体温が下がると、「がん発症の抑止力<がん細胞の増殖能力」となりやすいということです。

このような中、現代の日本人は、慢性的に体が冷えている「冷え性」の人が多いといわれています。というのも、1957年に調査された日本人の平均体温が36.89℃でした。これに対して、2008年の調査では36.14℃とかなり低くなっています。

実際には、この調査では熱を正しく測れていない人が多い可能性を否定できないため、必ずしも「現代人の平熱は下がっている」とは断定できません。ただ、現代の日本には、体温を下げる要因が多数あります。

例えば、冷え性や低体温などにおける大きな原因の1つは、運動不足です。というのも、運動によって活動が活発になる骨格筋は、人体における熱産生の約6割を担っています。そのため、運動不足によって、骨格筋の活動が少なくなったり筋肉量が減少したりすると、熱が作られにくくなることによって体が冷えやすくなります。

そして、現在の日本では、交通機関の充実や自家用車の所有などによって、自らの足で移動する機会があまりありません。また、昔に比べて体を動かす必要のある職種も減少しています。そのため、現代日本人は、運動不足によって体が慢性的に冷えている人が少なくありません。

また、多くの場合、室内には空調設備が整っています。そのため、本来暑いはずの夏であっても、冷房によって冷えた部屋にいることは珍しくありません。そして、冬に暖房の効いた部屋にいると、自分で熱を作り出す必要がなくなります。すると、体温調節機能が低下して熱を生み出す能力が低くなり、身体が冷えやすくなります。

さらに、最近では、入浴の際に湯船に浸からない人がかなり増えています。このようにして入浴をシャワーのみで済ますと、体の内部が温まらないうちに入浴を終えることになりやすいです。

また、皮膚についた水分は体から熱を奪って蒸発するため、体が濡れていると冷えやすくなります。そのため、入浴時に湯船に浸からないと、体温が下がりやすくなります。

そして、現代の日本人は、偏った食事をする人が多いです。そして、このような食事の偏りも、体が冷える原因となります。というのも、細胞が活動して熱を作るためには、エネルギー源となる栄養素と酸素が必要不可欠です。

このような栄養素は、食事から吸収して供給されます。そのため、過激なダイエットなどによってエネルギー源の摂取量が足りなくなると、細胞が「燃料不足」となって熱をうまく作れなくなります。

また、食事から摂取したエネルギー源を燃やすためには、ビタミンB群などの栄養素が必要です。そのため、食事が偏ることによってこのような栄養素の摂取量が足りなくなると、摂取したエネルギー源を活用しづらくなるため熱の産生量が低下します。

このように、体を冷やす生活習慣や食習慣などを行うと、免疫細胞の働きを低下させてがんの発症リスクを高めることになります。そのため、がんを予防したいのであれば、体を冷やさないことが大切です。

血行不良

前述のように、体の冷えはがんの発症リスクを高めます。そして、このような冷え症は、血行不良によって起こりやすくなります。

というのも、血液は全身に酸素や栄養素などを運ぶ働きを担っています。そのため、血液の流れが悪くなると、全身における細胞への酸素・栄養素供給が滞ることになります。

そして、このようにして細胞が酸素・栄養素不足になると、活動が鈍くなります。すると、細胞の活動によって生じる熱の量が少なくなるため、体が冷えやすくなります。

また、消化器官への血流が悪化すると、消化吸収能力が低下してエネルギー源となる栄養素を吸収しづらくなります。このようにしてエネルギー源の吸収量が減少すると、細胞に十分な量のエネルギー源が届きにくくなり、熱の産生量が低下します。

さらに、体内における熱産生の約6割は、腕や脚などの筋肉である「骨格筋」が担っています。そのため、このような組織への血行が悪くなると、熱の産生能力が低下して体が冷えやすくなります。

このように、血液の巡りが悪いと、細胞の機能が低下することによって体が冷えやすくなります。そして、前述のように、体温が35℃台まで低くなると、がん細胞の働きが高まって免疫細胞の機能が低下します。そのため、冷え性や低体温などの人は、平熱が高めの人に比べて、がんの発症リスクが高いといえます。

また、免疫細胞は、血液やリンパなどの中に存在しています。そのため、これらの流れが悪いと、その分だけ免疫細胞が外敵と出会う機会が少なくなるため、免疫力が低下します。そして、血液の流れは、リンパの流れにも影響を与えます。

というのも、リンパを流れるリンパ液は、もともと血液の液体成分です。このような液体成分は、酸素や栄養素などを血管と直接触れていない細胞に届ける役割を持っています。そのため、このような血液の液体成分は、「組織液」ともいわれます。

このような組織液の一部は、細胞に酸素などを受け渡したあと、再び血管に戻ります。そして、血管に戻れなかった組織液は、リンパ管に回収されてリンパとして流れ始めます。

このとき、血液の巡りが悪いと、組織液が血管に戻りづらくなります。すると、リンパに流れ出ようとする組織液が増え、リンパ管内が渋滞を起こしてリンパの流れが悪くなります。このようなことから、血行が悪くなると、リンパの流れも悪くなりやすいことがわかります。

そして、前述のように、血液やリンパなどの体液の流れが悪化すると、免疫細胞の能力が発揮されにくくなります。すると、がん細胞がナチュラルキラー細胞に殺されにくくなるため、がん細胞が増殖しやすい環境となります。このようにしてがん細胞がある一定の数まで増殖すると、がんが発症することになります。

このように、血行不良は、免疫力を低下させてがんを発症させやすくします。そのため、がんを予防したいのであれば、血流の改善を意識することが大切です。

ストレス

現代の日本は、「ストレス社会」といわれています。実際に、厚生労働省のデータでは、日本人の半数近くに「ストレスがある」とされています。また、働き世代では、「ストレスがある」と答えている人が特に多く、その数は半数以上に上ります。

このようなストレスが「体に良くない」ということは、多くの人が認識しています。そして実際に、長期的だったり強すぎたりするストレスは、がんの発症リスクを高めることがわかっています。

というのも、ストレスは脳内の「視床下部」というところが感受しています。そして、このような視床下部は、ストレスに応じて体の状態を調整する機能を担っています。

具体的には、ストレスを視床下部が感知すると、「交感神経」という神経系のスイッチを入れたり、副腎にホルモンの分泌を命令したりして、体を臨戦態勢にします。

このようにして交感神経系が優位になると、心臓の動きが高まって筋肉への血流が増量したり、集中力が向上したりします。これは、生命の危機になりうるストレスから体を守るために有効な状態です。

ただ、交感神経系がオンになると、ナチュラルキラー細胞などのリンパ球が「リンパ節」に停滞しやすくなることがわかっています。リンパ節とは、リンパ管の途中に多数存在している組織であり、リンパ球の「駐屯地」のようなものです。

そのため、ナチュラルキラー細胞がリンパ節から出にくくなると、その分だけ外敵と出会う機会が減少するため、がん細胞が育ちやすくなります。

このように、交感神経系の働きは、がんの発症と関係があります。ただ、身体が健康であれば、交感神経系が優位になってもがんの発症リスクが高くなるとはいえません。というのも通常、身体には、交感神経系が優位になると、その後に「副交感神経」のスイッチが入るようなしくみが備わっています。

副交感神経とは、「身体を休ませるため」の機能を担う神経系です。そのため、副交感神経系が優位になると、リラックスしたり消化吸収能力が向上したりします。

そして、副交感神経系は、交感神経系とは逆の働きを担うことが多いです。そのため、これら神経系は交互にスイッチが入ることによって、体内におけるさまざまな機能のバランスを取っています。このようなことから、交感神経系が働くことによってリンパ球の働きが抑制されても、このような状態は一時的であることがほとんどです。

ただ、ストレスが強すぎたり長期に及んだりすると、交感神経系のスイッチが入りっぱなしになったり、強く働きすぎたりします。すると、血液やリンパなどを流れるリンパ球の数が著しく減少したり、このような状態が長く続いたりします。このようにしてナチュラルキラー細胞の働きが鈍くなると、その分だけがん細胞が増殖するチャンスが増えます。

さらに、前述のように、ストレスを感じると副腎から「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。コルチゾールは、交感神経系と同様に、ストレスに対抗する体を作る作用があります。具体的には、血液中の糖を増やして細胞にエネルギー源を届きやすくする働きがあります。

また、コルチゾールには、炎症を抑えるという作用があります。このような炎症は「不快に感じるもの」であるため、炎症が抑えられるとその分だけ身体のパフォーマンスが向上しやすくなります。つまり、ストレスに対抗しやすい体になるということです。

ただ、このような炎症作用は、ウイルスや細菌などを退治しやすくするために起こる現象です。そのため、コルチゾールによる炎症抑制作用が長く続くと、ウイルスなどに感染しやすくなります。

このような中、ナチュラルキラー細胞は、自ら炎症を起こし、それによって自身を活性化させるという性質をもっています。そのため、コルチゾールによって炎症が抑制されると、ナチュラルキラー細胞の機能が低下しやすくなります。

このようにしてナチュラルキラー細胞が働きにくくなると、その分だけがん細胞が増殖しやすくなります。そのため、ストレスが強すぎたり長期間に及んでいたりすると、がんの発症リスクが高くなるといえます。

食生活

食生活と肥満は、がんの発症リスクを上げるということが明らかになっています。このような発症リスクの増加メカニズムは、正確には解明されていません。ただ実際に、「がん原因の約30%は、食事と肥満である」とするデータがあります。

そして、このような肥満には食事が深く関わっています。そのため、食生活を改善することで、がんの発症率を下げやすくすることができるといわれています。

実際に、がんのリスク要因となる体の冷えは、ビタミンB群の不足によって起こりやすくなるということは前述した通りです。そして、このようなビタミンB群の不足は、食事の偏りによって生じます。

このように、食事が偏ると免疫力が低下しやすくなり、がんが発症しやすくなります。そのため、がんの発症を抑えたいのであれば、食事の見直しは必須であるといえます。

運動不足

がんのリスク要因に関する研究は、世界各国で行われています。そして、これら研究では、「運動不足はがんの発症リスクを上げる要因となる」ことがわかっています。

そもそも、人間は動物の一種であり、運動することによって体の機能が働くように設計されています。そのため、体を動かさないと、さまざまな器官や組織などの働きが低下します。

例えば、運動量が少なくなると、体の冷えを起こすのは前述の通りです。また、血行不良における代表的な原因の1つは運動不足であり、これによって体の機能が低下している現代人は少なくありません。そして、これらはがんの発症リスクを上げる要因となります。

このようなことから、運動不足はがんを発症させる要因と関連していることがわかります。そのため、がんの発症リスクを下げたいのであれば、意識して運動することが大切です。

便秘

腸内には、数え切れないほど多くの細菌が生息しています。このような細菌には、人体に有益な働きをする「善玉菌」や、人体に有害な物質を放出する「悪玉菌」などがあります。

善玉菌は、食物繊維をエサにして増殖します。これに対して悪玉菌は、さまざまな物質をエサとすることができます。そのため、便秘になると、悪玉菌が便をえさに増殖しやすくなります。

このようにして悪玉菌が増えると、免疫力が低下しやすくなります。というのも、前述のように悪玉菌は人体に有害な物質を放出します。このような物質は、腸の粘膜を傷つけて異物の侵入を許しやすくします。

とはいえ、このようにして侵入した異物は、腸に存在している免疫細胞によって排除されます。そのため、通常、腸の粘膜が傷ついたとしても、そこから大量の異物が体内に侵入するということはありません。

ただ、このようにして免疫細胞が異物の排除に追われると、細菌やウイルス、がん細胞などへの対処が行われにくくなります。これは、免疫細胞には、「異物担当」や「細菌担当」、「ウイルス担当」などさまざまな種類があるためです。

このうち、「異物担当の免疫細胞」と「細菌担当の免疫細胞」は、お互いに働きを抑制し合うという性質があります。そのため、異物担当の免疫細胞が増えると、細菌担当の免疫細胞の働きが低下します。

このような中、細菌担当の免疫細胞には、「ウイルス担当の免疫細胞」や「がん細胞担当」の免疫細胞の働きを活性化させる能力があります。

そのため、体内に異物が侵入して「異物担当の免疫細胞」が活性化すると、間接的に「ウイルス担当の免疫細胞」や「がん細胞担当の免疫細胞」が働きにくくなります。つまり、細菌やウイルス、がん細胞などが殺されにくくなるということです。

このようにしてがん細胞が殺されにくくなると、その分だけがんが発症しやすくなります。また、後述のように、体が細菌やウイルスなどに弱くなると、がん発症の原因となる感染症が起こりやすくなります。

このように、便秘になって悪玉菌が増加すると、がんを発症させる要因が生じやすくなります。そのため、がんを予防するためには、便秘対策をすることが大切だといえます。

ウイルス・細菌

前述のように、がんの発症には生活習慣や食生活などが深く関わっています。ただ、「生活習慣に細心の注意を払うとがんにならない」ということはありません。

というのも、これまでに述べたように、がんの発症リスクはさまざまな要因によって上昇します。そして、特定のウイルスや細菌などに感染しても、がんの発症リスクが上がることがわかっています。

ウイルスは、遺伝子とタンパク質の殻で構成されており、自身で増殖する能力を持ち合わせていません。そのため、体内に入ったウイルスは、人の細胞における増殖機能を利用して増えようとします。

このようなウイルスの中には、細胞に入りこんだときに「がん細胞が生じるきっかけとなる遺伝子を形成するもの」があります。前述のように、がん細胞が発生するためには、がん発症に関与する遺伝子に異常が起こる必要があります。

そのため、特定のウイルスによってがん遺伝子が生じると、がんが発症しやすくなります。このようなことから、がんを起こしやすくする特定のウイルスのことを「がんウイルス」といいます。

また、多くの日本人における胃の中に生息している「ピロリ菌」も、がんの発症リスクを上げる要因となります。というのも、このようなピロリ菌の中には、胃の粘膜細胞を壊すタンパク質を放出するものがあるからです。

そして、このようなタンパク質は、さまざまな過程を経て細胞の増殖を促進するタンパク質と結合して、異常な細胞増殖を促します。これらの作用はどれも、がんの発症リスクを上げる要因となります。そのため、ピロリ菌に感染していると、胃がんの発症率が上がるといわれています。

このように、がんの発症には、ウイルスや細菌などが関与しているケースもあります。そのため、これらによるがんの発症を防ぐためも、免疫力を上げる生活を送ることは必須であるといえます。

青汁に含まれている成分には免疫を高める効果がある

すでに述べたように、体内では日常的にがん細胞が発生しています。そして、免疫細胞がきちんと働き、このようながん細胞を殺すことによって、がんの発症が防がれています。そのため、がんの発症リスクを下げるためには、免疫力を高めることが大切といえます。

このような中、青汁には免疫力を高めるさまざまな成分が含まれています。そのため、青汁を常飲することで、免疫機能が向上してがんの発症リスクが下がることが期待できます。

血行を改善する

前述のように、血行不良はがん発症における大きな要因の1つです。そのため、がんを防ぐためには、血行の改善を意識することが大切です。

このような血行不良における原因の1つは、「血液の材料不足」です。というのも、体は食べたものによって形成されています。そのため、普段の食事に血液の材料となる栄養素が不足していると、血液が作られにくくなることによって血液量が減ります。

このような中、このようにして血液の量が減っても、血管の太さが変わるわけではありません。そのため、血の量が減ると、血行が悪くなりやすいです。これは、川の太さが同じである場合、水の量が少ないほど流れが弱くなるのと同様の現象です。

そして、このような血液は、鉄やタンパク質などを材料に作られます。そのため、これらの摂取量が足りなくなると、血液の流れが悪くなりやすいです。

さらに、血液を作るためには、葉酸やビタミンB12、銅などのさまざまな栄養素が必要です。そのため、血行を良くするためには、このような栄養素をまんべんなく摂取する必要があります。

このような中、青汁には、鉄や銅、葉酸などが豊富に含まれています。そのため、日常的に青汁を摂取するようにすると、血液の材料が補給されることによって血行が改善しやすくなることが期待できます。

身体を温める

前述のように、慢性的に体が冷えると、がんが発症しやすくなります。そして、このような冷え症や低体温症などは、生活習慣や食生活などの乱れによって起こりやすくなります。

すでに述べたように、食事から摂取したエネルギー源を燃やすためには、ビタミンB群が必要不可欠です。そのため、身体を冷やさないようにするためには、このような栄養素をしっかり摂る必要があります。

このような中、青汁にはさまざまな種類のビタミンBが含まれています。そのため、食事と一緒に青汁を飲む習慣をつけると、摂取したエネルギー源を効率よく燃やせるようになるため、体が冷えにくくなります。

腸内環境を整える

前述のように、便秘はがんの発症リスクを上昇させます。また、便秘などによって腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増加することによってがんが発症しやすくなります。そのため、このようなリスクを排除したいのであれば、腸内環境を整えることが大切といえます。

そして、腸内環境の悪化における代表的な原因の1つは、食生活の乱れです。というのも、すでに述べたように、悪玉菌はさまざまな物質をエサとすることができます。そのため、食事がタンパク質や脂質、糖質などの多い食品に偏ると、悪玉菌に多くのエサを補給することとなり、腸内環境が悪くなりやすいです。

さらに、このような栄養素はエネルギー源であるため、体内に吸収されやすいという特徴があります。そのため、これらを多く含む食品ばかり食べていると、便のかさが減って便秘になりやすくなります。

このような中、食物繊維は人体で吸収できない成分です。そのため、食物繊維を摂ると、そのほとんどが便となります。

また、水に溶けるタイプの食物繊維は、水をたっぷり含むという性質があります。そのため、摂取した水溶性食物繊維は、水を含んだ柔らかめの便となります。このようなことから、食物繊維には便のかさや水分量などを増やす働きがあることがわかります。

また、すでに述べたように、食物繊維には消化器官を刺激するため、排便を促す作用もあります。そのため、食物繊維の多い食事を摂ると、便秘を予防したり解消したりしやすくなります。

さらに、食物繊維は善玉菌のエサとなります。そのため、食物繊維の多い食事を摂ると、善玉菌が増えやすくなります。このようにして善玉菌の勢力が強くなると、それに圧されて悪玉菌の活動が抑制されやすくなります。

そして、前述のように、食物繊維は消化器官で吸収されない成分です。そのため、食事と一緒に食物繊維を摂ると、食事に含まれている脂質や糖質などが吸収されにくくなります。

というのも、食事中に含まれる脂質や糖質などは、そのままでは吸収できない大きさとなっています。そのため、このような栄養素などは、消化器官内で「消化酵素」と触れ、細かく分解されることによって吸収されます。

このような中、脂質などを含む食品と一緒に食物繊維を摂ると、このような栄養素が消化酵素と触れにくくなります。すると、脂質などの栄養素が、大きい状態のまま消化器官を通過しやすくなります。そのため、食事と一緒に食物繊維を摂るようにすると、食品中の脂質や糖質などの吸収を抑えることができます。

前述のように、このような栄養素の摂り過ぎは、腸内環境悪化の原因となります。このようなことから、食物繊維には、腸内環境を整えるさまざまな働きがあることがわかります。

そして、このような食物繊維は、植物に含まれている成分です。そのため、野菜の絞り汁である青汁には、たくさんの食物繊維が含まれています。そのため、青汁を日常的に飲むようにすると、食物繊維をたくさん摂取することになるため、便秘が解消されたり腸内環境が良くなったりします。

ストレスに強い体を作る

前述のように、ストレスが強すぎたり長期間に及んだりすると、免疫機能が低下してがんの発症リスクが上がります。そのため、ストレスによるがん発症のリスクを下げたいのであれば、ストレスの原因を排除するのが有効です。

とはいえ、このような排除ができるのであれば、ストレスはそれほど強くないですし、そもそも「ストレスがある」とは感じないことでしょう。そのため、「ストレスがある」と感じている人のほとんどは、「ストレスから簡単には逃げられない状態である」といえます。

このような状態では、がんの発症リスクとなるストレスを排除することはできません。そのため、ストレスがある人は、「ストレスに強い体質」になることが大切です。そうすることによって、ストレスを感じにくくなるため、結果としてストレスを減らすことができます。

このような中、すでに述べたように、交感神経は「ストレスに対抗する身体を作るため」に働きます。そのため、交感神経が正常に働くと、ストレスを感じにくくなります。このようにしてストレスに強くなると、その分だけストレスによる体への負担が軽減するため、ストレスによるがん発症リスクが下がりやすくなります。

このような交感神経の作用が働くためには、それぞれの神経がコミュニケーションをとる必要があります。そして、このようなコミュニケーションに利用されるのが「神経伝達物質」の1つである「ノルアドレナリン」です。

このような神経伝達物質は、食事から摂った栄養素を材料として作られるため、放出できる量に限りがあります。そのため、交感神経が長く働くことによってノルアドレナリンが放出され続けると、材料不足が生じてノルアドレナリンが作られにくくなります。

このようにして必要な神経伝達物質の分泌が行われにくくなると、交感神経が正常に働けなくなるため、ストレスに弱くなります。すると、ストレスがさらに増大し、がんの発症リスクが上がることになります。

一方で、このようなノルアドレナリンは、分泌量が多くなると脳が過剰に興奮して、イライラしたり落ち着きがなくなったりします。そして、このような症状は、ストレスの原因となります。つまり、ノルアドレナリンは、多すぎても少なすぎてもストレスが増大しやすくなるということです。

このような中、神経伝達物質の1つである「セロトニン」には、ノルアドレナリンなどにおける神経伝達物質の放出量を調整する作用があります。そのため、セロトニンがしっかり分泌されていると、ノルアドレナリンの過剰な放出が抑えられ、余計なストレスを感じにくくなります。

一方で、セロトニンが不足すると、セロトニンによるノルアドレナリンの抑止力が働きにくくなるため、ストレスが増大しやすくなります。

このようなセロトニンは、魚や肉、大豆、牛乳などに多く含まれている「トリプトファン」というアミノ酸を材料に作られます。さらに、このようなトリプトファンは、ビタミンB6の助けを借りてセロトニンとなります。そのため、ストレスに強い体を作るためには、これら栄養素を含む食品をしっかり食べる必要があります。

さらに、ストレスに対抗する体を作るためには、体をストレスに対応させる指示を出す役割を担っている「脳」がしっかり働く必要があります。このような脳が活動するためには、ブドウ糖が不可欠です。

そして、脳がブドウ糖を燃やしてエネルギーとするためには、「ビタミンB1」が必要です。そのため、ストレスに強い体を作るためには、適量のエネルギー源とビタミンB1を摂ることが必要であるといえます。

特に、強いストレスがあるときは、その分だけ脳がたくさん活動するため、ビタミンB1が不足しがちになります。そのため、ストレスによるがん発症リスクを抑えたいのであれば、ビタミンB1をしっかり摂るようにしましょう。

このような中、青汁にはビタミンB1やB6などのビタミンB群が豊富に含まれています。そのため、青汁を生活にとりいれると、このような栄養素を日常的に補給することによってストレスに強い体質になりやすくなります。

また、前述のように、ストレスによるがん発症リスクの増加は、「交感神経が過剰に働くこと」が要因の1つです。そのため、ストレスによるがんの発症リスクを抑えたいのであれば、交感神経の働きを正常に戻すことが必要といえます。

このような交感神経は、副交感神経が優位になると働きが抑えられやすくなります。これは、副交感神経に「交感神経を休ませる」という性質があるためです。そのため、ストレスによるがん発症リスクを抑えたいのであれば、副交感神経を働かせることが大切です。

前述のように、副交感神経は「リラックスしているときに働く神経系」です。また、副交感神経は、消化器官に関与して消化吸収を行わせるという働きもあります。そのため、食後など胃に食物が入っているときは、消化吸収を行うために副交感神経が働きやすいです。

このような中、食物繊維には、副交感神経を優位にしやすくする間接的な作用があります。というのも、前述のように、食物繊維は人体で吸収できない成分です。そのため、食事と一緒に食物繊維を摂ると、消化に時間がかかるようになります。

このようにして消化にかかる時間が長くなると、その部だけ副交感神経が働く必要が生じます。そのため、食物繊維の多い食事を摂ると、副交感神経が働くことによって交感神経の過剰な働きを抑えやすくなります。

そして、青汁には、このような食物繊維が豊富に含まれています。そのため、青汁を日常的に飲むと、交感神経系の過剰な働きを抑えてストレスに強い体になることが期待できます。

このように、青汁には、免疫力を高めてがんの発症を抑える効果のある成分が多数含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むことによって、がんが発症しにくくなることが期待できます。

そして、このような青汁による抗がん作用のメカニズムを理解して生活に摂り入れることで、より青汁の健康効果を実感しやすくなります。そのため、青汁を上手く活用して、健康で安定した日々を送ることができるようになります。