近年では、アルコールにおける負の面が周知されてきています。そのため、多くの人が、健康のためにお酒をやめたり飲酒量を減らしたりしています。

また、未成年の飲酒や飲酒運転なども、厳しく取り締まられるようになっています。このようなこともあって、習慣的に飲酒する人の総数は年々減少している傾向にあります。

一方で、飲酒習慣がやめられない人も少なくありません。これは、アルコールに依存性があることが原因の1つです。

また、飲酒すると、社会的なメリットを得られるケースもあります。そのため、飲酒習慣がある人の中には、「付き合いで毎日お酒を飲んでいる」ということがあります。

ただ、お酒の飲み過ぎは、体に害を与えます。実際に、WHO(世界保健機関)は、「アルコールの摂取は、60種類以上の病気における原因になる可能性がある」と指摘しています。

とはいえ、このようなアルコールの危険性は、ほとんどの人が知っている事柄です。そのため、飲酒が習慣化している人の多くは、「健康に悪いことを知りつつもお酒を飲んでいる」ということになります。

このような中、青汁には、お酒を飲むことによるリスクを和らげる栄養素や成分などが含まれています。そのため、青汁を習慣的に飲むようにすると、飲酒することによるデメリットが和らぎ、お酒と上手く付き合うことができるようになります。

そこで、ここではアルコールを摂取することによるデメリットについて解説し、青汁が飲酒習慣のある人におすすめな理由について述べていきます。

なぜお酒はやめられないのか?

現代の日本では、お酒の消費量が減少傾向にあります。実際に、国による統計調査では、1992年における成人1人あたりの酒類年間消費量は101.8Lとなっています。これが、2015年には81.6Lまで減少しています。

とはいえ、このように「お酒の消費量」は減少傾向にあるものの、お酒を飲む習慣をもつ人は少なくありません。実際に、成人男性の約47%、成人女性の約15%が習慣的に飲酒しているというデータがあります。

また、このようなデータでは、「週3回以上お酒を飲む人」を「飲酒の習慣がある」とみなしています。そのため、週1回などの「頻度の低い飲酒習慣をもつ人」は、前述のデータにおける習慣的飲酒者には含まれていません。

このようなことから、「お酒を飲む機会がある人」はかなり多いことが推察されます。

このような中、前述したように「飲酒にはさまざまなリスクを伴う」ということは、ほとんどの人が知っています。

また、当然のことながら、お酒の主成分である「アルコール」は、人体にとって必要不可欠な成分ではありません。そのため、人間はお酒を飲まなくても生きていくことができます。

では、なぜこれだけ多くの人がお酒を飲んでいるのでしょうか。

これは、お酒を飲むと、以下のようなメリットが得られるためです。

お酒を飲むとストレスが解消されやすくなる

お酒とは、アルコールの一種である「エタノール」を含む飲み物のことをいいます。また、日本では、アルコールが1%以上含まれる飲料を「酒類」と定義しています。

このようなアルコールには、脳を麻痺させる働きがあります。また、このような「脳の麻痺」によって身体的症状が生じることは、「酔う」と表現されています。

このとき、アルコールの「脳を麻痺させる作用」は、脳内の「理性を司る部分」から効いていきます。

脳内のこのような部位は、感情を抑制する働きを担っています。そのため、お酒を飲んで酔い始めると、理性が働きにくくなり、感情豊かになります。

また、アルコールには、「快楽を生じさせる神経伝達物質」を分泌させる働きもあります。そのため、アルコールを摂取すると、楽しくなったり気持ちよくなったりしやすくなります。

このようにして楽しい気分になると、ストレスやフラストレーションなどが解消されやすくなります。さらに、後述のように、お酒を飲むと「素の自分」でコミュニケーションを取るようになります。

このようにして人と腹を割って会話することができると、よりストレスが解消されやすくなります。そのため、飲み会などの「人とお酒を楽しむこと」には、高いストレス解消効果があるといえます。

このような中、現代の日本は「ストレス社会」といわれています。そのため、現在の日本では、アルコールが「手軽なストレス解消手段」となっています。

多くの人が認識しているように、ストレスはさまざまな病気の原因となります。そして、このような病気の中には、社会的な立場を失うきっかけとなるものもあります。

このようなことから、適正な飲酒は、ストレスを解消させて健康を維持するのに役立つことがあるといえます。そのため、お酒は、多くの人にとって、「ストレス解消に欠かせないもの」となっているのが現状です。

社会的な付き合いのためにお酒が必要となるケースがある

前項で述べたように、アルコールには理性を抑える働きがあります。そのため、アルコールを摂取すると、抑圧された感情が開放されて陽気になったり饒舌になったりしやすくなります。

特に、日本には、普段から感情を抑制しがちな人が多いといわれています。そのため、日本人の中には、「お酒が入らないと言いたいことが言えない」という人が多いです。

一般的には、このようにして「腹を割って話す機会」があると、人間関係が良好になりやすくなります。そのため、飲み会や宴会などは、社会人にとって「重要なコミュニケーションの機会」とされていることが多いです。

また、世代によっては、お酒が「商談を有利に進めるためのツール」として利用されることも少なくありません。実際に、一昔前は、商談相手を「接待」することが当たり前であり、飲酒は「社会人の嗜み」とされていました。

そして、現在の日本でも、このような風習は完全に廃れていません。そのため、現代の日本では、「社会で生きていくためにお酒を飲む必要がある」といえます。

このようなことから、「飲酒することには社会的なメリットが伴うことがある」ということがわかります。そのため、このような理由でお酒を飲んでいる人は、飲酒する習慣を「やめたくてもやめることができない状況」にあるといえます。

飲酒に伴うリスク

すでに述べたように、お酒を飲むことにはいくつかのメリットがあります。そのため、成人における多くの人が、定期的にお酒を飲んでいます。

ただ、多くの人が認識しているように、過剰な飲酒は体に深刻な影響を与えます。また、個人の「適正な飲酒量」は、体調によって変化します。そのため、適量の飲酒を心がけている人であっても、体調次第では「飲み過ぎ」となっていることがあります。

さらに、適正な飲酒量を守ったとしても、発症リスクが高くなる病気があります。そのため、飲酒による害は、お酒を飲むすべての人に起こる可能性があるといえます。

具体的には、アルコールの摂取には、以下のようなリスクを伴います。

アルコール依存症

前述のように、アルコールには楽しい気分を起こさせる働きがあります。ただ、多くの人が経験しているように、飲酒経験を積んでいくと、お酒を飲んでも酔いづらくなっていきます。

正確にいうと、飲酒経験を積むと、アルコールの作用が現れづらくなっていきます。これは、脳がアルコールの作用に慣れていくためです。

このようにして脳にアルコールに対する耐性がついてくると、酔うために必要なアルコールの量が多くなります。そのため、飲酒経験が多くなってくると、一回の飲酒量や飲酒する回数などが増えていきやすくなります。

このようにしてお酒を飲む量が増えると、「お酒に強くなった」といわれることがあります。そのため、飲めるアルコールの量が増えることは、前向きに捉えられることが少なくありません。

ただ、このようにして脳がアルコールの作用を受ける機会が増えると、「アルコールがなしでは楽しい気分になれない」体質となります。このような状態を「アルコール依存症」といいます。

アルコール依存症が発症すると、お酒を飲まないと強い不安感が生じるようになります。すると、精神を安定させるために、時間や状況などを顧みずにお酒を飲むようになります。そのため、アルコール依存症を発症すると、社会的な損失が大きくなりやすくなります。

また、脳にはアルコールに対する耐性がつく一方で、体にはほとんど耐性がつきません。そのため、「お酒に強くなった」と思ってたくさんお酒を飲むようになると、アルコールを処理する内臓に強い負担がかかって後述のような不調・病気が生じやすくなります。

日本人にはお酒に弱い人が多い

お酒などから摂取したアルコールは、肝臓で無毒化されて体外へ排出されます。このとき、アルコールを分解するためには、いくつかの酵素が働く必要があります。

ただ、日本人には、このような酵素の働きが弱い人が多いです。そのため、日本人の多くは「お酒に弱い体質である」といわれています。

このような「お酒に弱い体質」では、飲酒によって体内の「アセトアルデヒド」が大きく増加しやすいです。アセトアルデヒドとは、アルコールを無毒化する途中に生じる物質であり、二日酔いの原因物質です。

そのため、このようにして体内のアセトアルデヒドが増えると、二日酔いにおける代表的な症状である頭痛や吐き気、嘔吐などが起こりやすくなります。このようなことから、日本人は、アルコールによってこのような症状が起こるリスクが高いということがわかります。

飲酒後に頭痛や下痢などが起こることがある

前述のように、体内のアセトアルデヒドが増えると、頭痛や吐き気などの症状が起こりやすくなります。さらに、アルコールを摂り過ぎると、体内のナトリウムが相対的に減少しやすくなります。

また、アルコールには、尿の量を増やして体内の水分を減らす作用もあります。そのため、アルコールを摂り過ぎると、脱水症状が起こりやすくなります。

このようにして体内のナトリウムや水分が足りなくなると、頭痛や吐き気などの「二日酔い症状」が起こりやすくなります。そのため、お酒に強い体質の人であっても、アルコールを摂り過ぎると二日酔いが起こることになります。

また、アルコールには、タンパク質を変性させる作用があります。そして、摂取したアルコールの通り道となる胃腸は、タンパク質で作られています。そのため、アルコールを摂取すると、胃腸のタンパク質が変性してダメージを受けやすくなります。

このようにして胃腸が損傷すると、消化吸収能力が低下します。すると、消化不良が生じて下痢が起こりやすくなります。

さらに、胃腸にとって、アルコールは「自身を傷つける異物」です。そのため、アルコールが消化器官に入ると、これを排出するために胃腸の動きが活発になりやすくなります。

このようにして胃腸の動きが活発になると、胃腸の内容物が素早く体外へ排出されるようになります。そのため、アルコールを摂取すると、下痢になりやすくなります。

このように、アルコールの摂取は、頭痛や下痢などの原因となります。そして、これらは、お酒に強い人であっても起こりうる症状です。そのため、体質にかかわらず、「お酒の飲み過ぎは体にダメージを与える」ということを認識する必要があります。

病気の発症リスクが高くなる

冒頭で述べたように、アルコールの摂取はさまざまな病気の原因となります。

例えば、摂取したアルコールは、肝臓によって分解されます。ただ、肝臓はアルコールの分解以外にも多くの働きを担っています。

そのため、お酒を飲むことによって「アルコールの分解」という仕事が増えると、肝臓に強い負担がかかって肝炎や肝硬変などが起こりやすくなります。

また、消化器官がアルコールによってダメージを受けると、胃炎や胃潰瘍、腸炎などが発症しやすくなります。さらに、アルコールが食道や胃などの細胞を変性させることによって、食道がんや胃がんなどの発症リスクも高くなります。

一方で、少量におけるアルコールの摂取は、血液をサラサラにして血行を良くすることがわかっています。そのため、飲酒量が適正であれば、心筋梗塞や脳梗塞などの発症率が少しだけ下がるといわれています。

とはいえ、これら疾患も、アルコールを摂り過ぎると発症リスクが高くなります。そして、前述のように、適正な飲酒量は体調によって変化しやすいです。

そのため、自分で「適正である」と認識している量を飲んでも、体調によっては飲み過ぎとなることがあります。このようなことから、飲酒によって病気の発症リスクを下げようとすることは、現実的ではないといえます。

また、心筋梗塞などの発症率が下がっても、前述したような肝臓や消化器官などにおける病気の発症リスクは高くなります。このようなことから、アルコールを摂取すると、病気の発症リスクが高くなりやすいことがわかります。

太りやすくなる

アルコールを摂取すると、体が熱くなってきます。これは、摂取したアルコールが体内で即座にエネルギーへと変換されるためです。そのため、アルコールを摂り過ぎても太ることはありません。

ただ、これは「お酒を飲んでも太らない」ということではありません。というのも、一般的なお酒には、アルコール以外の成分が多く含まれているためです。

例えば、ビールやカクテルなどには、多くの糖質が含まれています。糖質とは、人体における重要なエネルギー源となる栄養素であり、米や麦、砂糖などに多く含まれています。

多くの人が認識しているように、これら食品を摂り過ぎると太ります。これと同様に、ビールやカクテルなどの糖質を含むお酒の飲み過ぎは、肥満の原因となります。

また、一般的に、お酒を飲む際には「つまみ」を食べます。このようにしてつまみを食べながら飲むと、悪酔いしにくくなったり内臓への負担が軽くなったりします。そのため、つまみを食べながらの飲酒は、お酒だけを飲むよりも体への負担が少ない飲み方といえます。

ただ、このようなつまみには、カロリーが高いものが多いです。例えば、フライドポテトや唐揚げなどの揚げ物は、居酒屋の外れのないメニューです。

これら食品は、どれも大量の脂質を含んでいます。そして、当然のことながら、脂質の摂り過ぎは肥満に直結します。

さらに、このようにして糖質や脂質などを摂り過ぎると、エネルギーを作るために必要な栄養素が不足しやすくなります。というのも、食品から摂取したエネルギー源は、ビタミンB群の助けを借りることによって燃やされます。

このとき、ビタミンB群が足りないと、摂取したエネルギー源が利用されずに蓄えられることになります。そのため、つまみを食べすぎると、「エネルギーの摂り過ぎ」と「ビタミンB群の不足」の両方が起こることになるため、肥満になりやすくなります。

このように、アルコールそのものにはカロリーがないものの、飲酒によって太るリスクを高めることになります。そのため、ダイエットをしたいのであれば、極力飲酒しないようにするのが賢明であるといえます。

栄養不足による不調が起こりやすくなる

前述のように、お酒を飲んで摂取したアルコールは肝臓で無害化されます。このとき、アルコールを分解するためには、アミノ酸などの栄養素を必要とします。

また、アルコールによって内臓がダメージを受けると、これを修復するためにも材料となる栄養素が必要となります。そのため、アルコールを摂取すると、さまざまな種類における栄養素の必要量が多くなります。

さらに、アルコールの作用によって尿の量が増えると、カルシウムや亜鉛などのミネラルが尿と一緒に排出されやすくなります。そして、アルコールは、ビタミンAやビタミンB群などの吸収を阻害することもわかっています。

このようなことから、アルコールを摂取すると、体内で必要とする栄養が足りなくなりやすいことがわかります。

ただ、このような栄養素は、体が正常に働くために必要不可欠です。そのため、アルコールの摂取によって体が栄養不足となると、さまざまな不調が起こりやすくなります。

例えば、体内のカルシウム量が少なくなると、骨がもろくなりやすくなります。また、亜鉛が不足すると、細胞の生まれ変わりが起こりにくくなり、免疫力が低下したり味覚障害が起こったりしやすくなります。

さらに、ビタミンAが不足すると、目が乾きやすくなったり暗いところでの視力が低下したり、免疫力が下がったりしやすくなります。そして、ビタミンB群が不足すると、エネルギー代謝が落ちやすくなるというのは前述したとおりです。

他にも、ビタミンやミネラルなどの栄養素は、互いに影響し合いながらさまざまな働きを担っています、そのため、これら栄養素の不足は、数え切れないほど多くの不調における原因となります。

そして、飲酒は、上で挙げたもの以外にも、さまざまな種類の栄養不足を引き起こします。このようなことから、飲酒は「原因不明とされる不調」の原因である可能性があるということがわかります。

飲酒には社会的なリスクもある

すでに述べたように、アルコールには理性を麻痺させる作用があります。そのため、お酒を飲み始めると「冷静な判断」ができなくなっていきます。

このような状態になると、自制心が働きにくくなることによって飲酒量が過剰になりやすくなります。そのため、多くの人は、飲酒の際に「適正量以上のアルコール」を摂取しがちです。

前述のように、アルコールを摂り過ぎると、飲酒の翌日に頭痛などの二日酔い症状が現れやすくなります。また、栄養不足によって疲労感も生じやすくなるため、パフォーマンスが大きく低下しやすくなります。

このようにしてパフォーマンスが低下すると、仕事や勉強などの能率が下がります。すると、思うような成果が出にくくなるため、社会的な損失が生じやすくなります。

また、お酒を飲んで理性がなくなっていると、「していいこと」と「しては駄目なこと」の区別がつきにくくなります。また、普段「してはいけない」と認識していることであっても、「少しくらいなら良いだろう」などの甘い考えとなることがあります。

すると、飲酒運転や暴行などの犯罪行為に対する意識が低くなり、軽い気持ちで犯罪を起こしてしまいやすくなります。当然のことながら、犯罪行為には社会的な罰が与えられます。

さらに、このような犯罪は、本人だけではなく、無関係な人の人生にも悪影響を与えることがあります。

また、自制心がなくなると、このような犯罪行為にまで至らなくても、本来であれば言わないような「人を傷つける言葉」も発しやすくなります。このようなことから、飲酒には、「他の人を傷つけるリスクを伴う」ということをしっかり認識する必要があるといえます。

お酒を我慢できない人に青汁がおすすめな理由

すでに述べたように、飲酒することにはさまざまなリスクを伴います。とはいえ、お酒を飲むことには、精神的なメリットや社会的なメリットもあります。

そのため、飲酒のリスクを避けるために、「お酒を全く飲まない」という選択ができる人はほとんどいません。また、無理をしてお酒を飲まないようにすると、ストレスが溜まったり良好な関係性が崩れたりしやすくなります。

このようなことから、飲酒によるリスクを減らすためには、「お酒を飲まない」のではなく、「お酒の飲み方に注意する」ということが大切であるといえます。

このような中、青汁は以下のような栄養素や成分などが豊富に含まれています。そのため、飲酒の際に青汁を飲むようにすると、お酒と上手く付き合えるようになります。

飲酒によって失われやすい栄養が豊富に含まれている

すでに述べたように、お酒に含まれているアルコールを摂取すると、体内におけるさまざまな栄養素が不足しやすくなります。そのため、お酒を飲む際には、このような栄養素を積極的に摂る必要があります。

このような中、青汁は栄養価の高い野菜を原料とした健康飲料です。そのため、青汁には、野菜がもつ栄養がたっぷり含まれています。

例えば、青汁にはビタミンB群やビタミンCなどのビタミンが豊富に含まれています。

前述のように、ビタミンB群はエネルギー源を代謝するために必要不可欠な栄養素です。さらに、ビタミンB群の中には、アルコールの代謝に関与するものもあります。そのため、青汁をお酒のお供にすると、お酒が次の日まで残りにくくなることが期待できます。

また、ビタミンCには、アセトアルデヒドの分解を促進する作用があります。そのため、飲酒の際に青汁でビタミンCを補給すると、悪酔いや二日酔いなどを防ぎやすくなることによって、翌日のパフォーマンス低下が起こりにくくなるといえます。

また、青汁には、カルシウムや亜鉛、カリウムなどのミネラルも豊富です。そのため、お酒を飲む際に青汁を飲むようにすると、飲酒による栄養素の不足を防ぎ、さまざまな不調が起こりにくくなるといえます。

アルコールの吸収スピードを抑制する成分が含まれている

前述のように、お酒を飲むと、お酒に含まれるアルコールの作用によってさまざまな症状が現れやすくなります。そのため、お酒を飲むリスクを軽減するためには、アルコールの摂取量を減らすことが大切であるといえます。

このような中、青汁に含まれている食物繊維には、アルコールの吸収スピードを緩やかにする作用があります。

というのも、食物繊維は、人体で消化吸収できない成分です。そのため、摂取した食物繊維の多くは、消化器官をそのまま通過し、便となって体外へと排出されます。

このとき、アルコールと一緒に食物繊維を摂るようにすると、消化器官内でアルコールが食物繊維と混ざった状態になります。すると、食物繊維が邪魔することによって、アルコールが消化器官と触れにくくなります。

このような状態になると、消化器官がアルコールの作用を受けにくくなります。そのため、飲酒の際に食物繊維を多く摂ると、アルコールの摂取による消化器官における病気の発症リスクが下がりやすくなるといえます。

また、食物繊維の働きによって消化器官と触れることができるアルコールが少なくなると、その分だけアルコールが吸収されづらくなります。そのため、食物繊維とアルコールを一緒に摂ると、酔いにくくなったり酔うスピードが遅くなったりします。

さらに、食物繊維は、消化器官の中に長く滞留することになります。そのため、食物繊維の多い食品を摂ると、満腹感が生じやすくなります。

このようにして満腹感が生じると、「お酒を飲みたい」という欲求が抑えられやすくなります。そのため、飲酒の際に食物繊維を多く摂ると、飲酒の量が少なくなりやすくなります。

そして、このような食物繊維の作用は、肥満防止にも効果があります。そのため、食物繊維を摂ると、飲酒によるリスクが減るだけではなく、飲酒による肥満も起こりにくくなるといえます。

アルコールのリスクを軽減するお酒の飲み方

これまでに述べたように、青汁には飲酒によるリスクを軽減する栄養素や成分などが豊富に含まれています。そのため、飲酒の際に青汁を飲むようにすると、悪酔いしにくくなったり飲酒による不調が起こりにくくなったりします。

このとき、可能であれば、お酒の席に青汁を取り入れることをおすすめします。そうすることによって、青汁のもつ「アルコールのリスクを和らげる効果」を十分に活かすことができます。

とはいえ、飲み会や接待などでは、青汁をお酒と一緒に飲むことは難しいといえます。このような場合は、飲酒の前後に青汁を飲むようにしましょう。

というのも、食事前などの「胃が空っぽ」の状態では、アルコールの吸収スピードがかなり早くなります。

このようにしてアルコールが速やかに吸収されると、体がアルコールの作用を強く受けることになります。そのため、食事前にお酒を飲むと、酔いやすくなったり、二日酔いや悪酔いなどが起こりやすくなったりします。

このとき、飲酒の前に青汁を飲むと、食物繊維の作用によってアルコールの吸収スピードが緩やかになります。そのため、青汁を飲んでから飲み会などに参加するようにすると、酔いにくくなったり悪酔いしにくくなったりします。

また、前述のように、アルコールには体に脱水症状を引き起こす作用があります。そのため、飲酒後には水分をしっかり補給する必要があります。

このとき、飲酒後に青汁を飲むようにすると、水分だけではなく、アルコールによって失われた栄養素も摂ることができます。すると、飲酒による不調が起こりにくくなったり二日酔いが起こりにくくなったりします。

そして、お酒を飲む際は、赤身のお肉や魚、豆類などのタンパク質が豊富な食品を食べるようにしましょう。そうすることによって、飲酒によって不足する栄養素をしっかり補うことができるようになります。

このように、青汁にはアルコールの摂取によるリスクを和らげる栄養素や成分などがたっぷり含まれています。

当然のことながら、これらの成分は、お酒の有害性を相殺するものではありません。そのため、青汁を飲んでいても、飲酒量が多くなりすぎればさまざまな不調や病気などが起こりやすくなります。

とはいえ、青汁は「お酒を我慢できない人」の味方となる健康飲料であることには間違いありません。そのため、お酒を飲む機会が多い人は、青汁を生活に取り入れてみることをおすすめします。

そうすることによって、お酒と上手く付き合うことができ、健康的で有意義な日々を過ごすことができるようになります。