便秘は、多くの人が悩む一般的な症状です。便秘になると、肌が荒れたり体調不良を引き起こしたりしやすくなります。そのため、便秘を自覚している人の多くが、何らかの手段によって改善しようとしています。

このような便秘解消の手段の1つに、青汁の常飲があります。というのも、青汁には便秘解消に効果的な成分が豊富に含まれています。そのため、継続して飲むことによって便秘を解消したり予防したりしやすくなります。

そこで、ここでは青汁と便秘の関係性について確認していきます。

便秘が原因で起こる症状

便秘とは、便がおなかの中に溜まって苦しさや痛みなどの不快感が生じている状態のことをいいます。また、排便した後もスッキリしなかったり、固い便が続いていたりすることも便秘と呼びます。

このように、便秘には明確な基準がありません。というのも、「正常な排便」というのは個人差が大きく、明確化するのが困難です。そのため、定期的に排便していても、上記のような不快な症状が出ているのであれば便秘であるとされています。

便秘が起こると、溜まった便によって腹部が圧迫されるため、腹痛や膨満感などが生じます。また、便秘は、これ以外にもさまざまな症状の原因となります。

体臭や口臭などが臭くなる

前述のように、便秘とは腸内に便が溜まっている状態のことをいいます。そして、便には、食物に含まれている成分のうち身体で消化することができなかったものや、身体の細胞から生じた老廃物などが含まれています。

これらの物質は、腸内に生息しているさまざまな細菌(腸内細菌)によって分解されます。そして、このようにして生じた物質の一部は、人体で吸収してエネルギー源として利用されます。

ただ、腸内細菌の中には、未消化のタンパク質や老廃物などから人体に有害な物質を作り出すものがあります。このような働きをする腸内細菌は、一般的に「悪玉菌」と呼ばれています。

このようなことから、便秘によって腸内に便が長くとどまっていると、悪玉菌が長い時間エサにありつけることになるため、その分だけ悪玉菌の作る有害物質が増えます。すると、このような有害物質の一部は、腸から吸収されて血液に流れ出ます。

このようにして流出した有害物質は、血液にのって身体中を巡ります。そして、身体には、このような有害物質による悪影響を最小限に抑えるために、なるべく早く外へ排出しようとします。そのため、体内を巡った有害物質は、汗や呼気などと一緒に体外へ放出されます。

このとき、放たれた有害物質は悪臭を放ちます。というのも、このような物質は、もともと便として排出されるはずだったものです。そのため、腸内細菌によって生成された有害物質は、腐敗した便と似たような臭いがします。

このように、便秘が起こると、悪臭を放つ物質が口や皮膚などから放出されます。そのため、体臭や口臭などが臭くなりやすいのです。

肌荒れしやすくなる

前述のように、便秘になると血液中にさまざまな有害物質が流れやすくなります。そして、これらの一部は、皮膚から排出されます。

ただ、皮膚は肌の新陳代謝によって生じた老廃物や汚れなどを外に排出する働きを担っています。そのため、便秘によって生じた有害物質が皮膚から放出されると、このような老廃物の排出が邪魔されて滞ります。

このようにして老廃物や汚れなどが肌に溜まると、皮膚に住んでいる常在菌がこれらをエサにして増殖します。すると、皮膚に炎症が起きてニキビや肌荒れが発生しやすくなります。

また、腸内細菌の一部は、さまざまなビタミンを合成しています。このような細菌は、人体に有益な働きを担っているため「善玉菌」と呼ばれています。

このような善玉菌が生成するビタミンは、肌の新陳代謝に必要不可欠です。ただ、善玉菌は、オリゴ糖や食物繊維などをエサとしています。一方で、悪玉菌はさまざまな物質をエサとすることができます。

そして、悪玉菌が増えると善玉菌の数は減少します。というのも、このような細菌は、腸内で生存競争をしています。そのため、悪玉菌の勢力が強くなると、善玉菌が追いやられて数が減りやすいのです。

このような中、便秘が起こると、悪玉菌のエサとなる便が腸内に滞留します。一方で、善玉菌のエサとなる物質の供給は滞りやすくなります。そのため、便秘になると、善玉菌が減少して生成されるビタミンの量が低下します。

そして、このようにして腸内で作られるビタミンが少なくなると、肌の代謝に必要な分がまかなえなくなります。そのため、便秘が慢性化すると、肌荒れが起こりやすくなります。

太りやすくなる

前述のように、便秘とは腸内に便が長時間溜まった状態のことをいいます。そして、腸は食物から栄養素を吸収する働きを担っています。そのため、腸内に便が長い時間とどまると、その分だけ腸が栄養素を吸収する時間が長くなります。

すると、少ない食物からたくさんのエネルギー源を吸収するため、身体がエネルギー過多になりやすいです。そして、余分に吸収したエネルギー源は、やがて体脂肪となって体に蓄えられます。このようなことから、便秘になると太りやすくなるといえます。

また、前述のように、腸内では善玉菌がさまざまなビタミンを生成しています。このようなビタミンは、糖質や脂質、タンパク質などエネルギー源となる栄養素の代謝に必要不可欠です。そのため、便秘によって善玉菌が不足すると、これらをうまく燃焼することができなくなり、エネルギー源を体に溜め込んで太りやすくなります。

食物中の水分は、主に大腸によって吸収されます。そのため、腸内に便が長くとどまっていると、便に含まれている水分がどんどん体に吸収されていきます。

すると、便の水分量が減って固形物の比率が上がるため、便が固くなります。このような便は、排便時に形が変わりにくいため、肛門を無理やり拡げます。そのため、便秘が起こって便が固くなると、肛門に無理な力がかかって裂傷が生じやすくなります。このようにして肛門に傷ができることを「裂肛(切れ痔)」といいます。

また、固い便を排出しようとして強くいきむと、肛門に強い負担がかかります。すると、このような部分に血液が溜まって血管が腫れ上がりやすくなります。このようにして腫れが生じることを「痔核(いぼ痔)」といいます。

さらに、肛門付近には、排便をスムーズにするための粘液を分泌している「肛門腺」があります。このような分泌腺に便などが詰まると、炎症が起こって膿が生じます。そして、この状態が進行すると、大量の膿によって皮膚に穴が空きます。このような症状を「痔ろう(穴痔)」といいます。

通常、肛門腺に便が詰まることはありません。ただ、便秘などによって便が固くなり、排便時に強くいきむと、このような分泌腺に便が詰まりやすくなるといわれています。

このように、痔にはさまざまなタイプがあります。そして、前述のように、便秘はこれらすべてのタイプを発症しやすくします。

アレルギー症状が出やすくなる

身体には、体内に侵入した細菌やウイルスなどを察知・排除して、これらによる感染を防ぐための機能が備わっています。このような働きを「免疫」といいます。

このような免疫機能を担っている免疫細胞は、侵入した異物を攻撃して殺そうとします。このとき、異物が侵入した箇所では、「ヒスタミン」や「プロスタグランジン」などの化学伝達物質が分泌されます。

これらの物質には、血管を拡げて異物がいるところに免疫細胞が集まりやすくしたり、粘液の分泌を増やして異物の排出を促したりする作用があります。ただ、一方で、このような作用は、鼻づまりやかゆみなどの症状を起こしやすくします。

前述のように、免疫細胞は侵入した細菌やウイルスなどの人体に有害な働きをするものを攻撃します。ただ、何らかの理由によって、本来排除する必要のない無害なものに対して免疫システムが起動することがあります。このような反応を「アレルギー反応」といいます。また、アレルギー反応を起こす原因物質を「アレルゲン」といいます。

アレルゲンが体内に入ると、身体に有害と判断した免疫システムがこの物質を記憶します。そして、再度アレルゲンが体内に侵入すると、これをすばやく排除するために、前述のような化学伝達物質が放出されます。すると、このような物質の作用によって、鼻が詰まったり涙が過剰に出たりなどのアレルギー症状を生じます。

前述のように、便秘が起こると、老廃物や悪玉菌によって生成された有害物質などが血液中に侵入します。そして、このような物質に免疫システムが反応すると、前に述べたようなアレルギー症状が起こります。そのため、便秘が慢性化して血液中に「本来体内に存在しない物質」が多くなると、アレルギー症状が起こりやすくなります。

疲労感

人間の身体は、全身の細胞が代謝することによって正常に活動することができます。このような細胞の代謝には、酸素や栄養素などが必要です。

前述のように、便秘になると血液中に老廃物などが流れ出やすくなります。すると、血液の流れが滞りやすくなり、細胞に酸素や栄養素などが届けられにくくなります。

このようにして細胞が酸素・栄養不足になると、新陳代謝の能力が落ちて正常な細胞分裂が行いにくくなります。そのため、身体の疲労を回復する力が弱まり、疲れが溜まりやすくなります。

大腸がん・動脈硬化

前述のように、悪玉菌は腸内でさまざまな有害物質を生成します。このような物質の中には、発がんを促す成分が含まれています。

通常、このような物質は排便によって体外へ排出されます。ただ、便秘になると、悪玉菌によって作られた発がん性物質が腸内に長くとどまることになります。そのため、便秘になると、腸が発がん性物質の影響を長時間受けるため、大腸がんなどが発生しやすくなるといわれています。

また、便には、「胆汁」という消化液が含まれています。胆汁とは、脂質の吸収を助けている黄色の液体のことです。

このような胆汁は肝臓から分泌され、十二指腸で摂取した食物と混ざります。そして、分泌された胆汁の一部は小腸で吸収されて再び肝臓に戻ります。このとき、吸収されなかった胆汁は、便に混ざって体外へ排出されます。そのため、健康な人の便は、胆汁がもつ色素によって茶色~黄土色になります。

このような胆汁は、コレステロールを材料に作られます。そのため、便秘によって腸内に便が長くとどまると、大腸からコレステロールが吸収されて血液中に流れ出やすくなります。

血液中のコレステロールは、血管に付着して血管を固くしたり詰まらせたりすることがあります。このような症状が動脈に起こると、血管が詰まった先の組織に酸素や栄養素などを含んだ血液が行き渡らなくなります。これが「動脈硬化」です。

細胞は、血液が運ぶ酸素や栄養素などによって活動しています。そのため、動脈硬化が起こると、詰まった血管における先の組織が壊死しやすくなります。

このように、便秘はさまざまな症状や病気などの原因になります。そのため、普段から便秘が起こりにくい生活を心がけることが大切です。また、便秘になったら、早めに対処して慢性化させないようにしましょう。

便秘原因のタイプ

前述のように、便秘は日本人の多くが経験したことがある症状です。そして、このような便秘は、発生した原因によって3つに大別されます。

直腸性便秘

口から摂取した食物などは、胃や腸などを通過してやがて便として排出されます。また、便には腸内細菌の死骸や細胞の代謝によって生成された老廃物なども多く含まれています。

このような便は、最終的に大腸の1つである「直腸」へと送り込まれます。そして、直腸に便が入ると、この刺激が脳に伝わって「排便がしたい」と感じるようになります。

ただ、このとき、排便を我慢し続けていると、直腸の神経が弱くなって便意が起こりにくくなります。これによって、排便する機会がさらになくなり、直腸に便が長い時間滞留します。

すると、便に含まれている水分が直腸に吸収されて便が固くなります。そして、固い便は直腸の中で「栓」となり、便が腸内に詰まった状態になります。これが「直腸性便秘」です。

前述のように、直腸性便秘は排便を我慢することによって起こります。そのため、これを防ぐためには、便意を我慢せず、意識して排便する習慣を身につけることが必要です。

また、このような症状が起こってしまった際は、水溶性食物繊維や水分などを多く摂ることが大切です。というのも、前述のように直腸性便秘が起こると、便の水分量が低下して固くなります。そのため、このような便秘を解消するためには、水分を多く補給して便に水分を含ませることが大切です。

また、水溶性食物繊維は、水分を吸収して膨張する性質があります。そのため、このような成分が多い食事を摂ると、便が水分を含んで柔らかくなりやすいです。また、水溶性食物繊維によって便の量が多くなるため、便意が起こりやすくなります。

弛緩性便秘

口から食物を摂取して胃などに入ると、この刺激が脳に送られて胃や腸などが「蠕動運動」を始めます。蠕動運動とは、みみずが移動するときのような動きのことです。これによって、食物や便などが消化器官の奥へと送り込まれていきます。

ただ、運動不足や筋力の低下などによって蠕動運動がうまく行われなくなると、便が腸内を移動しにくくなります。このようにして便が大腸にとどまると、水分が吸収されて便が固くなります。そして、固くなった便が詰まって便秘が起こります。これを「弛緩性便秘」といいます。

すでに述べたように、弛緩性便秘は運動不足などによって起こります。ただ、摂取する食物繊維の量が少ないことによっても起こりやすくなります。

というのも、前述のように、蠕動運動は胃や腸などに食物が入る刺激によって起こります。そのため、このような刺激が少ないと、蠕動運動が起こりにくくなります。

食物繊維の1つである不溶性食物繊維は、胃や小腸などで消化されないため、このままの形で大腸へと送り込まれます。そのため、不溶性食物繊維を多く摂ると、大腸が刺激されて蠕動運動が起こりやすくなります。

また、前述のように、水溶性食物繊維には便を柔らかくする作用があります。そのため、これを多く摂取すると、弛緩性便秘によって固くなった便が柔らかくなりやすいです。

このように、弛緩性便秘は、水溶性や不溶性などのさまざまな食物繊維を多く摂ることによって予防・改善しやすくなります。

けいれん性便秘

前述のように、便は腸が蠕動運動することによって外へと排出されます。このような動きは、「自律神経」が制御しています。

自律神経とは、自分の意思とは無関係に体の機能をコントロールする神経のことをいいます。人体では、この神経が正常に働くことによって、意識しなくても心臓や呼吸などが行われています。

このような自律神経は、ストレスによって乱れやすいという特徴があります。というのも、自律神経系は、脳内の「視床下部」によって制御されています。また、このような視床下部は、ストレスに応じて身体を調節する機能も担っています。そのため、強いストレスが生じると、この影響を受けた視床下部が自律神経の調節をうまく行えなくなります。

このようにして自律神経が乱れると、腸が過敏になって過剰に収縮し、便が詰まることがあります。このような症状を「けいれん性便秘」といいます。そして、けいれん性便秘が起こると、便秘と下痢を繰り返しやすくなります。

前述のように、けいれん性便秘はストレスによって起こりやすいです。そのため、これを解消するためには、ストレスを溜め込まないことが大切です。

ただ、自律神経が乱れるほどのストレスを感じているような状況では、ストレス原因をすぐに取り除くことはかなり困難です。そのため、けいれん性便秘がすでに起こっている場合は、水溶性食物繊維を多く摂って便を柔らかくすることが大切です。そうすることによって、収縮して細くなった腸内を便が通過しやすくなり、便秘が解消されることが期待できます。

青汁の便秘解消効果

前述のように、便秘は日本人の多くが経験したことのある症状です。また、便秘の症状を訴える人は年々増加傾向にあり、日本人の約26人に1人が便秘であるといわれています。

このような便秘を起こす原因の1つが、野菜の摂取不足です。そして、日本人の野菜摂取量は諸外国と比べてもかなり少ないです。例えば、アメリカ人における1日の平均野菜摂取量は約337gです。また、イタリアは430g、韓国は599g程度となっています。

コレに対して、2010年に調査されたデータでは、20歳以上の日本人における1日の平均野菜摂取量は約282gです。このように、日本人の野菜摂取量は、他の先進国に比べてかなり低い水準です。

また、国は、「健康を維持するためには毎日350g以上の野菜を食べる必要がある」としています。前述のように、日本人の多くがこの目標量を達成できていません。そのため、日本人は野菜の摂取不足による悪影響が起こりやすい状態となっています。

ただ、現代の日本人は、このような目標を達成することは難しいです。というのも、忙しいと自炊することができず、食事を外食や惣菜などで済ませることが多くなります。ただ通常、外食や惣菜などには、野菜はあまり含まれていません。

というのも、これらの料理は、美味しくないと売上にならないため「美味しい」と感じる食材を多用します。そして、人間はエネルギー源となる糖質や脂質などが含まれている食物を美味しく感じやすいです。

そのため、ほとんどの外食や惣菜などは、糖質や脂質などがメインに構成されています。一方で、エネルギー源とならない野菜は「美味しい」と感じられにくいため、あまり含まれていません。

また、一人暮らしだったり家族の数が少なかったりすると、料理のために野菜を購入しても腐らせてしまいやすくなります。すると、日持ちのするものが中心の献立になりやすくなり、野菜の摂取量が不足しやすくなります。

このような中、野菜を絞って作られている青汁は、このような野菜不足の解消に適した飲料です。というのも、市販の青汁は、水に溶かしたり解凍したりすることによってすぐに飲めるため、忙しい人でも食事にとりいれやすいです。

そして、野菜で作られている青汁は、便秘の予防や改善に役立つ成分が豊富に含んでいます。そのため、青汁を継続して摂取すると、便秘が起こりづらくなったり解消しやすくなったりします。

青汁に含まれる便秘に有効な成分:食物繊維

前述のように、食物繊維はさまざまなタイプの便秘解消に役立ちます。また、このような食物繊維は、野菜や海藻などに多く含まれています。そのため、青汁はこのような野菜を原料としているため、多くの食物繊維が含んでいます。

また、青汁は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方を含有しています。そのため、青汁を摂取することによって、前述の直腸性便秘や弛緩性便秘などの改善が期待できます。

青汁に含まれる便秘に有効な成分:ビタミンEや亜鉛など

前述のように、けいれん性便秘の原因となる自律神経の乱れは、ストレスによって生じます。また、このような乱れは、栄養素の不足によっても起こります。

というのも、自律神経系が正常に働くためには、ビタミンEや亜鉛などの栄養素が必要不可欠です。そのため、これらが不足すると、自律神経が乱れてけいれん性便秘が起こりやすくなります。

青汁には、このようなビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。そのため、青汁には栄養不足によって自律神経が乱れることを防ぐ効果が期待できます。

ただ、前述のように、青汁には不溶性食物繊維が豊富に含まれており、腸を刺激する作用があります。そして、けいれん性便秘とは、腸が過敏になった状態です。そのため、けいれん性便秘がすでに起こっている状態では、不溶性食物繊維を大量に摂取すると症状が悪化する可能性があります。

このようなことから、けいれん性便秘を発症している人は、青汁の摂取を控えるのが賢明です。そして、けいれん性便秘が解消したら、青汁を常飲することをおすすめします。そうすることで、栄養不足による自律神経の乱れが起きにくくなり、便秘が起こることを防ぐ効果が期待できます。

青汁によって根本的な解決を目指す

これまでに述べたように、青汁には便秘を予防したり解消したりする成分を豊富に含んでいます。そして、このような青汁による健康効果は、身体本来の働きを高めることで得られるものであるため、薬のような副作用はありません。

そのため、便秘に悩まされている人は、まずは青汁を飲むことをおすすめします。そうすることによって、薬を使わなくても便秘の問題を解消しやすくなります。そして、このようにして便秘を改善すると、これによって起こっていた肌トラブルや肥満などのさまざまな問題が解決できるかもしれません。